TOP建設中・計画中TOP東京都港区


虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業


森ビルや日本郵便が参画する虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合は、東京都港区虎ノ門5丁目、麻布台1丁目及び六本木3丁目各地内に下記の超高層ビルを新設します。

A街区(メインタワー)… 地上64階、地下5階、高さ325.19m、延べ461,395㎡
B-1街区(西棟)……… 地上64階、地下5階、高さ262.83m、延べ185,228㎡
B-2街区(東棟)……… 地上54階、地下5階、高さ237.20m、延べ169,259㎡

このほかC街区に3~8階建ての建物4棟を建てます。 総延べ面積は約86万㎡。 設計は森ビル、施工はA街区とB-2街区が清水建設、B-1街区が三井住友建設、C街区が大林組。 2023年3月末に竣工する予定です。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

2021年6月9日撮影。南西側から見たメインタワー。




完成イメージ(南西側から)

都市再生特別地区(虎ノ門・麻布台地区)

[森ビル2019年8月22日付ニュースリリースより引用]

2019年8月5日に起工式を執り行い着工しました。 高さ325.19mの「メインタワー」は、高さ300mの「あべのハルカス」を抜き、日本一の超高層ビルになります。




完成イメージ(北東側から)

都市再生特別地区(虎ノ門・麻布台地区)

[森ビル2019年8月22日付ニュースリリースより引用]

「メインタワー」は、低層部にオフィスや商業施設、5~6階に「慶應義塾大学病院予防医療センター」、7~52階にオフィス(約204,000㎡)、54~64階に「アマンレジデンス東京」(全91戸)を配置。 併設する地上7階、地下1階のインターナショナルスクールは、生徒数約700人、国籍50か国以上を想定し、延べ約14,000㎡の校舎のほか、広さ約900㎡のグラウンド2か所を備えます。




平面図

都市再生特別地区(虎ノ門・麻布台地区)

[森ビル2019年8月22日付ニュースリリースより引用]

B-1街区の西棟(地上64階、高さ262.83m)は、3~5階にオフィス(約4,200㎡)、6~64階に約170戸のサービスアパートメントを含む約970戸の住宅を配置します。 住宅の共用施設として、ジム、シアター、キッズルーム、飲食ラウンジ、スタディルーム、パーティラウンジ、 ゲストルーム、BBQテラスなどを用意します。

B-2街区の東棟(地上54階、高さ237.20m)の1~13階には、日本初進出となるラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業します。 約120室の客室のほか、スパトリートメントやジムを備えた国内最大規模となる約3,500㎡のスパをはじめ、6つのレストラン、カフェやバーなどを完備します。 14~53階には約330戸の住宅を計画。 プール付きの住戸や、2層吹き抜けのリビングを持つ住戸も用意。 ホテルと連携したサービスも利用可能となります。




立体図

都市再生特別地区(虎ノ門・麻布台地区)

[森ビル2019年8月22日付ニュースリリースより引用]

C-1街区(地上3階)とC-3街区(地上3階)に店舗、C-2街区(地上8階)に住宅、事務所、店舗、C-4街区(地上3階)に寺院を整備します。

森ビルと慶應義塾は2021年3月30日、「慶應義塾大学病院予防医療センター」(東京都新宿区)の拡張移転および「ヒルズ未来予防医療・ウェルネス共同研究講座」の開講に関する基本協定を締結いたことを発表しました。 メインタワーの5~6階に入る同センターの施設面積は約3,600㎡を予定しています。 ニュースリリースは→こちら

森ビルは2021年2月18日、世界有数のスモールラグジュアリーリゾートとホテルを擁する「アマン」とのパートナーシップにより、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」と、アマンの姉妹ブランドとなる日本初進出のラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」を開業することを発表しました。 ニュースリリースは→こちら

国土交通省は2019年7月26日、民間都市再生事業計画(虎ノ 門・麻布台地区第一種市街地再開発事業)について認定しました。 プレスリリース(PDF)は→こちら




概要

名 称虎ノ門・麻布台プロジェクト
事業名虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
都市再生特別地区(虎ノ門・麻布台地区)
所在地東京都港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内
最寄駅東京メトロ日比谷線「神谷町」駅、東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅
建築主虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
参加組合員森ビル株式会社(事業協力者)、日本郵便株式会社
設 計森ビル株式会社 一級建築士事務所
区域面積約8.1ha(施行地区面積)
敷地面積約63,900㎡
延床面積約860,400㎡
用 途住宅、事務所、店舗、ホテル、インターナショナルスクール、中央広場、文化施設等
街区名A街区(メインタワー)B-1街区(西棟)B-2街区(東棟)
施 工清水建設株式会社三井住友建設株式会社清水建設株式会社
用 途住宅、事務所、店舗、各種学校、駐車場等住宅、事務所、店舗、保育所、駐車場等住宅、ホテル、店舗、集会場、駐車場等
敷地面積24,104.21㎡9,648.39㎡16,467.87㎡
建築面積15,247.18㎡6,377.03㎡8,260.71㎡
延床面積461,395.38㎡185,228.13㎡169,259.20㎡
構 造S一部SRC・RC造(制震構造)RC一部SRC・S造(制震構造)RC一部SRC・S造(制震構造)
基礎工法直接基礎、一部場所打ちコンクリート杭基礎直接基礎直接基礎
階 数地上64階、地下5階、塔屋2階地上64階、地下5階、塔屋2階地上54階、地下5階、塔屋2階
高 さ325.19m
(最高325.19m)
ニュースリリース約330m
262.83m
(最高262.83m)
高さ237.20m
(最高237.20m)
着 工2019年8月5日2019年10月1日2019年8月5日
竣 工2023年3月31日予定2023年3月31日予定2023年3月31日予定
備 考 1993年2月:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発準備組合設立
2017年9月:虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業に関する都市計画決定告示
2018年3月:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合設立
2019年2月:権利変換計画認可
2019年8月:着工(起工式:8月5日)
2023年3月:竣工(予定)

