TOP建設中・計画中TOP東京都中央区


新TODAビル


新TODAビルは、戸田建設が自社の設計施工で東京都中央区京橋1丁目に新設する地上28階、地下3階、高さ165.21m、延べ面積約94,800㎡の超高層複合ビルです。 オフィスのほか集会場や美術館、店舗なども設けます。 2021年8月18日に起工式を開き着工しました。 2024年9月に竣工する予定です。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

2022年5月25日撮影。南西側から見た建設地。



完成イメージ

京橋一丁目東地区

2021年9月7日付ニュースリリースより引用

戸田建設は2021年9月7日、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)による建築物全体評価にて最高ランクである★5つ及び「ZEB Ready」認証を9月6日付で取得したことを発表しました。 建物高さ150m以上の超高層複合用途ビルにおける建物全体での「ZEB Ready」認証取得は本件が日本初となります。



概要

名 称(仮称)新TODAビル計画新築工事
所在地東京都中央区京橋1丁目7番1号
最寄駅JR「東京」駅、東京メトロ「日本橋」駅、東京メトロ「京橋」駅
建築主戸田建設株式会社
設 計戸田建設株式会社
施 工戸田建設株式会社
用 途事務所、集会場、美術館、物販店舗、飲食店舗、自動車車庫
敷地面積6,147.44㎡
建築面積4,679.32㎡
延床面積94,800.53㎡
構 造 RC造(コアウォール構造)、S造・CFT造・SRC造・免震構造
基礎工法直接基礎
階 数地上28階、地下3階
高 さ165.21m
着 工2021年8月(起工式:2021年8月18日)
竣 工2024年9月20日予定
備 考 2021年9月7日付ニュースリリースは→こちら

最終更新日:2021年6月23日

[ミュージアムタワー京橋(A街区)についてはこちら]



地図

建設地は戸田建設の本社が入っていた戸田ビルディング(地上9階)のほか、全国信用組合会館(地上6階)、全国信用組合会館分館(地上4階)、一般住宅(地上2階)、高谷ビル(地上6階)、戸田建設第一別館(地上5階)の跡地です。 建設地まで東京メトロ銀座線「京橋駅」から徒歩2分ほどです。



2022年5月撮影

(仮称)新TODAビル計画新築工事

2022年5月24日撮影。北西側から見た建設地。タワークレーンが登場していました。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

その右手。中央通り、京橋駅方面。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

西側から見た建設地。現地の作業予定によると、躯体・コンクリート工事を進めていました。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

その左手。2019年6月に竣工した「ミュージアムタワー京橋」(地上23階、高さ149.56m)があります。1~6階に「アーティゾン美術館」(旧ブリヂストン美術館)が2020年1月18日にオープンしています。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

右手。「三井住友海上テプコビル」(地上11階)があります。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

南西側から見た建設地。「新TODAビル」は地震に備えてコアウォール免震構造を採用します。また、72時間の機能維持可能な非常用発電機のほか、コージェネレーション設備を計画しています。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

その左手。中央通り、日本橋駅方面。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

建設地南側の様子です。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

南東側から見た建設地。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

その左手。中央通り方面。建設中の「東京ミッドタウン八重洲」(地上45階、高さ240m)が奥に見えます。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

右手。建設地東側の様子。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

京橋1丁目東地区の都市計画を共同で推進する永坂産業と戸田建設は2019年4月、「ミュージアムタワー京橋」と「新TODAビル」を含むこの街区の文化貢献施設部分を「京橋彩区」と命名し、その運営組織として「一般社団法人 京橋彩区エリアマネジメント」を設立しました。 「京橋彩区」は次の3施設で構成します。

① アーティゾン美術館(2020年1月開館)運営:石橋財団
② 新TODAビル 文化貢献施設(2024年竣工予定)運営:戸田建設
③ アートスクエア(2019年7月一部オープン)運営:京橋彩区エリアマネジメント

「アートスクエア」は中央通りに沿った間口120mの広々として奥行きのある広場のことで、様々なアート・文化イベントも行います。 「新TODAビル」の竣工をもって、街区および京橋彩区がグランドオープンすることになります。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

東側から見た建設地。 「新TODAビル」には芸術・文化拠点の形成として、1階に店舗兼情報発信施設、3階に若手芸術家の育成創作活動拠点、4~5階に情報発信施設としてのカンファレンス機能(大ホール380人規模・小ホール220人規模)、6階に美術館(約1,200㎡のギャラリー空間)を計画しています。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

北東側から。8~27階には1フロア当たり約2,400㎡(約720坪)のオフィスフロアを配置します。戸田建設の本社は8~12階に入る予定です。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

その左手。建設地東側。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

右手。「ミュージアムタワー京橋」との間の様子です。




(仮称)新TODAビル計画新築工事

現地の完成イメージ。 左が「ミュージアムタワー京橋」、右が「新TODAビル」になります。




(仮称)新TODAビル計画新築工事の建築計画のお知らせ

「新TODAビル」の建築計画のお知らせ。 前回撮影時の標識と比較すると、以下が修正されていました。

延べ面積(94,813.34㎡→94,800.53㎡)
高さ  (171.00m→165.21m)
完了予定(2024年4月30日→2024年9月20日)


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る