TOP建設中・計画中TOP東京都港区


東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー


2019年12月撮影

東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

2019年12月15日撮影。北西側から見ています。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

西側から。既に上棟しています。仕上げの段階ですね。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

その左手。オフィスタワーとレジデンスタワーを結ぶ歩行者デッキの建設も始まっていました。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

右手。このあたりは建設現場だらけになっています。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

一般賃貸住宅、サービスアパートメント、シェアハウスといった様々な形態の住居を計画し、交流が生まれる職住近接の新たなライフスタイルを提案するそうです。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

南西側から。住戸プランは1R~3LDKを計画し、ビジネスマンのほか、クリエイターや起業家、外国人など幅広い層をターゲットとしているとのこと。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

その南側隣接地では新たなビルの建設が始まっていました。 工事名は「ザ・竹芝再開発」。 鈴江コーポレーションが地上7階、高さ40.15m、延べ面積9,894㎡の店舗付きオフィスビルを新設します。




ザ・竹芝再開発の建築計画のお知らせ

「ザ・竹芝再開発」の建築計画のお知らせ。 設計・施工は鹿島建設。 2021年6月末に竣工する予定です。 写真クリックで拡大画像を表示。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

レジデンスタワーに戻ります。「ザ・竹芝再開発」側(南)から見ています。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

その左手。地上40階、地下2階、高さ208.83mのオフィスタワーです。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

右手。竹芝駅の奥に「ニューピア竹芝サウスタワー」(地上21階、高さ99.1m)がそびえています。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

南東側から。共用部にはラウンジやフィットネススペースが設けられます。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

北東側から。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

振り返ると、歩行者デッキがこちら側でも建設中でした。浜松町駅から竹芝駅・竹芝ふ頭までをつなぐ、全長約500mに及ぶ歩行者デッキが整備中なのでした。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

移動しました。竹芝駅から見ています。建物の北側でタワークレーンが解体中でした。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

その右手。歩行者デッキは敷地北側に建設中です。歩行者デッキとレジデンスタワーの間には「レジデンスタワーテラス」が誕生します。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

歩行者デッキは、2019年8月1日に開業した188の客室を持つ「HOTEL TAVINOS(ホテルタビノス)浜松町」(地上13階、高さ44.70m)とも結ばれるようです。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

その右手。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

竹芝ふ頭から見た竹芝駅とレジデンスタワー。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

その右手。レジデンスタワーとオフィスタワーはお見合いしないように考えられていますね。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

建設中の歩行者デッキの様子。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー

レジデンスタワーは、2020年6月末に竣工する予定です。




東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワーの建築計画のお知らせ

「東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー」の建築計画のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。







2019年8月撮影

(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

2019年8月12日撮影。建設中の業務棟。地上40階、地下2階、高さ208.83m、延べ面積約18万㎡。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その東側に住宅棟が姿を現していました。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

北西側から見た住宅棟。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

北西側から見た完成イメージです。業務棟低層部のテラスから見ていますね。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

西側から。11階くらいまで建ち上がっているようです。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

南西側から。18階まで成長します。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その左手。建設地西側です。この道路の上に業務棟と住宅棟を結ぶ歩行者デッキが建設されます。デッキを使って浜松町駅まで歩いていけるようになります。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。建設地南側。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。 「鈴江コーポレーション 竹芝第三倉庫」の解体工事が始まっていました。 ここには鈴江コーポレーションが地上7階、高さ40.15m、延べ面積9,864㎡のオフィスビルを新設します。 設計・施工は鹿島建設。 2019年11月に着工し、2021年6月に完成する予定です。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

南側から見た住宅棟。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その左手。業務棟。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

右手。「ニューピア竹芝サウスタワー」(地上21階、高さ99.1m)があります。その手前がゆりかもめ竹芝駅です。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

南東側から。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。道路の上に竹芝駅があります。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

竹芝駅(東側)から。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その下。ぽっかりと空間があいています。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

完成イメージを見るとここには空中庭園のようなものができるようです。その周囲は歩行者デッキですね。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。 「鈴与竹芝ビル ホテル新築工事」として建設中だった「ホテル タビノス浜松町」(地上13階、高さ44.70m)が完成していました。 このホテルも歩行者デッキで結ばれるようです。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

竹芝ふ頭公園から見た竹芝駅、住宅棟、業務棟。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

完成時には竹芝ふ頭公園~ゆりかもめ竹芝駅~住宅棟~業務棟~JR浜松町駅が歩行者デッキで結ばれることになります。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。業務棟。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