◆国土交通省2019年7月26日付プレスリリース(PDF)は→こちら
◆森ビル2019年8月5日付ニュースリリースは→こちら
◆森ビル2019年8月22日付ニュースリリースは→こちら
◆森ビル2021年2月18日付ニュースリリースは→こちら



C街区(低層棟)概要

建築主虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設 計森ビル株式会社 一級建築士事務所
施 工株式会社 大林組
街区名C-1街区C-2街区C-3街区C-4街区
用 途店舗、駐車場住宅、事務所、店舗、駐車場店舗、駐車場寺院、駐車場
敷地面積4,753.81㎡6,348.47㎡898.97㎡1,686.01㎡
建築面積2,810.12㎡3,274.77㎡510.20㎡586.18㎡
延床面積10,573.22㎡31,617.60㎡1,694.52㎡1,823.60㎡
構 造S一部SRC・RC造S一部SRC・RC造S一部SRC・RC造RC一部S造
基礎工法既製杭基礎直接基礎既製杭基礎既製杭基礎
階 数地上3階、地下2階地上8階、地下3階地上3階、地下1階地上3階、地下1階
高 さ15.73m
(最高15.73m)
41.39m
(最高41.39m)
22.75m
(最高22.75m)
13.73m
(最高13.73m)
着工予定2020年8月1日2020年8月1日2020年8月1日2020年8月1日
竣工予定2023年3月31日2023年3月31日2023年3月31日2023年3月31日

最終更新日:2021年6月11日




地図

矢印はメインタワーが建つA街区を示しています。 東京メトロ日比谷線「神谷町駅」や東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」とは地下通路で結ばれます。



2021年6月撮影

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

2021年6月9日撮影。神谷町駅付近にある歩道橋から見た建設地です。ここはC街区になります。C-1街区~C-4街区に3階建ての建物が3棟、8階建ての建物が1棟建ちます。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

その右手。C街区の様子。このあたりの地下で東京メトロ日比谷線「神谷町駅」と結ばれるものと思われます。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

左手。C街区の奥に、A街区のメインタワーが立ち上がり始めていました。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

拡大しました。手前のこんもりとした森は「西久保八幡神社」です。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

全体の配置図です。C街区には下記施設を設けます。

C-1街区(地上3階、地下2階)店舗、駐車場
C-2街区(地上8階、地下3階)住宅、事務所、店舗、駐車場
C-3街区(地上3階、地下1階)店舗、駐車場
C-4街区(地上3階、地下1階)寺院、駐車場




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

東側から見ています。右は霊友会釈迦殿です。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

17~18階くらいまで立ち上がっているようです。まだまだ成長途中です。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

南側から。 地上64階、高さ325.19mの「メインタワー」は、地上60階、高さ300mの「あべのハルカス」を抜き、日本一の超高層ビルになります。 2027年9月には東京駅北側に地上64階、高さ390mの「Torch Tower(トーチタワー)」が完成する予定ですが、4年半ほどは日本一の座を謳歌することになりそうです。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

南西側から。 2021年に入って森ビルから、5~6階に「慶應義塾大学病院予防医療センター」、54~64階に「アマンレジデンス東京」(91戸)が入ることが発表されています。 「アマンレジデンス東京」には居住者専用の「アマン・スパ」(1,400㎡)を併設します。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

B-1街区西側に移動しました。西棟(地上64階、高さ262.83m)はまだ立ち上がっていません。 西棟は3~5階がオフィス(約4,200㎡)、6~64階が約170戸のサービスアパートメントを含む約970戸の住宅になります。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

B-2街区北側に移動しました。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

北西側から見た「メインタワー」。 手前はB-2街区です。東棟(地上54階、高さ237.20m)もまだ立ち上がっていません。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

東棟(地上54階、高さ237.20m)は1~13階が「ジャヌ東京」(約120室)、14~53階が住宅(約330戸)になります。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

街区名は「麻布ヒルズ」でしょうか。 とするとメインタワーは「麻布ヒルズ 森タワー」、東棟は「麻布ヒルズレジデンス イーストタワー」、西棟は「麻布ヒルズレジデンス ウエストタワー」になるかもしれませんね。




虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

C街区北側の様子です。全街区は2023年3月末に竣工する予定です。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る