日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


WATERS takeshiba(mesm Tokyo, Autograph Collection)
ウォーターズ竹芝(メズム東京、オートグラフ コレクション)


2018年5月撮影

竹芝ウォーターフロント開発事業

2018年5月27日撮影。北東側から見た建設地。現地の作業工程によれば「土工事、鉄骨工事、鉄筋工事」を施工中です。中央左は浜離宮インターシティ(地上25階・高さ116.15m)。




竹芝ウォーターフロント開発事業

東側から。手前から奥にかけて、高層棟、劇場棟、駐車場棟が建設されます。




竹芝ウォーターフロント開発事業

その右手。




竹芝ウォーターフロント開発事業

左手。竹芝駅方面です。




竹芝ウォーターフロント開発事業

南東側から見た建設地。




竹芝ウォーターフロント開発事業

その右手。建設地東側には「ベイサイドホテル アジュール竹芝」(右/地上21階・高さ99.8m)と「ニューピア竹芝ノースタワー」(地上24階・高さ99.8m)が並んでいます。




竹芝ウォーターフロント開発事業

その左手。建設地南側の道路上にゆりかもめの高架橋があります。




竹芝ウォーターフロント開発事業

南側から見た建設地。




竹芝ウォーターフロント開発事業

ゆりかもめの高架橋に沿って建設地が連続しています。「竹芝ウォーターフロント開発計画本体工事(劇場棟他)」の労災保険関係成立票の事業の期間は2018年2月9日~2020年6月24日でした。劇場棟と駐車場棟は2018年2月頃に着工したものと思われます。




竹芝ウォーターフロント開発事業の建築計画のお知らせ

前回撮影時に122mだった高層棟の高さが120mになりました。 劇場棟と駐車場棟も変更されています。 このほか建築面積と延べ面積が修正され、未定だった劇場棟と駐車場棟の施工者は高層棟と同じ清水建設に決定しています。写真クリックで拡大画像を表示。




2017年2月撮影

竹芝ウォーターフロント開発事業

2017年10月24日撮影。南東側から見た建設地。




竹芝ウォーターフロント開発事業

現地の作業工程によれば山留工事を行っています。




竹芝ウォーターフロント開発事業

その右手の様子。




竹芝ウォーターフロント開発事業の建築計画のお知らせ

解体工事も進められています。「浜松町社宅・芝弥生会館等既存地下解体」の工期は2017年7月1日~2018年3月23日です。写真クリックで拡大画像を表示。




竹芝ウォーターフロント開発事業

東側から見た建設地。




竹芝ウォーターフロント開発事業

2017年6月で一時的に休止した「JR東日本アートセンター四季劇場[春]・[秋]」の解体工事も始まっていました。




竹芝ウォーターフロント開発事業

建設地の東側には「ニューピア竹芝ノースタワー」(左)や「ベイサイドホテル アジュール竹芝」が聳えています。




竹芝ウォーターフロント開発事業

「ニューピア竹芝ノースタワー」は地上24階・高さ99.8m、「ベイサイドホテル アジュール竹芝」は地上21階・高さ99.8mです。




竹芝ウォーターフロント開発事業

建設地南側を西に進んでいきます。




竹芝ウォーターフロント開発事業

建設地の南側には新交通システムゆりかもめの高架橋があります。




竹芝ウォーターフロント開発事業

解体中の「JR東日本アートセンター四季劇場[春]・[秋]」。




竹芝ウォーターフロント開発事業の建築計画のお知らせ

清水建設が手掛ける「JR東日本アートセンター四季劇場[春]・[秋]等解体工事」の工期は2017年7月1日~2018年6月16日です。「アートセンター四季劇場[春]・[秋]」(地上3階・地下1階)、「アートセンター四季劇場稽古場」(地上3階)、「新橋総合事務所」(地上6階)、「東京乗車券管理センター」(地上3階)が解体されています。写真クリックで拡大画像を表示。




竹芝ウォーターフロント開発事業

さらに西に進むと「劇団四季自由劇場」が現れました。この建物は存続します。




竹芝ウォーターフロント開発事業

その手前で「東京乗車券管理センター」が解体されていました。




竹芝ウォーターフロント開発事業の建築計画のお知らせ

前回撮影時(2017年2月26日)に未定だった高層棟の施工者が清水建設に決定しました。劇場棟と駐車場棟については未定のままです。写真クリックで拡大画像を表示。




2017年2月撮影

竹芝ウォーターフロント開発事業

2017年2月26日撮影。ゆりかもめ「竹芝駅」側から見た建設地。




竹芝ウォーターフロント開発事業

建設地の脇を「ゆりかもめ」の車両が走行します。




竹芝ウォーターフロント開発事業

建設地に接近しました。「シーサイドホテル芝弥生」の案内板がまだ残されています。




竹芝ウォーターフロント開発事業

東側から見た建設地。解体工事が進み「四季劇場」が見えるようになりました。




竹芝ウォーターフロント開発事業

左側のビルは「浜離宮インターシティ」(地上25階・高さ116.15m)です。




竹芝ウォーターフロント開発事業の建築計画のお知らせ

解体工事の工期は2016年6月1日~2017年6月15日。竹中工務店が進めています。写真クリックで拡大画像を表示。




竹芝ウォーターフロント開発事業

建設地南側の様子。




竹芝ウォーターフロント開発事業

「JR東日本アートセンター四季劇場[春]・[秋]」は2017年6月末まで公演を続けます。




竹芝ウォーターフロント開発事業

その後解体され、地上6階、地下1階、高さ46mの新劇場に生まれ変わります。




竹芝ウォーターフロント開発事業

現在の客席数は[春]が1255席、[秋]が907席です。




竹芝ウォーターフロント開発事業

四季劇場[春]では2017年5月28日まで「ライオンキング」を、四季劇場[秋]では2017年6月25日まで「ノートルダムの鐘」を上演しています。




竹芝ウォーターフロント開発事業の建築計画のお知らせ

高層棟の高さは122mです。写真クリックで拡大画像を表示。




2016年10月撮影

竹芝ウォーターフロント開発事業

2016年10月2日撮影。解体工事が行なわれていました。手前が「JR東日本浜松町社宅」(以下、浜松町社宅)、その右奥が「シーサイドホテル芝弥生」(以下、芝弥生会館)です。




竹芝ウォーターフロント開発事業

「浜松町社宅」は地上14階、塔屋2階、高さ40.00mでした。




竹芝ウォーターフロント開発事業

「芝弥生会館」は地上12階、塔屋2階、高さ42.70mでした。




竹芝ウォーターフロント開発事業

解体中の「浜松町社宅」と「芝弥生会館」。




竹芝ウォーターフロント開発事業

「JR東日本アートセンター四季劇場[春]・[秋]」は、2017年6月末まで公演を続けます。




竹芝ウォーターフロント開発事業

世界貿易センタービルから。矢印の建物が解体中の「芝弥生会館」です。その左下に「四季劇場」も少しだけ見えています。




竹芝ウォーターフロント開発事業

「浜松町社宅・芝弥生会館」の解体工事のお知らせ。 付属施設も含めて14棟が解体されます。 工事期間は2016年6月1日~2017年6月15日。 施工は竹中工務店です。 写真クリックで拡大画像を表示。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る