TOP建設中・計画中TOP東京都港区


品川駅北周辺地区市街地再開発事業


品川駅北周辺地区市街地再開発準備組合は、JR高輪ゲートウェイ駅近く(東京都港区高輪2丁目及び港南2丁目)に下記施設を計画しています。

区画4-2B:地上25階、地下2階、高さ約115m、延べ面積26,600㎡、宿泊施設・店舗
区画4-2C:地上23階、地下2階、高さ約115m、延べ面積39,900㎡、事務所・住宅・店舗

事業協力者としてJR東日本と日鉄興和不動産が参画。 2023年度に本組合を設立し、2024年度に着工する予定で、4-2Cは2029年度、4-2Bは2031年度の竣工を目指しています。



完成イメージ

品川駅北周辺地区市街地再開発事業

[日刊建設工業新聞記事より引用]

西側から見ています。 奥に「品川開発プロジェクト((仮称)品川駅周辺地区開発事業)4街区」のツインビル(地上30階、高さ164m)が重なっています。 本事業の2棟のビルの間には約1,400㎡の広場を計画しています。 高輪ゲートウェイ駅周辺で出土した高輪築堤の信号機部分などを移築保存する方針です。



位置図

品川駅北周辺地区市街地再開発事業

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

事業地は国道15号線(第一京浜)に面した南北に細長い敷地です。 北側に区画4-2B、南側に区画4-2Cが設定されています。



概要

名 称品川駅北周辺地区市街地再開発事業
所在地東京都港区港区高輪2丁目、港南2丁目の一部
最寄駅JR「高輪ゲートウェイ」駅、都営浅草線・京急本線「泉岳寺」駅
建築主品川駅北周辺地区市街地再開発準備組合
設 計
施 工
敷地面積約6,500㎡(区域面積約0.7ヘクタール)
延床面積約66,500㎡
区画名区画4-2B区画4-2C
用 途ホテル、店舗オフィス、共同住宅、店舗
敷地面積約0.3ヘクタール約0.4ヘクタール
延床面積約26,600㎡約39,900㎡
階 数地上25階、地下2階地上23階、地下2階
高 さ約115m約115m
着 工2024年度予定2024年度予定
竣 工2031年度予定2029年度予定
備 考 ※事業協力者:JR東日本、日鉄興和不動産
※調査計画書作成業務:日本設計

◆日刊建設工業新聞2021年11月9日付記事は→こちら

最終更新日:2021年11月9日



地図

高輪ゲートウェイ駅とはデッキで接続する予定です。



2021年5月撮影

泉岳寺周辺地区市街地再開発事業

2021年5月4日撮影。高輪ゲートウェイ駅前から南側を見ています。




泉岳寺周辺地区市街地再開発事業

その右手。 赤い枠で示した範囲が「区画4-2C」になります。 既に「区画4-2C」では解体工事が進んでいます。 手前はJR東日本が推進する「品川開発プロジェクト4街区」です。 こちらには南棟が建ちます。




泉岳寺周辺地区市街地再開発事業

その右手。 赤い枠で示したビルが事業予定地に立つ建物です。 この歩行者デッキの突き当りには広場ができるようです。




泉岳寺周辺地区市街地再開発事業

その右手。 「ドウシシャ東京本店ビル」の手前までが事業地です。 こちら側は「区画4-2B」になりますね。 手前には「品川開発プロジェクト4街区北棟」が建ちます。 「品川駅北周辺地区市街地再開発事業」は、2024年度に着工する予定で、「4-2C」は2029年度、「4-2B」は2031年度の竣工を目指しています。


《品川開発プロジェクトについてはこちら》





ページの先頭へ戻る