TOP建設中・計画中TOP東京都港区


(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業


独立行政法人都市再生機構は、東京都港区愛宕1丁目に共同住宅、事務所、生活・商業支援施設、店舗、駐車場で構成する地上43階、地下2階、高さ約160mの超高層複合ビルを計画しています。 2023年12月の着工、2028年6月の竣工を目指しています。



位置図

(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

[環境影響調査計画書より引用]

超高層複合ビルはF地区に建ちます。 F地区の基盤整備(既存建物除却、整地、法面)は2022年4月~2023年11月、超高層棟建設は2023年12月~2028年6月に進め、同年10月に引き渡す予定です。

G地区には地上3階、高さ約15mの店舗や寺院を計画しています。 G地区の基盤整備(既存建物除却、整地、周辺道路の拡幅と整備、法面)は2028年1月~2031年1月に行い、2031年度の全体完成を予定しています。

UR都市機構の東日本都市再生本部と東日本賃貸住宅本部は2021年9月6日、入札前価格交渉方式のWTO一般競争入札を公告。 2022年4月18日に開札する予定です。



概要

計画名(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都港区愛宕1丁目
最寄駅東京メトロ日比谷線「神谷町」駅、同線「虎ノ門ヒルズ」駅
建築主独立行政法人都市再生機構 東日本都市再生本部
設 計
施 工
地区名F地区G地区合計
用 途共同住宅、事務所、生活・商業支援施設、店舗、駐車場店舗、寺院等
区域面積約0.5ha約0.1ha約0.6ha
敷地面積約2,910㎡約790㎡約3,700㎡
建築面積約1,500㎡約400㎡約1,900㎡
延床面積約55,000㎡約950㎡約55,950㎡
構 造
階 数地上43階、地下2階地上3階
高 さ約160m約15m
着 工2023年12月予定
(基盤整備2022年4月~2023年11月)
(基盤整備2028年1月~
2031年1月)
竣 工2028年6月予定2031年度予定
備 考 ◆建通新聞社2021年9月6日付記事は→こちら

最終更新日:2021年9月9日



地図

事業地まで東京メトロ日比谷線「神谷町駅」から徒歩5分、同線「虎ノ門ヒルズ駅」から徒歩6分ほどです。 事業地西側に愛宕神社があります。 また、南側には「愛宕グリーンヒルズフォレストタワー」(地上42階、高さ157.21m)がそびえています。 ほぼ同じ高さの施設が建つことになります。






ページの先頭へ戻る