TOP建設中・計画中TOP東京都中央区


東京ミッドタウン八重洲(ブルガリホテル東京)


東京ミッドタウン八重洲は、八重洲二丁目北地区市街地再開発組合がJR東京駅八重洲口前に新設した延べ面積約289,750㎡の大規模複合施設です。下記2棟で構成します。

八重洲セントラルタワー …… 地上45階、地下4階、高さ240m、延べ面積283,896㎡
八重洲セントラルスクエア … 地上_7階、地下2階、高さ_41m、延べ面積__5,853㎡

参加組合員および地権者として三井不動産と住友生命が参画。 設計は日本設計と竹中工務店、施工は竹中工務店。 2022年9月17日に地下1階の13店舗と地下1階・地下2階の「バスターミナル東京八重洲」が先行オープンしました。 2023年3月10日にグランドオープンし、高層階に進出する「ブルガリホテル東京」は2023年4月に開業する予定です。



八重洲セントラルタワー

東京ミッドタウン八重洲

2022年9月16日撮影。 八重洲セントラルタワー(A-1街区)。 地上45階、地下4階、高さ240m、延べ面積283,896㎡。 オフィス、店舗、ホテル、区立小学校、バスターミナルなどで構成します。



八重洲セントラルスクエア

東京ミッドタウン八重洲

八重洲セントラルスクエア(A-2街区)。 地上7階、地下2階、高さ41m、延べ面積5,853㎡。 オフィスや店舗、子育て支援施設などで構成します。



概要図

東京ミッドタウン八重洲

[三井不動産2022年9月15日付ニュースリリースより引用]

東京ミッドタウン(港区赤坂)、東京ミッドタウン日比谷(千代田区有楽町)に続く3施設目の東京ミッドタウンが誕生します。 施設コンセプトは「ジャパン・プレゼンテーション・フィールド ~日本の夢が集う街。世界の夢に育つ街~」です。



配置図

東京ミッドタウン八重洲

[以下2枚、三井不動産2021年4月8日付ニュースリリースより引用]

八重洲セントラルタワー(A-1街区)の39~45階には日本初となる「ブルガリホテル東京」が開業します。 ブルガリ ホテルズ & リゾーツは、これまで、ミラノ、ロンドン、バリなど世界6都市に展開。 ブルガリホテル東京は10軒目となります。 客室はツインやダブルルームを中心に、ラグジュアリーなスイートから究極のブルガリスイートまで98室を用意。 バー、レストラン、スパ、プール、ボールルーム、チャペルなども完備します。



位置図

東京ミッドタウン八重洲

[東京都HP(PDF)より引用]

八重洲セントラルタワーの低層部には「中央区立城東小学校」も入ります。 完成時点では、日本で10番目、東京で4番目、中央区で1番高いビルとなります。



概要

名 称東京ミッドタウン八重洲
ホテル名ブルガリホテル東京
事業名八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都中央区八重洲2丁目1番、2番の一部及び3番(地番)
東京都中央区八重洲2丁目2番1号(住居表示)
最寄駅JR「東京」駅 地下直結(八重洲地下街経由)
東京メトロ丸の内線「東京」駅 地下直結(八重洲地下街経由)
東京メトロ銀座線「京橋」駅 徒歩3分
東京メトロ東西線、銀座線、都営浅草線「日本橋」駅 徒歩6分
建築主八重洲二丁目北地区市街地再開発組合(理事長:住友生命保険相互会社)
参加組合員三井不動産株式会社、住友生命保険相互会社
設計・施工 基本設計・実施設計・監理………株式会社 日本設計
実施設計・施工……………………株式会社 竹中工務店
マスターアーキテクト……………Pickard Chilton
敷地面積約289,750㎡
街区名A-1街区A-2街区
名 称八重洲セントラルタワー八重洲セントラルスクエア
用 途事務所、店舗、ホテル、小学校、バスターミナル、駐車場 等事務所、店舗、子育て支援施設、駐輪場、駐車場、住宅 等
敷地面積12,390.43㎡1,043.69㎡
建築面積10,875.16㎡742.92㎡
延床面積283,896.06㎡5,853.53㎡
構 造S造、一部SRC造、RC造S造、一部SRC造、RC造
基礎工法パイルド・ラフト基礎(直接基礎と杭基礎の複合基礎)直接基礎
階 数地上45階、地下4階、塔屋2階地上7階、地下2階、塔屋1階
高 さ240m(最高240m)41m(最高41m)
着 工2018年12月(2018年12月3日起工式)
竣 工2022年8月31日
開 業 2022年9月17日………先行オープン(地下1階 商業施設、地下2階 バスターミナル)
2023年3月10日予定…グランドオープン
2023年4月予定………ブルガリホテル東京 開業
備 考 ◆事業コンサルタント:都市ぷろ計画事務所
◆道路
 特別区道中京第433号線の再整備及び歩道拡幅
 特別区道中京第432号線、第533号線及び第537号線の再整備
◆広場等
 広場(約40㎡)、歩道状空地、貫通通路、屋内広場(約950㎡)
◆総事業費:約2,398億円

