TOP建設中・計画中INDEX東京都中央区


東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業


2020年5月撮影

東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

2020年5月24日撮影。現地に「建築計画のお知らせ」が設置されました。規模は地上51階、地下4階、高さ250m(最高250m)、延べ面積225,200㎡です。写真クリックで拡大画像を表示。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

東京駅八重洲口の目の前では「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」が進行中で、鉄骨が立ち上がり始めています。 規模は地上45階、地下4階、高さ240m(最高240m)、延べ面積283,896㎡。2022年8月末に竣工する予定です。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

その北側が「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(以下、本事業)の事業地です。 敷地は少々いびつな形をしています。 写真で見える範囲にはほぼ事業地はありません。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

おおまかに分けると、こんな感じになります。中央奥に高さ250mの超高層ビルが出現することになります。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

その左手です。このブロックがB地区で「外堀通り」に面している部分になります。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

とはいえ、事業地に含まれない建物も存在します。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

その右手。外堀通り、南方面。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

左手。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

北東側から見たB地区です。左の道を進みます。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

B地区北側の「さくら通り」沿いの建物は軒並み解体されます。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

全部で54棟が解体されます。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

さらに進むと「八重洲センタービル」があります。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

北東側から見た「八重洲センタービル」。B地区内ではもっとも大きな建物になりますね。規模は地上14階、地下3階。1992年9月竣工なので、築30年弱で姿を消すことになります。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

南東側から見た「八重洲センタービル」。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

その左手。「八重洲北口通り」です。この道は消滅することになります。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

その左手。「カラオケ館」の入るビルも無くなります。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

八重洲北口通りに面するビルです。軒並み解体されます。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

狭い路地も健在です。まもなく記憶の彼方に消えます。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

B地区東側の「八重洲仲通り」に面したビルの様子です。南側から見ています。全て解体されます。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

「八重洲通り」付近のB地区。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

「八重洲通り」南側歩道に移動しました。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

おおまかに分けると、こんな感じでしょうか。B地区は、2021年10月に着工し、2025年4月に竣工する予定です。


《東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業のトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る