TOP建設中・計画中TOP東京都渋谷区


渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業


2020年7月撮影

渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

2020年7月12日撮影。北側から見たA街区です。手前に事務所と店舗で構成する地上39階、地下4階、高さ179.97mのA-1棟が出現します。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

上の写真は①の地点で撮影しています。なお、左下が北です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その左手。JR渋谷駅のホームがあります。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

右手。歩行者デッキが新設されています。こちらに進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

②の地点からA街区を見ています。現地の作業予定によればA街区では、山留工事、RC連壁工事、仮設工事、躯体工事を進めています。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その左手。「渋谷ストリーム」(地上35階・高さ179.95m)がそびえています。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

右手。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。デッキは建設途上です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

JR線沿いにあった道路は閉鎖され、建設地中央に仮設通路が設置されていました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その地図に加筆しています。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

③の地点から見たA街区の様子です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。こちらに進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

④の地点から見たA街区の様子。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。仮設通路入口。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

仮設通路を進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

⑤の地点に到着しました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

この左手に事務所と店舗で構成する地上15階、地下4階、高さ約90mのA-2棟が誕生します。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

仮設通路を進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

まもなく出口です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

仮設通路を抜けました。ここが⑥の地点です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

⑥は左上です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

⑥の地点からA街区方面を見ています。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

⑦の地点に移動しました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

⑦の地点に「日本キリスト教会 中渋谷教会」の移転先のC街区があります。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

C街区(中渋谷教会)の様子。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

新しい「中渋谷教会」は既に稼働しています。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その左手。ここはB街区です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

⑧の地点から見たB街区。B街区には、住宅・事務所・店舗・サービスアパートメントからなる地上29階、地下2階、高さ133.00mのB棟が建ちます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

左手。こちらに進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

⑨の地点に移動しました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

⑨の地点の様子です。現地の作業予定によればB街区では、旧中渋谷教会躯体解体や土留工事、地盤整備工事を進めています。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

左手。こちらに進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

⑩の地点に到着。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

⑩の地点のヘアピンカーブの様子です。ここには「ヤマハエレクトーンシティ」がありましたね。このあたりもB街区です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

坂道を下ります。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

坂から見た建設地の様子。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

さらに進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

この坂を下りると④の地点に戻ります。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

最後は⑪の地点に移動します。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

⑪の地点、JR渋谷駅の山手線ホームから見たA街区の様子です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

左手。A街区とB街区は、2023年11月末に竣工する予定です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

A街区の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

B街区の建築計画のお知らせ。こちらも前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。







2019年11月撮影

渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

2019年11月30日撮影。北西側から見たA街区。解体工事が進み歩道橋から見渡せるようになりました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

見えなかった「渋谷ストリーム」(地上35階・高さ179.95m)も全容を現していました。 なお、手前に見えるタワークレーンは本事業とは関係ありません。 JR埼京線ホーム移設工事用と思われます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

左にA-1棟(地上39階)、右奥にA-2棟(地上15階)が建ちます。 両棟とも低層部は商業施設、中高層部はオフィスとなります。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

少し東に移動しました。現地の工事予定によれば躯体解体工事や下水埋戻し工事を進めています。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

A-1棟の高さは179.97m(最高179.97m)。高さ179.95mの「渋谷ストリーム」とほぼ同じ高さの超高層ビルが誕生することになります。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

さらに東に進みました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

北側から見た建設地。手前はA街区。奥にB街区も見えています。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

拡大しました。 B棟は地上29階、高さ133.00m(最高133.00m)。 低層部が店舗、中層部がオフィスやサービスアパートメント、高層部が住宅約170戸になります。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

現地の完成イメージ。A街区とB街区は2023年11月の竣工を目指しています。なお、写真の右端に見えるC街区の教会(地上4階)は、一足早く2020年5月に完成する予定です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

A街区の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




2019年1月撮影

渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

2019年1月27日撮影。JR線沿いの道は車両通行止めとなっていました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

解体工事が始まった「ビレッジ101」。SRC造、地上9階、地下2階、1972年竣工。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。「ビレッジ101」と首都高速3号渋谷線の高架橋。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