[ニュースリリース]
◆三井不動産2018年12月03日付(着工)は→こちら
◆住友生命 2018年12月03日付(東京本社機能移転/PDF)は→こちら
◆三井不動産2021年04月08日付(街区名称決定)は→こちら
◆三井不動産2022年03月15日付(先行開業決定)は→こちら
◆UR都市機構2022年03月15日付(バスターミナルについて/PDF)は→こちら
◆三井不動産2022年04月22日付(ロボット導入)は→こちら
◆三井不動産2022年09月15日付(竣工&開業日決定)は→こちら

◆公式サイトは→こちら

最終更新日:2022年9月25日



地図

JR東京駅八重洲口の目の前に誕生しました。 地下1階で八重洲地下街と接続し東京駅と直結します。 近隣の再開発(八重洲二丁目中地区)の完成後は、東京メトロ銀座線・京橋駅まで直接アクセスが可能となる予定です。




2022年9月撮影

東京ミッドタウン八重洲

2022年9月16日撮影。 南西側から「八重洲セントラルタワー」を見ています。 規模は地上45階、地下4階、高さ240m、延べ面積283,896㎡。 2022年8月31日に竣工しました。




東京ミッドタウン八重洲

商業施設は地下1階、1階、2階、3階の4フロアに57店舗が集結します。 このうち「八重洲セントラルタワー」地下1階の13店舗と、地下1階・地下2階の「バスターミナル東京八重洲」が、2022年9月17日に先行オープンしています。




東京ミッドタウン八重洲

4~5階には2023年3月、下記施設で構成する「イノベーションフィールド八重洲」がオープンする予定です。

[5階]
東京ミッドタウン八重洲カンファレンス(イベントスペース)
東京ミッドタウン八重洲カンファレンス(スタジオ)
交流ラウンジ
屋上テラス

[4階]
東京ミッドタウン八重洲カンファレンス(貸会議室)
テンポラリーオフィス
東京大学八重洲アカデミックコモンズ
未来特区プロジェクト





東京ミッドタウン八重洲

7~38階はオフィスフロアです。 24階にオフィススカイロビーを設けます。

館内には、テナント向け会員制施設・サービス「mot.三井のオフィスfor Tomorrow」が開設されます。 2023年2月に「ラウンジ」(24階)及び「会議室」(7階)、2023年4月に「フィットネスジム」(24階)がオープンする予定です。

7階にはこのほか、三井不動産が展開する法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」も開設されます。 2023年春に開業する予定です。




東京ミッドタウン八重洲

北西側から。 左は「ヤンマー東京ビル」です。 規模は地上14階、地下3階、高さ69.88m、延べ面積21,834㎡。 ほぼ同時期に工事が進められました。




東京ミッドタウン八重洲

北側から。「ヤンマー東京ビル」の奥に「八重洲セントラルタワー」が見えます。




東京ミッドタウン八重洲

その左手。「八重洲セントラルスクエア」があります。規模は地上7階、地下2階、高さ41m、延べ面積5,853㎡です。




東京ミッドタウン八重洲

北側から見た「八重洲セントラルスクエア」。 2~3階に2023年4月1日、子育て支援施設「昭和こども園(仮称)」が開設される予定です。 4~6階はオフィスフロアとなります。




東京ミッドタウン八重洲

左が「八重洲セントラルスクエア」、右が「ヤンマー東京ビル」、奥が「八重洲セントラルタワー」です。




東京ミッドタウン八重洲

北東側から見た「八重洲セントラルスクエア」と「八重洲セントラルタワー」。




東京ミッドタウン八重洲

「八重洲セントラルスクエア」の東側に工事現場があります。 ここでは「(仮称)東京Yビルプロジェクト」が進行中で、地上12階、地下1階、高さ55m、延べ面積6,050㎡の店舗付きオフィスビルが建ちます。 建築主は柿本商会、設計は山下設計、施工は清水建設。2023年8月に竣工する予定です。




東京ミッドタウン八重洲

その東側では「八重洲ダイビル」を解体中でした。 ここには、地上11階、地下3階、高さ55.96m(最高63.93m)、延べ面積22,667㎡の店舗付きオフィスビルが建ちます。 建築主はダイビル、設計は日建設計、施工は鹿島建設。2025年6月に竣工する予定です。




東京ミッドタウン八重洲

東側から見た「八重洲セントラルスクエア」。




東京ミッドタウン八重洲

その左手。 「半江堂 八重洲ビル」(手前)や「スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口」(左)、そして「八重洲セントラルタワー」(奥)があります。 「半江堂 八重洲ビル」は事業地内にあり、今後解体され広場になります。




東京ミッドタウン八重洲

左および奥は「八重洲セントラルタワー」、右は「スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口」です。




