TOP建設中・計画中TOP東京都葛飾区


立石駅北口地区第一種市街地再開発事業


東京都は2021年4月28日、立石駅北口地区市街地再開発組合(東京都葛飾区)の設立を認可しました。 計画では京成立石駅の北側に下記施設を整備します。

西街区…地上35階、地下2階、高さ約120m、住宅・店舗など
東街区…地上13階、地下3階、高さ約62m、業務・店舗・公益的施設など

2022年度の権利変換計画認可、2023年度の着工、2028年度の竣工を予定しています。



完成イメージ(南西側から)

立石駅北口地区市街地再開発

[以下3枚、東京都HPより引用]

左が西街区、右が東街区です。 参加組合員として東京建物、旭化成不動産レジデンス、首都圏不燃建築公社が参画。 基本設計は日本設計です。



断面イメージ(南側から)

立石駅北口地区市街地再開発

西街区に建つタワーマンションの総戸数は約640戸を想定。 東街区の建物には葛飾区の総合庁舎が入る予定です。



配置図

立石駅北口地区市街地再開発

西街区と東街区の間に交通広場を整備します。 総事業費は約932億円を見込んでいますす。



周辺図

立石駅北口地区市街地再開発

[葛飾区役所HPより引用]

◆青色部分:立石駅北口地区第一種市街地再開発事業
◆緑色部分:立石駅南口東地区第一種市街地再開発事業→詳細
◆桃色部分:立石駅南口西地区第一種市街地再開発事業→詳細

京成立石駅付近の高架化を機に駅周辺では複数の再開発計画が浮上しています。



事業のあゆみ

  • 準備組合設立………………2007月10月
  • 都市計画決定………………2017年06月
  • 再開発組合設立認可………2021年04月
  • 権利変換計画認可…………2022年度(予定)
  • 本体着工……………………2023年度(予定)
  • 本体工事竣工………………2028年度(予定)


全体概要

事業名立石駅北口地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都葛飾区立石4丁目及び立石7丁目地内
最寄駅京成電鉄押上線「京成立石」駅
建築主立石駅北口地区市街地再開発組合
設 計日本設計
施 工
街区名西街区東街区
用 途住宅(約650戸)、店舗など事務所、店舗、公益的施設など
敷地面積約7,130㎡約4,660㎡
建築面積約4,900㎡約3,260㎡
延床面積約79,200㎡約41,100㎡
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造鉄筋コンクリート造
階 数地上35階、地下2階地上13階、地下3階
高 さ約120m約62m
着 工2023年度予定
竣 工2028年度予定
備 考 ◆総合コーディネート業務:協同組合 都市設計連合
◆参加組合員予定者:東京建物、旭化成不動産レジデンス、首都圏不燃建築公社
◆東京建物2021年4月28日付ニュースリリースは→こちら

最終更新日:2021年4月28日



地図

京成電鉄押上線の四ツ木駅~青砥駅間の連続立体交差事業が進行中です。 延長は約2.6㎞、事業区間は約2.2㎞。 この事業の完成により京成立石駅が高架化されるほか11か所の踏切が無くなります。 2023年3月の工事完了を目指しています。






ページの先頭へ戻る