TOP建設中・計画中TOP東京都中央区


(仮称)ヤンマー東京ビル


2020年12月撮影

(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

2020年12月6日撮影。JR東京駅八重洲口前では「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」が進行中で、地上45階、地下4階、高さ240m、延べ面積283,896㎡の超高層ビルが建設中です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

その北側隣接地が「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」の建設地です。タワークレーンが登場していました。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

接近しました。南西側から見た建設地です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

その右手。「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の超高層ビルです。どちらも竹中工務店が施工しています。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

北西側から見た建設地。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

その上方。現地の作業工程によると鉄骨工事や地下躯体工事を進めています。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

北側から。まもなく躯体が姿を見せそうです。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

東側隣接地では「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」により地上7階、地下2階、高さ41m(最高41m)、延べ面積5,853㎡のビルを建設中です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

仮囲いは一体化しています。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

このような配置になっています。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

八重洲通りの反対側歩道から見た建設地。「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」と同じ2022年8月に竣工する予定です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事の建築計画のお知らせ

「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。







2020年9月撮影

(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

2020年9月28日撮影。 「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 A-1街区」に建設中の地上45階、地下4階、高さ240mの超高層ビルが立ち上がっていました。 同再開発事業については→こちら




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

その北側隣接地が建設地です。現地の作業予定によると基礎躯体工事を進めています。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事の建築計画のお知らせ

「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。2022年8月に竣工する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。




2020年5月撮影

(仮称)ヤンマー東京ビル

2020年5月24日撮影。仮囲いの透明部分から内部が見えました。




(仮称)ヤンマー東京ビルの建築計画のお知らせ

前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




2020年2月撮影

(仮称)ヤンマー東京ビル

2020年2月1日撮影。JR東京駅八重洲口。




(仮称)ヤンマー東京ビル

その目の前に建設地があります。 外堀通りと八重洲通りが交わる八重洲中央口前交差点の南東角になります。 ここには地上11階、地下3階の「ヤンマー東京ビル」があり、2018年12月に地上部分の解体工事を終えていました。 右側に「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 A-1街区」のクレーンが見えています。




(仮称)ヤンマー東京ビル

その右手。「同事業A-1街区」には、地上45階、地下4階、高さ240mの超高層ビルが建ちます。




(仮称)ヤンマー東京ビル

左手。八重洲通りです。




(仮称)ヤンマー東京ビル

接近しました。この写真を撮影した3日後の2月4日に地鎮祭を執り行い、その翌日の5日に着工しています。




(仮称)ヤンマー東京ビル

仮囲いの透明部分から内部が見えました。




(仮称)ヤンマー東京ビル

北側から見た建設地。 仮囲いが連続しているのでよくわかりませんが、およそ左半分は八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業のA-2街区になります。 A-2街区には地上7階、地下2階、高さ41m(最高41m)のオフィスビルが建設予定です。




(仮称)ヤンマー東京ビル

最後はJR東京駅から。 (仮称)ヤンマー東京ビルは2022年8月20日に竣工する予定です。 ちなみに八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業の竣工予定も2022年8月下旬です。




(仮称)ヤンマー東京ビルの建築計画のお知らせ

前回撮影時に70.00mだった高さが69.88mに変更されていました。 面積関係や工期にも修正があり、未定だった施工者は竹中工務店に決まっています。 写真クリックで拡大画像を表示。




2019年1月撮影

(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

2019年1月14日撮影。東京駅側(北西)から見た建設地。隣接地では八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業が2018年12月に着工しています。 同再開発事業については→こちら




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

接近しました。八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業のA-1街区です。地上45階、地下4階、高さ240mの超高層ビルが出現します。2022年8月に完成する予定です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

その左手。(仮称)ヤンマー東京ビルの建設地です。地上14階、地下3階、高さ70mのオフィスビルが誕生します。仮囲いに透明な部分があります。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

内部の様子。既存ビル(地上11階、地下3階)の地上部分の解体工事は2018年12月に完了しています。竹中工務店が施工しました。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

北西側から。奥に見える重機は八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業のものです。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

その右手。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

左手。こちらに進みます。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

ふたたび仮囲いに透明な部分がありました。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

内部の様子。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

北側から。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

その右手




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

左手。仮囲いは半分に仕切られています。奥は八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業のA-2街区です。地上7階、地下2階、高さ41mの店舗付きオフィスビルが2022年8月に完成する予定です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

道路を渡り、反対側歩道から見ました。仮囲いの右側概ね2/3が(仮称)ヤンマー東京ビルの建設地、左側1/3が八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業のA-2街区です。両棟の奥は同再開発事業のA-1街区です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

その右手。東京駅です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

左手。左奥では「ミュージアムタワー京橋」(地上23階・高さ149.56m)が建設中です。




(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事の建築計画のお知らせ

(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事の建築計画のお知らせ。高さは70.00m。2022年1月に完成する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。




2018年9月撮影

(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

2018年9月16日撮影。ヤンマー東京ビルの地上部分を竹中工務店が解体していました。




2018年2月撮影

2018年2月27日撮影。解体前のヤンマー東京ビル。地上11階、地下3階。1977年竣工なので築41年で姿を消すことになりました。


《(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事のトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る