東京ミッドタウン八重洲

その左手。「八重洲セントラルタワー」の低層棟です。




東京ミッドタウン八重洲

この建物の1~4階に「中央区立城東小学校」が、2022年9月1日に開校しています。




東京ミッドタウン八重洲

その上方。2階に体育館、3階に屋内プール、4階に全天候型の屋上校庭を配置しています。屋上などにビオトープや菜園・水田を整備するそうです。




東京ミッドタウン八重洲

少し離れて。




東京ミッドタウン八重洲

南東側から。 「八重洲セントラルタワー」のオフィスフロアには、住友生命の東京本社機能、ダイキン工業(株)東京支社、M&Aキャピタルパートナーズ(株)本社、三井化学(株)本社、日本GLP(株)本社、エムトラスト(株)本社、(株)プライムポリマー本社などの入居が明らかになっています。




東京ミッドタウン八重洲

接近。




東京ミッドタウン八重洲

接近。




東京ミッドタウン八重洲

その右手。小学校部分。




東京ミッドタウン八重洲

左手。施設の入口があります。




東京ミッドタウン八重洲

その左手。モニュメントがあります。




東京ミッドタウン八重洲

案内板。写真クリックで拡大画像を表示。




東京ミッドタウン八重洲

配置図です。写真クリックで拡大画像を表示。




東京ミッドタウン八重洲

概要図です。写真クリックで拡大画像を表示。




東京ミッドタウン八重洲

商業施設は地下1階、1階、2階、3階の4フロアに57店舗が集結します。 このうち「八重洲セントラルタワー」地下1階の13店舗が、「バスターミナル東京八重洲」とともに2022年9月17日に先行オープンしています。 写真クリックで拡大画像を表示。




東京ミッドタウン八重洲

地下1階・地下2階のショップ&レストランです。写真クリックで拡大画像を表示。

[地下1階]
Anker Store(スマートフォン・タブレット関連製品)
ウエルシア(ドラッグストア・調剤薬局)
THE CITY BAKERY(ベーカリー&カフェ)
STARBUCKS COFFEE(スペシャルティ コーヒーストア)
セブン-イレブン(コンビニエンスストア)
TASU+(タスプラス/ショップ・カフェ&バー)
立食い寿司 根室花まる(立食い寿司)
鳥開総本家(鶏料理専門店)
芝蘭担々麺(担々麺、ラーメン)
PARIYA DELICATESSEN(デリカテッセン)
Biople(オーガニックコスメ&フード)
フリホーレス(ブリトー専門店)
ポーたま(沖縄ソウルフード)
整体×骨盤 カラダ ファクトリー(整体サロン)

[地下2階]
ファミリーマート(コンビニエンスストア)





東京ミッドタウン八重洲

南面の様子。




東京ミッドタウン八重洲

南側から。




東京ミッドタウン八重洲

その右手。




東京ミッドタウン八重洲

左手。




東京ミッドタウン八重洲

バスターミナルのバス入口です。 地下1階及び地下2階に「バスターミナル東京八重洲」の第1期エリアが2022年9月17日にオープンしました。 バス停は地下2階に乗降用6バース、待機用3バースの計9バースを備えています。 ターミナル内には、チケットカウンター、トイレ、授乳室、コインロッカーのほか、整体サロンやコンビニも併設しています。 UR都市機構が3期に分けて整備したうえで、京王電鉄バスが一体的に運営します。




東京ミッドタウン八重洲

[UR都市機構2022年3月15日付ニュースリリース(PDF)より引用]

立面イメージ図。 「バスターミナル東京八重洲」は、第2期で「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、地下4階、高さ249.72m)の地下に、第3期で「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、地下3階、高さ約226m)の地下に整備されます。 2028年度に予定されている全体開業時には、乗降20バースを備える国内最大級の高速バスターミナルが誕生することになります。




東京ミッドタウン八重洲

南西側から見上げました。 40階から最上階45階の6フロアに、日本初進出となる「ブルガリ ホテル 東京」が2023年4月に開業します。 ツイン・ダブルルームを中心に、ラグジュアリーなスイートから究極のブルガリスイートまで、多彩なタイプを取り揃えた98部屋の客室を揃えます。 また、バー、イタリアンレストラン、チョコレートブティックなどのほか、約1,500㎡のスパを併設。 最先端のフィットネスジムや25mの屋内プールなども設けます。




東京ミッドタウン八重洲

その左手。東京駅です。




東京ミッドタウン八重洲

東京駅側低層部の様子。




東京ミッドタウン八重洲

入口の一つ。




東京ミッドタウン八重洲

地下入口。




東京ミッドタウン八重洲

その上方。




東京ミッドタウン八重洲

その右手。




東京ミッドタウン八重洲

左手。




東京ミッドタウン八重洲

隣接地に建設中の「ヤンマー東京ビル」です。




東京ミッドタウン八重洲

その右手。通路が出現していました。




東京ミッドタウン八重洲

その右手。正面入口です。




東京ミッドタウン八重洲

その上方。 2023年3月10日にグランドオープンします。 「ブルガリホテル東京」は4月に開業する予定です。


《過去の写真はこちら》 《ヤンマー東京ビルはこちら》





ページの先頭へ戻る