★は上の写真の位置です。再開発事業では59棟が解体されます。「ビレッジ101」は1番の建物です。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

通行止のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業の解体工事のお知らせ

解体工事のお知らせ。工期は2018年12月27日~2020年7月31日です。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

仮囲いと内装解体が進められています。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

A街区の建築計画のお知らせ。2019年5月に着工します。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

解体中の「ビレッジ101」。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

解体中の「亀八ビル」。S造、地上8階、地下1階、1980年竣工。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

両ビルの間の道も閉鎖されていました。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

解体中の「第一カスヤビル」。RC造、地上8階、地下2階、1965年竣工。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。道路左側のビルが軒並み解体されます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

解体を待つビルたち。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

ここで玉川通りに架かる歩道橋から同じ場所を見ました。左が「第一カスヤビル」です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その左手。コカコーラの看板が付いた「第一カスヤビル」。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その左手。東進ハイスクールの看板が付いたビルが「ビレッジ101」。このあたりに地上39階、地下4階、高さ179.97m(最高179.97m)のA1棟が建ちます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その左手。渋谷駅と建設地を結ぶペデストリアンデッキの建設も始まっていました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

建設中のペデストリアンデッキ。玉川通りを跨ぎます。上は首都高速。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

先ほどの地点に戻ります。左下は「小林ビル」。中央は「富士商事ビル」。RC造、地上8階、1971年竣工。右は「フルキャストビル」。RC造、地上9階、地下2階、1992年竣工。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。レンガ色のビルは「カコー桜丘ビル」。SRC造、地上9階、地下1階、1983年竣工。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。中央は「サクラヤビル」。SRC造、地上6階、地下1階、1973年竣工。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その場所にあった案内。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

地図部分を拡大しました。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

廃道エリア全体図。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

建設地西側の道を進んでいきます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

ここで道路は二手に分かれていましたが、左側の道は消滅しています。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

坂道を上っていきます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

さらに上ります。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

正面に「ヤマハエレクトーンシティ」が姿を現します。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

「ヤマハエレクトーンシティ」。地図で見ると奥行きがあり、かなり大きな建物です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

振り返りました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。建設中の「渋谷スクランブルスクエア東棟」(地上47階・高さ約230m)と2018年9月に開業した「渋谷ストリーム」(地上35階・高さ179.95m)が聳えていました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

道路はヤマハエレクトーンシティの前でVの字に折り返し、左にカーブします。カーブ部分に「日本経済大学」の建物があります。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

このあたりに地上29階、地下2階、高さ133.00m(最高133.00m)のB棟が建ちます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

この建物は鹿島・戸田建設共同企業体の事務所として使われていました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。「中渋谷教会」があります。教会はC街区に移転します。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。低層の建物の解体が進んでいます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

B街区の建築計画のお知らせ。2020年5月に着工します。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

建設地に沿って進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

解体中の「山田コーポ」。RC造、地上5階、1976年竣工。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。こちらに進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

解体中の「シャレー渋谷B棟」。RC造、地上6階、1979年竣工。この付近がC街区です。4階建ての教会などが建ちます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

C街区の建築計画のお知らせ。2019年7月に着工します。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その先に2006年に竣工したツインマンション「パークアクシス渋谷桜丘SOUTH・WEST」(地上14階×2棟、賃貸125戸)があります。ここはさすがに再開発対象外です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

さらに進み左折するとふたたび仮囲いが現れます。ローソンが入っていた「林ビル」が解体されています。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

正面に「渋谷ストリーム」を見ながら進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

右側にも仮囲いが現れました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

解体中の「メイセイビル」。SRC造、地上6階、地下1階、1985年竣工。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

突き当りは通行止めです。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

通行止のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。JR渋谷駅のホームが見えます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

線路側から見た解体中の「興産信用金庫渋谷支店」。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その左手。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

線路側から見た「かぶ金とん」が入っていた建物。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。こちらに進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

