日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟


東急不動産と鹿島建設が設立した事業会社「アルベログランデ」は、東京都港区海岸1丁目に地上18階、高さ60m(最高70m)、延べ約2万㎡の賃貸マンションを新設します。 サービスアパートメントやシェアハウス、保育所、店舗も併設。 設計は長谷工コーポレーション、施工は長谷工・鹿島JV。 2020年6月に竣工する予定です。



(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

2019年8月12日撮影。南東側から。



完成イメージ

(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

現地にて2019年8月12日撮影。 左は北西側から、右は北東側から見た完成イメージです。 賃貸マンションの間取りは1R~3LDKの予定です。

東急不動産と鹿島建設が設立した事業会社「アルベログランデ」は、都有地を約70年間の定期借地によって借り受け、業務棟と住宅棟からなる総延べ面積約20万㎡の国際ビジネス拠点を開発します。



位置図

竹芝地区開発計画

[東急不動産・鹿島建設2018年4月27日付ニュースリリース(PDF)より引用]

A街区に業務棟、B街区に住宅棟が建ちます。 業務棟は地上40階、地下2階、高さ208.83m、延べ面積約18万㎡です。

当事業は東京都の「都市再生ステップアップ・プロジェクト」の一つです。 また、国家戦略特別区域計画の特定事業(都市計画法等の特例)として2015年3月に内閣総理大臣認定を受けています。



住宅棟 概要

計画名(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)新築工事
(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
所在地東京都港区海岸一丁目20番3号(地番)
最寄駅ゆりかもめ「竹芝」駅、JR・東京モノレール「浜松町」駅
建築主株式会社アルベログランデ(東急不動産と鹿島建設が設立した事業会社)
設 計株式会社長谷工コーポレーション
デザイン監修株式会社ホシノアーキテクツ
施 工長谷工・鹿島 共同企業体
用 途共同住宅、店舗、保育所、駐車場、自転車駐車場
敷地面積3,434.49㎡
建築面積2,223.44㎡
延床面積19,560.41㎡(ニュースリリースでは約19,382㎡)
構 造鉄筋コンクリート造
基礎工法杭基礎
階 数地上18階、地下0階
高 さ60m(最高70m)
着 工2018年4月
竣 工2020年6月30日予定
備 考 東急不動産・鹿島建設2018年4月27日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2019年8月20日

[業務棟はこちら]



地図

ゆりかもめ竹芝駅に隣接しています。



2019年8月撮影

(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

2019年8月12日撮影。建設中の業務棟。地上40階、地下2階、高さ208.83m、延べ面積約18万㎡。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その東側に住宅棟が姿を現していました。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

北西側から見た住宅棟。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

北西側から見た完成イメージです。業務棟低層部のテラスから見ていますね。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

西側から。11階くらいまで建ち上がっているようです。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

南西側から。18階まで成長します。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その左手。建設地西側です。この道路の上に業務棟と住宅棟を結ぶ歩行者デッキが建設されます。デッキを使って浜松町駅まで歩いていけるようになります。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。建設地南側。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。 「鈴江コーポレーション 竹芝第三倉庫」の解体工事が始まっていました。 ここには鈴江コーポレーションが地上7階、高さ40.15m、延べ面積9,864㎡のオフィスビルを新設します。 設計・施工は鹿島建設。 2019年11月に着工し、2021年6月に完成する予定です。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

南側から見た住宅棟。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その左手。業務棟。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

右手。「ニューピア竹芝サウスタワー」(地上21階、高さ99.1m)があります。その手前がゆりかもめ竹芝駅です。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

南東側から。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。道路の上に竹芝駅があります。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

竹芝駅(東側)から。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その下。ぽっかりと空間があいています。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

完成イメージを見るとここには空中庭園のようなものができるようです。その周囲は歩行者デッキですね。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。 「鈴与竹芝ビル ホテル新築工事」として建設中だった「ホテル タビノス浜松町」(地上13階、高さ44.70m)が完成していました。 このホテルも歩行者デッキで結ばれるようです。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

竹芝ふ頭公園から見た竹芝駅、住宅棟、業務棟。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

完成時には竹芝ふ頭公園~ゆりかもめ竹芝駅~住宅棟~業務棟~JR浜松町駅が歩行者デッキで結ばれることになります。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。業務棟。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

「ホテル タビノス浜松町」(188室)は2019年8月1日に開業しています。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

北西側から見た「ホテル タビノス浜松町」。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟

その右手。建物の間に住宅棟が見えました。住宅棟は2020年6月末に完成する予定です。




(仮称)竹芝地区開発計画 住宅棟の建築計画のお知らせ

前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る