TOP建設中・計画中INDEX東京都品川区


(仮称)小山三丁目第二地区第一種市街地再開発事業


東京都は2020年6月4日、(仮称)小山三丁目第二地区第一種市街地再開発事業の環境影響評価調査計画書の閲覧を開始しました。 計画によると、品川区の東急・武蔵小山駅近くに、地上41階、地下2階、高さ約145m、延べ面積約141,000㎡、総戸数約1,000戸のツインタワーマンションを新設します。 低層部には商業施設や公益施設も設けます。 2021年度中の都市計画決定、2024年度の解体工事着手、2030年度の供用開始を目指しています。



位置図

(仮称)小山三丁目第二地区第一種市街地再開発事業

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

武蔵小山駅前では再開発ビルの建設が目白押しです。 赤色部分が本事業地、青色の線は「武蔵小山商店街パルム」のアーケード街です。 本事業ではアーケード街を挟み2棟の超高層マンションを設け、低層部には商業施設や公益施設を配置します。 駐車場は地下のほか、建物内にタワーパーキングを組み込みます。

武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業(シティタワー武蔵小山)
地上41階、地下2階、高さ144.504m(最高144.504m)、506戸、2021年6月竣工予定

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業(パークシティ武蔵小山 ザ タワー)
地上41階、地下2階、高さ141.95m(最高144.95m)、624戸、2019年9月竣工

小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業(進行中)
地上39階、地下2階、高さ約145m、約950戸、2023年度工事着手、2028年度竣工予定

(仮称)小山三丁目第二地区第一種市街地再開発事業(進行中)
地上41階、地下2階、高さ約145m、約1,000戸、2024年度工事着手、2029年度竣工予定



概要

事業名(仮称)小山三丁目第二地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都品川区小山3丁目22番、23番
最寄駅東急目黒線「武蔵小山」駅
建築主小山三丁目第二地区市街地再開発準備組合
設 計
施 工
用 途共同住宅(約1,000戸)、商業施設、公益施設、駐車場など
敷地面積約13,000㎡(計画地面積:約1.6ha)
建築面積
延床面積約141,000㎡
構 造
基礎工法
階 数地上41階、地下2階
高 さ約145m
着 工2025年度予定(2024年度:解体工事着手)
竣 工2029年度予定
供用開始2030年度予定
備 考 ◆事業協力者……………大成建設
◆調査計画書作成………環境管理センター
◆東京都HPは→こちら

最終更新日:2020年6月9日



地図

計画通りなら、2029年度頃には武蔵小山駅前に高さ約145mのタワーマンションが5棟並ぶことになりますね。






ページの先頭へ戻る