左はA街区です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

右上方の様子。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

さらに進むと最初の地点に戻りました。

予定通り解体工事が始まりました。2023年11月には超高層ビルが並ぶ新しい街が誕生していることでしょう。




2018年10月撮影

渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

2018年10月29日撮影。JR渋谷駅の南側、玉川通りに架かる歩道橋から見た建設中の「渋谷スクランブルスクエア東棟」(地上47階・高さ229.706m)。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。街路の左側一帯がA街区です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

玉川通りに面して立つ「ビレッジ101」。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

そのビルに、ハロウィンのイラストが付いた建築計画のお知らせが掲示してありました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業(A街区)の建築計画のお知らせ

A街区の建築計画のお知らせ。高さは179.97m(最高179.97m)、TP(東京湾平均海面)+17.26mです。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

A街区A1棟建設地に立つ2つのビル。この間を進んでいきます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

A街区A1棟建設地の様子。ここに39階建て超高層ビルが建つとは今は想像もできません。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

突き当りに立つ「カコー桜丘ビル」。ここもA街区A1棟建設地です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

「店舗移転のお知らせ」が貼ってありました。このほかにも所々で移転のお知らせを見かけました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その左手。山手線の高架の向こうに、開業したばかりの「渋谷ストリーム」(地上35階・高さ179.95m)が聳えていました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その左手。A街区A1棟建設地の様子。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その左手。A街区A1棟建設地の様子。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

移動しました。建設中の「東急プラザ渋谷(道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業)」(地上18階・高さ103.31m)が見える位置です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。A街区A1棟建設地。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。茶色い「カコー桜丘ビル」と中央の白い「サクラヤビル」の間に「補助第18号線」が新設されます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。こちらは再開発対象外です。左側の道を進んでいきます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

このあたりはB街区になるようです。さらに進みます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

手前の機械式駐車場の右奥あたりがA街区A2棟の建設地です。地上15階、地下4階、高さ約90mのオフィスビルが建つものと思われます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

さらに進みます。このあたりは「補助第18号線」になります。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

「補助第18号線」になるあたり。右側の崖方面がB街区です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

「補助第18号線」建設地。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

「補助第18号線」建設地。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

「補助第18号線」建設地。この付近の道路上に、A街区とB街区を結ぶ「(仮称)さくらにぎわい広場」が造られます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

さらに進むとイラストが描かれた建物が現れます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

渋谷駅桜丘土木工事作業所と表示された建物に、A街区とB街区の建築計画のお知らせがありました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業(B街区)の建築計画のお知らせ

B街区の建築計画のお知らせ。高さは133.00m(最高133.00m)、TP+22.80mです。A街区より標高が5.54m高くなっています。このため建築基準法上は地上29階、地下2階ですが、「補助第18号線」レベルでは地上30階、地下1階となります。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

「補助第18号線」建設地。道路は右に曲がりながら、ゆるやかに上っていきます。しばらく進み右折し、さらに80mほど進むと…




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

「プレム桜丘ビル」(写真中央)があります。そこにB街区とC街区の建築計画のお知らせがありました。C街区の教会は、写真右側に少しだけ写っている「シャレー渋谷B棟」付近に建設されます。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業(C街区)の建築計画のお知らせ

C街区の建築計画のお知らせ。高さは17.00m、TP+28.44mです。標高はA街区より11.18m、B街区より5.64mほど高くなっています。写真クリックで拡大画像を表示。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

さらに進み、ここで右折します。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

左側は再開発対象外で、右側がB街区です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

さらに進むと右手にB街区の建築計画のお知らせがありました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その先に中渋谷教会があります。その先は日本経済大学です。このあたりが29階建てのB棟建設地です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

さらに進むと下り坂があります。中央は「ヤマハエレクトーンシティ」。このあたりもB街区です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

そこから反転し、下っていきます。左側は再開発対象外、右側がB街区です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その右手。古い瓦屋根の建物も残っています。ここはB街区です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

その上方。渋谷の新しい超高層ビルが並んでいました。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

さらに下っていきます。左側は再開発対象外です。




渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

まもなく最初の地点に戻ります。 2019年5月にA街区の新築工事から始まります。 同年7月にはC街区の工事がスタートし、2020年5月に4階建て教会が完成します。 同時にB街区が着工し、全ての工事は2023年11月に完了する予定です。


《渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業のトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る