TOP建設中・計画中INDEX東京都品川区


小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業


小山三丁目第1地区市街地再開発準備組合は、東京都品川区小山3丁目地内に地上39階、地下2階、高さ約145mの超高層マンションを計画しています。 低層部には店舗も設けます。 事業協力者は三菱地所レジデンス・日鉄興和不動産・大林組JV、コンサルタントは三菱地所設計とリエゾンコンサルティング。 2023年度の既存建物解体着手、2028年度の完成を目指しています。




小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業

2019年8月撮影。東急目黒線・武蔵小山駅前に、アーケードの武蔵小山商店街パルム入口があります。その南西側(写真右側)に当事業の高層棟が誕生します。



概要

事業名小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都品川区小山3丁目地内
最寄駅東急目黒線「武蔵小山」駅
建築主小山三丁目第1地区地区市街地再開発準備組合
設 計
施 工
用 途住宅(約950戸)、店舗、駐車場(約600台)など
敷地面積約11,000㎡(事業区域:約1.5ha)
建築面積
延床面積約118,000㎡
構 造
基礎工法
階 数地上39階、地下2階
高 さ約145m
着 工2024年度予定(既存建物解体:2023年度予定)
竣 工2028年度予定(供用開始:2028年度予定)
備 考 ◆事業協力者……………三菱地所レジデンス・日鉄興和不動産・大林組JV
◆コンサルタント………三菱地所設計、リエゾンコンサルティング
◆調査計画書作成………三菱地所設計

最終更新日:2020年1月30日



地図

武蔵小山駅前に3棟目の超高層マンションが誕生します。



2019年8月撮影

小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業

東急目黒線・武蔵小山駅。ホームは地下にあります。




小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業

その右手。 2020年4月入居開始予定の「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」がそびえています。 「武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業」で誕生しました。 規模は地上41階、地下2階、高さ141.95m、住宅624戸。

左奥のタワークレーンが見える場所では「シティタワー武蔵小山」も2021年8月の入居を目指し建設中です。 こちらは「武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業」で誕生します。 規模は地上41階、地下2階、高さ144.504m、住宅506戸。

当事業は、高さはほぼ同じですが、戸数では両事業を大きく上回る約950戸が想定されています。




小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業

その右手。武蔵小山商店街パルムの入口です。 この右側に当事業の高層棟(延べ約110,000㎡)が出現し、左側の奥に低層棟(延べ約8,000㎡)が誕生します。 低層棟は地上3階、地下2階、高さ約20mで計画されています。




小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業

パルムの中から武蔵小山駅方面を見ています。右が武蔵小山パルム駅前地区、左が当事業の高層棟建設地です。




ページの先頭へ戻る