日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都中央区


(仮称)新TODAビル


戸田建設は東京都中央区京橋1丁目の本社ビルを地上28階、地下3階、高さ173mの超高層ビルに建て替えます。 設計・施工は戸田建設。 2019年8月に既存建物の解体工事に着手する予定で、2021年の着工、2024年の竣工を目指しています。



京橋一丁目東地区 B街区

2016年2月10日撮影。戸田建設本社ビル「TODA BUILDING」。



完成イメージ

京橋一丁目東地区

戸田建設 2015年9月11日付(PDF)発表資料より引用

西側から見た京橋一丁目東地区。 左がA街区のミュージアムタワー京橋、右がB街区の(仮称)新TODAビルです。 ミュージアムタワー京橋は2019年7月に竣工しています。



京橋彩区について

京橋一丁目東地区

戸田建設2019年3月28日付ニュースリリースより引用

京橋1丁目東地区の都市計画を共同で推進している永坂産業と戸田建設は2019年4月、ミュージアムタワー京橋と2024年に竣工予定の(仮称)新TODAビルを含むこの街区の低層部を「京橋彩区」と命名し、その運営組織として「一般社団法人 京橋彩区エリアマネジメント」を設立しました。 京橋彩区は開発街区のうち文化貢献施設部分の総称で、大きく次の3施設で構成します。

① アーティゾン美術館(2020年1月開館予定) 運営:公益財団法人 石橋財団
② (仮称)新TODAビル 文化貢献施設(2024年竣工予定) 運営:戸田建設
③ (仮称)アートスクエア( 2019年7月一部オープン、2024年全面オープン)

2024年に(仮称)新TODAビルがグランドオープンするまでの間も、さまざまなアート・文化イベントを継続的に開催する計画です。



(仮称)新TODAビル 概要

計画名京橋一丁目東地区 B街区、(仮称)新TODAビル
所在地東京都中央区京橋一丁目
最寄駅JR「東京」駅、東京メトロ「日本橋」駅、東京メトロ「京橋」駅
建築主戸田建設
設 計戸田建設
施 工戸田建設
用 途事務所、店舗、展示施設、創作・交流施設、情報発信施設等
敷地面積約6,150㎡
建築面積
延床面積約101,500㎡
構 造
階 数地上28階、地下3階
高 さ約173m
着 工2021年予定
竣 工2024年予定

最終更新日:2019年7月8日

[A街区(ミュージアムタワー京橋)についてはこちら]



地図



2016年2月撮影

京橋一丁目東地区 B街区

2016年2月10日撮影。南西側から。




京橋一丁目東地区 B街区

北から。戸田建設本社ビル「TODA BUILDING」などの跡地に地上28階、地下3階、高さ173mの超高層ビルが建設されます。予定工期は2021年度~2023年度。




京橋一丁目東地区 B街区

B街区の北側がA街区です。一足早く2016年6月15日から2019年7月31日までの工期で地上23階、地下2階、高さ150mの超高層ビルが建設されます。




2015年11月撮影

京橋一丁目東地区

2015年11月4日撮影。北東側から見たA街区。 「ブリヂストン本社」が入っていた「永坂産業京橋1丁目ビル」などが解体されています。




京橋一丁目東地区

北から。手前は東京駅から東側に延びる八重洲通りです。




京橋一丁目東地区

西から。ここに地上23階、地下2階、高さ150mの超高層ビルが建設されます。




京橋一丁目東地区

南西側から。手前は中央通り。



京橋一丁目東地区

A街区の南側がB街区です。戸田建設本社ビル「TODA BUILDING」が立っています。このビルなどが解体され、地上28階、高さ173mの超高層ビルが建設されます。




京橋一丁目東地区

「TODA BUILDING」。ネットで覆われていますが、解体工事ではありません。新築工事は2021年度~2023年度の予定ですので解体されるのはもう少し先になります。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る