TOP建設中・計画中TOP東京都新宿区


(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業


西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合は、東京都新宿区西新宿5丁目地内に下記の再開発ビルを整備します。

A棟(複合棟)…地上33階、地下2階、高さ151.40m、延べ90,702㎡
B棟(住宅棟)…地上35階、地下2階、高さ124.59m(最高131.57m)、延べ44,545㎡

参加組合員は住友不動産、設計はアール・アイ・エー,E.D.L.共同企業体、施工は大成・五洋建設共同企業体。 2023年3月下旬に竣工する予定です。

B棟は「(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト」として住友不動産が分譲します。 マンションHPは→こちら




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

2022年4月9日撮影。 地上33階、地下2階、高さ151.40m、延べ面積90,702㎡のA棟です。施工は大成建設が担当。 オフィスや高級賃貸マンション「(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目」で構成します。 マンションの入居は2023年4月下旬を予定しています。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

地上35階、地下2階、高さ124.59m(最高131.57m)、延べ面積44,545㎡のB棟です。施工は五洋建設が担当。 総戸数は427戸で、この戸数には非分譲住戸254戸、非分譲SOHO11室が含まれます。この他、店舗9区画と事務所を設けます。 住友不動産が分譲する住戸の間取りは1R~3LD・K、専有面積は25.59㎡~109.67㎡です。販売開始は2022年9月初旬を予定しています。 2023年1月下旬に竣工し、2023年6月下旬に入居を開始する予定です。



配置図

(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

事業地東側に十二社通り、北側に青梅街道があり、西側を神田川が流れています。 神田川側には公園がつくられます。



概要

事業名(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
所在地東京都新宿区西新宿五丁目地内
最寄駅東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅、「中野坂上」駅
都営大江戸線「中野坂上」駅、「西新宿五丁目」駅
建築主西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
設計・監理アール・アイ・エー + E.D.L.一級建築士事務所 共同企業体
施 工大成建設・五洋建設 共同企業体
棟 名A棟(A地区)B棟(B地区)
地名地番新宿区西新宿5丁目1番地新宿区西新宿5丁目2番地
施 工大成建設五洋建設
用 途共同住宅(184戸)、事務所、店舗、駐車場、駐輪場共同住宅(427戸)、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
敷地面積7,980.01㎡4,267.00㎡
建築面積4,121.14㎡2,081.09㎡
延床面積90,012.09㎡(※90,702.50㎡)44,545.03㎡
構 造鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法マットスラブ工法マットスラブ工法
階 数地上33階、地下2階地上35階、地下2階
高 さ151.40m124.59m(最高131.57m)
着工予定2019年5月下旬2019年6月下旬
竣工予定2023年3月下旬2023年3月下旬
備 考 ※印はニュースリリース

[事業関係者](上記記載を除く)
◆総合コーディネート・事務局…株式会社アールアンドディ新建築都市研究所
◆公園・広場等基本設計(ランドスケープデザイン)…株式会社スタジオゲンクマガイ
◆土木設計…株式会社グリーン
◆土木設計(ランドスケープデザイン補佐・行政協議協力)…ai 景プランニング
◆商業コンサルタント…株式会社オーク計画研究所
◆参加組合員・事務局…住友不動産株式会社
◆デザインマネジメント…株式会社コトナ
◆特定業務代行者…大成建設・五洋建設JV

[(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト](B棟)
◆売主……………住友不動産株式会社
◆販売代理………住友不動産販売株式会社
◆総戸数…………427戸(非分譲住戸254戸・非分譲SOHO11室含む)、その他 店舗9区画・事務所
◆間取り…………1R~3LD・K
◆専有面積………25.59㎡~109.67㎡
◆駐車場…………113台
◆竣工予定………2023年1月下旬予定
◆入居予定………2023年6月下旬予定

◆組合HPは→こちら

最終更新日:2022年4月23日

[(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクトHPはこちら]



地図

A地区まで東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」や東京メトロ丸ノ内線「中野坂上駅」より徒歩6分ほどです。 B地区まで東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」や東京メトロ丸ノ内線「中野坂上駅」より徒歩8分ほどです。



2022年4月撮影

(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

2022年4月9日撮影。西新宿駅から青梅街道を西に進むと、左前方に建設中の両棟が姿を見せました。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

北東側から。上棟間近でしょうか。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

その右手。中野坂上駅方面です。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

左手。 中央は「ザ・パークハウス西新宿タワー60」です。 規模は地上60階、地下2階、高さ199.16m(最高208.97m)、総戸数954戸。 「西新宿五丁目中央北地区第一種市街地再開発事業」で誕生しています。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

東側から見たA棟です。地上33階、地下2階、高さ151.40m、延べ面積90,702㎡。下半分がオフィス、上半分が賃貸マンションになります。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

その左手。B棟。地上35階、地下2階、高さ124.59m(最高131.57m)、延べ面積44,555㎡。総戸数427戸の分譲マンションです。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

B棟とA棟。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

その右手。A棟。免震構造を採用。オフィスフロアの基準階貸室面積は604坪(1,997㎡)、総貸室面積は9,064坪(29,966㎡)、天井高は3.0mを予定しています。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

左手。B棟。こちらも免震構造を採用します。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

東側から見たB棟。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

その右手。A棟。19~35階が高級賃貸マンション「(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目」になります。総戸数は184戸。そのうち非賃貸住戸4戸、募集対象外住戸151戸があります。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

南東側から見たB棟。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

少し離れました。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

その左手。個別利用区とされているC地区の様子です。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

さらに十二社通りを南下しました。B棟とA棟が重なっています。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

さらに南下。十二社通り沿いも徐々に高層ビル街になりつつあります。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

拡大しました。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

南側から見たB棟とA棟。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

南西側から。手前は神田川です。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

その左手。神田川沿いに遊歩道が整備されています。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

遊歩道から見たA棟とB棟。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

西側から見たB棟。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

その左手。A棟。手前には公園ができます。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

周辺のビルと。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

西側から見たA棟。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

さらに遊歩道を北上すると淀橋があります。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

淀橋から見た神田川。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

その左手。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

北西側から見たA棟。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

その左手。東方面。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

北側から見たA棟。両棟とも2023年3月下旬に竣工する予定です。「(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目」の入居は2023年4月下旬を予定しています。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業A棟の建築計画のお知らせ

A棟の建築計画のお知らせです。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業B棟の建築計画のお知らせ

B棟の建築計画のお知らせです。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る