TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


シナガワグース跡地開発


京浜急行電鉄とトヨタ自動車は共同で品川駅前に所在するシナガワグース敷地に、オフィスやMICE(国際的なイベント)、商業、ホテルなどからなる延べ約20万㎡を超える複合施設を新設します。 シナガワグースは2020年度末頃に営業を終了する予定で、その後既存建物の解体に着手し、2024年以降の新ビルの完成を目指しています。



完成イメージ

シナガワグース跡地開発

[京浜急行電鉄2020年4月6日付ニュースリリース(PDF)より引用]



概要

名 称
所在地東京都港区高輪3-13-3
最寄駅京浜急行・JR「品川」駅
建築主京浜急行電鉄株式会社、トヨタ自動車株式会社
設 計
施 工
用 途オフィス、MICE、商業、ホテル 等
敷地面積約25,000㎡
建築面積
延床面積約200,000㎡超
構 造
基礎工法
階 数
高 さ
着 工2021年度頃
竣 工2024年以降
備 考 ◆京浜急行電鉄2020年4月6日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2020年4月17日




地図

建設地は品川駅高輪口より徒歩約3分です。



2015年1月撮影

シナガワ グース

建設地にかつてあった「ホテルパシフィック東京」は、1971年7月27日に開業し、2010年9月30日をもって営業を終了しています。 その後改修し、2011年4月29日に「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」の名称で再開業しました。 ホテル「京急EXイン品川駅前」のほか、結婚式場やレストラン、ショップ、バンケット・イベントホールなどが別々のテナントとして営業しています。 ホテルは2018年10月1日に「京急EX(イーエックス)ホテル品川」にリブランドしました。 現在の客室は935室です。






ページの先頭へ戻る