TOP建設中・計画中TOP東京都港区


新日本消防会館建設工事


日本消防協会は、東京都港区虎ノ門2丁目に所在する日本消防会館(地上9階)を地上14階、地下2階、高さ69.55m、延べ面積16,499㎡の高層ビルに建て替えます。 設計は三菱地所設計、施工は鹿島建設。 2021年9月に着工し、2024年3月に竣工する予定です。




新日本消防会館建設工事

2021年4月21日撮影。既存建物を解体中でした。



概要

計画名新日本消防会館建設工事
所在地東京都港区虎ノ門2丁目18-1ほか(地番)
東京都港区虎ノ門2丁目9(住居表示)
最寄駅東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅
建築主公益財団法人 日本消防協会
設 計株式会社 三菱地所設計
施 工鹿島建設株式会社
用 途飲食店、事務所、会議室、劇場、展示場、駐車場
敷地面積1,925.70㎡
建築面積1,427.14㎡
延床面積16,499.60㎡
構 造地上:鉄骨造、地下:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法直接基礎
階 数地上14階、地下2階、塔屋1階
高 さ69.55m
着 工2021年9月15日
竣 工2024年3月31日

最終更新日:2021年4月28日



地図

建設地まで東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」から徒歩2分、東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」から徒歩6分ほどです。



2021年4月撮影

新日本消防会館建設工事

2021年4月21日撮影。地上49階、地下4階、高さ264.00m(最高265.75m)、延べ面積238,441㎡の「(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」建設地。




新日本消防会館建設工事

その西側隣接地が建設地です。




新日本消防会館建設工事

北西側から見た建設地。鹿島建設が2021年1月14日~2022年8月31日の工期で「日本消防会館」(地上9階、地下3階)を解体しています。




新日本消防会館建設工事

南西側から見た建設地。 右側は「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-3街区」です。 ここには、事務所や共同住宅、店舗などで構成する地上12階、地下1階、高さ59.00m、延べ面積7,986㎡のビルが建つ予定です。




新日本消防会館建設工事

南東側から見た建設地。左手前はA-3街区です。




新日本消防会館建設工事

新しい「日本消防会館」には、日本消防防災情報センターや各種会議室、ニッショーホール(1階席、2階席で1,000席)、オフィスが入り、屋上には旧会館と同様に全国消防殉職者慰霊碑が設けられます。




新日本消防会館建設工事の建築計画のお知らせ

「新日本消防会館建設工事」の建築計画のお知らせ。2021年9月15日に着工し、2024年3月末に竣工する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。




2021年3月撮影

新日本消防会館建設工事

2021年2月7日撮影。 北西側から見た「日本消防会館」。規模は地上9階、地下3階、高さ39.75m、延べ面積12,317㎡です。 日本消防協会本部やニッショーホール(742席)などが入るビルとして1982年に竣工しました。 2020年9月30日をもって閉館しています。




新日本消防会館建設工事

西側から。鹿島建設が2021年1月14日~2022年8月31日の工期で「日本消防会館のとりこわし工事」を施工していますが、外観はまだそのままです。




新日本消防会館建設工事

南西側から。




新日本消防会館建設工事

南東側から。




新日本消防会館建設工事

その左手。中央奥は「虎の門病院」(地上19階、高さ90.20m(最高99.55m))です。




新日本消防会館建設工事

右手。 中央奥は「虎ノ門2丁目タワー」(地上21階、高さ98m)で、右側は「(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」建設地です。 ここに、地上49階、地下4階、高さ264.00m(最高265.75m)、延べ面積238,441㎡の超高層ビルが建ちます。




新日本消防会館建設工事

北東側から。





ページの先頭へ戻る