「ホテル タビノス浜松町」(188室)は2019年8月1日に開業しています。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

北西側から見た「ホテル タビノス浜松町」。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。建物の間に住宅棟が見えました。住宅棟は2020年6月末に完成する予定です。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟の建築計画のお知らせ

前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。







2018年10月撮影

(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

2018年10月21日撮影。A街区に建設中の業務棟(地上40階・高さ208.83m)。その東側に住宅棟が建設されるB街区があります。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

A街区とB街区の間の道路です。B街区は左の建物の奥です。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

南西側から見たB街区。現地の作業工程によれば根切工事を進めています。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

ゆりかもめ竹芝駅から見たB街区。東側からです。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その上方。A街区の業務棟が建ち上がっています。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その左手。 中央左奥に白いマンションが見えます。 「イトーピア浜離宮」です。 このマンションは、地上32階、地下1階、高さ118.6m(最高118.6m)、総戸数約422戸の超高層マンションへの建て替えが計画されています。 2023年7月の完成を目指しています。 「イトーピア浜離宮建替え計画」については→こちら




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

右手の様子。J JR東日本が進める「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」の高層棟が建ち上がっています。 同ビルは地上26階、地下2階、高さ120m。 2020年6月に完成する予定です。 「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」については→こちら。 その手前にも建設地があります。 鈴与三和建物が「鈴与竹芝ビル ホテル新築工事」を進めています。 規模は地上13階、高さ44.70m、客室190室。 2019年6月に完成する予定です。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

北側から見た「鈴与竹芝ビル ホテル新築工事」建設地。その奥がB街区です。ゆりかもめ竹芝駅も見えています。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟の建築計画のお知らせ

前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




2018年5月撮影

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

2018年5月27日撮影。ゆりかもめ竹芝駅(東側)から見た住宅棟建設地。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

住宅棟の西側に業務棟が建設中です。15階くらいまで建ち上がっています。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

その左手。現地の作業工程によれば杭工事を行っています。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

右手。中央に仮囲いがあります。その奥では13階建てホテルの建設が始まっていました。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

右側に途中で途切れた歩行者デッキがあります。完成時には竹芝駅はもちろん、JR浜松町駅までデッキを使って行けるようになります。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

南西側から見た住宅棟建設地。右奥は「ニューピア竹芝サウスタワー」(地上21階・高さ99.1m)。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

その手前が竹芝駅です。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

西側から。業務棟完成のの一か月後の2020年6月末に竣工する予定です。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

「(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)新築工事」の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

前述したとおり住宅棟の北側では「鈴与竹芝ビル ホテル新築工事」が施工中です。現地の作業工程によれば山留工事を行っていました。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

「鈴与竹芝ビル ホテル新築工事」の建築計画のお知らせ。地上13階、高さ44.70m、延べ面積4,044㎡。1階に店舗、2階以上に客室190室を設置。2019年6月末に完成する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。







2017年10月撮影

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

2017年10月24日撮影。南西側から見た住宅棟建設地。右奥はニューピア竹芝サウスタワー(地上21階・高さ99.1m)です。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

道路を挟んで西側(写真左)に業務棟建設地があります。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

住宅棟建設地の東側には、ゆりかもめ「竹芝駅」があります。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

南東側から見た建設地。現地の作業予定によれば長谷工・鹿島JVが解体工事を進めています。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

建設地と竹芝駅。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

竹芝駅から見た業務棟建設地。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

同じ場所から見た住宅棟建設地。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

その右手。2018年4月に着工し、2020年6月に竣工する予定です。




(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

「建築計画のお知らせ」が掲示されました。地上18階、高さ60m(最高70m)です。当初発表では地上21階、高さ約100mでした。ただし延べ面積はほぼ同じです。写真クリックで拡大画像を表示。







2016年10月撮影

(仮称)竹芝地区開発計画

南西側から見た住宅棟建設地。




(仮称)竹芝地区開発計画

B街区とゆりかもめ「竹芝駅」。




(仮称)竹芝地区開発計画

「竹芝駅」から見たB街区の様子。奥がA街区です。




(仮称)竹芝地区開発計画

一時的に2016年5月に着工したA街区の資材置き場に利用されているようです。







2015年12月撮影

(仮称)竹芝地区開発計画

2015年12月29日撮影。B街区(住宅棟建設予定地)を南西側から。




(仮称)竹芝地区開発計画

覗き窓から。既に更地になっています。




(仮称)竹芝地区開発計画

北西側の覗き窓から。中央左は竹芝駅。


《東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワーのトップページに戻る》




ページの先頭へ戻る