TOP建設中・計画中TOP東京都千代田区


内幸町1丁目街区(内幸町1丁目北特定街区)北地区/帝国ホテル建替


帝国ホテルと三井不動産は、東京都千代田区の「内幸町一丁目街区 北地区」にある「帝国ホテル東京 本館」と「帝国ホテルタワー」を総延べ面積約47万㎡の下記施設に建て替えます。

Ⅰ期(ノースタワー)…地上46階、地下4階、高さ約230m、ホテル、オフィス、商業
Ⅱ期(新本館)…………地上29階、地下4階、高さ約145m、ホテル

Ⅰ期で「帝国ホテルタワー」を2024年度~2030年度の工期でノースタワー(新タワー館)に建て替え、Ⅱ期で「帝国ホテル東京 本館」を2031年度~2036年度の工期で新本館に建て替える予定です。



完成イメージ

内幸町一丁目街区

[2021年10月27日付ニュースリリース(PDF)より引用]

田根剛氏による「帝国ホテル東京 新本館」イメージパースです。変更の可能性があります。

帝国ホテルは2021年10月27日、「帝国ホテル東京 新本館」建設に向け、フランス在住の建築家 田根剛氏(ATTA- Atelier TsuyoshiTane Architects)のデザイン案を採用することを発表しました。




内幸町一丁目街区

[第19回東京都都市再生分科会配布資料より引用]

北西側から見ています。 2036年度にはサウスタワー、セントラルタワー、ノースタワー(新タワー館)、帝国ホテル東京 新本館という4棟の超高層ビルが並ぶことになります。



位置図

内幸町一丁目街区

[NTT都市開発2021年3月25日付ニュースリリース(PDF)より引用]

内幸町一丁目街区の関係権利者10社は2021年3月25日、まちづくりの方針に合意し各種関係機関との協議を進めていくことを発表していました。 街区を3地区に分けて工事を進め、2028年度から順次完成する予定で、2037年度以降の全体完成を目指しています。

南地区・サウスタワー…… 地上43階、高さ230m、オフィス・ホテル・商業、2028年度完成 中地区・セントラルタワー 地上46階、高さ230m、オフィス・ホテル・商業、2029年度完成
北地区・ノースタワー…… 地上46階、高さ230m、オフィス・ホテル・商業、2030年度完成
北地区・帝国ホテル新本館 地上29階、高さ145m、ホテル、2036年度完成



北地区 概要

名 称内幸町1丁目街区(内幸町1丁目北特定街区)北地区
所在地東京都千代田区内幸町1丁目1-1ほか
最寄駅都営三田線「内幸町」駅、東京メトロ千代田線・日比谷線「日比谷」駅
建築主株式会社帝国ホテル、三井不動産株式会社
設 計
施 工
区域面積約2.4ha
延床面積約420,000㎡
構 造地下:鉄筋コンクリート造、地上:鉄骨造
棟 名Ⅰ期(ノースタワー/新タワー館)Ⅱ期(新本館)
用 途オフィス、商業、サービスアパートメント、住宅等ホテル、宴会場等
階 数地上46階、地下4階地上29階、地下4階
延床面積約270,000㎡約150,000㎡
高 さ約230m約145m
着 工2024年度予定2031年度予定
竣 工2030年度予定2036年度予定
供用開始2037年度予定(最終供用分)

最終更新日:2021年10月28日



地図

帝国ホテルは、1890年(明治23年)、日本の近代化を推進する明治政府の国策により、海外貴賓を遇する迎賓館として、初代会長である渋沢栄一の「社会の要請に応え、貢献する」という信念とともに開業しています。



写真

内幸町1丁目街区(内幸町1丁目北特定街区)北地区

オフィス、ホテル、商業で構成する「帝国ホテルタワー」(地上31階、高さ129.1m)です。1983年に竣工しました。




内幸町1丁目街区(内幸町1丁目北特定街区)北地区

この跡地に帝国ホテルと三井不動産が共同でオフィス、商業、サービスアパートメントなどからなる「ノースタワー/新タワー館」(地上46階、高さ約230m)を建てます。工事期間は2024年度~2030年度を予定しています。




内幸町1丁目街区(内幸町1丁目北特定街区)北地区

1970年に竣工した「帝国ホテル東京 本館」(地上17階、高さ61m)です。




内幸町1丁目街区(内幸町1丁目北特定街区)北地区

「ノースタワー/新タワー館」完成後に解体し、帝国ホテル単独で「新本館」(地上29階、高さ約145m)を建てます。




内幸町1丁目街区(内幸町1丁目北特定街区)北地区

工事期間は2031年度~2036年度を予定しています。




内幸町1丁目街区(内幸町1丁目北特定街区)北地区

日比谷公園から。中央左が「帝国ホテル東京 本館」です。





ページの先頭へ戻る