TOP建設中・計画中TOP東京都中央区


(仮称)ヤンマー東京ビル


ヤンマーグループのセイレイ興産は、旧ヤンマー東京ビル跡地(東京都中央区八重洲2丁目)に、地上14階、地下3階、高さ69.88m、延べ面積21,834㎡のオフィスビルを新設します。 設計は日建設計、施工は竹中工務店。 2022年8月に竣工する予定です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

2020年12月6日撮影。2020年2月4日に地鎮祭を執り行い、翌5日に着工しています。




完成イメージ

(仮称)ヤンマー東京ビル

[ヤンマー2020年2月5日付ニュースリリースより引用]

B3F~B2Fに駐車場、B1F~2Fに商業エリアを配置。 3F~14Fにはヤンマーグループが入るほか、オフィステナントエリアも設けます。 地震対策として中間免震構造を採用します。




概要

計画名(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事
所在地東京都中央区八重洲二丁目1-1ほか(地番)
東京都中央区八重洲二丁目1(住居表示)
最寄駅JR「東京」駅
建築主セイレイ興産株式会社(ヤンマーグループ)
設 計株式会社 日建設計
施 工株式会社 竹中工務店
用 途事務所、店舗、駐車場
敷地面積1,484.79㎡
建築面積1,360.00㎡
延床面積21,834.74㎡
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法直接基礎
階 数地上14階、地下3階
高 さ69.88m
着 工2020年2月5日(地鎮祭:2020年2月4日)
竣 工2022年8月20日予定
備 考 ◆ヤンマー2020年2月5日付ニュースリリースは→こちら

最終更新日:2020年12月19日




地図

建設地は東京駅前の一等地です。




2020年12月撮影

(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

2020年12月6日撮影。JR東京駅八重洲口前では「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」により地上45階、地下4階、高さ240m(最高240m)、延べ面積283,896㎡の超高層ビルが建設中です。詳細は→こちら




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

その北側隣接地が「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」の建設地です。タワークレーンが登場していました。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

接近しました。南西側から見た建設地です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

その右手。「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の超高層ビルです。どちらも竹中工務店が施工しています。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

北西側から見た建設地。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

その上方。現地の作業工程によると鉄骨工事や地下躯体工事を進めています。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

北側から。まもなく躯体が姿を見せそうです。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

東側隣接地では「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」により地上7階、地下2階、高さ41m(最高41m)、延べ面積5,853㎡のビルを建設中です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

仮囲いは一体化しています。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

このような配置になっています。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

八重洲通りの反対側歩道から見た建設地。「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」と同じ2022年8月に竣工する予定です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事の建築計画のお知らせ

「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る