TOP建設中・計画中TOP東京都新宿区


新宿駅西南口地区


京王電鉄とJR東日本は2022年4月13日、東京都新宿区西新宿1丁目及び渋谷区代々木2丁目各地内に位置する新宿駅西南口地区の開発計画の概要を発表しました。

北街区:地上19階、地下3階、高さ110m、延べ約141,500㎡、店舗・宿泊施設等
南街区:地上37階、地下6階、高さ225m、延べ約150,000㎡、店舗・事務所・宿泊施設等

設計は日建設計とJR東日本建築設計事務所が担当。 南街区の工期は2023~2028年度を予定。北街区は南街区の完成後に着工し、2040年代までに整備する予定です。



完成イメージ(西側から)

新宿駅西南口地区

[以下、2022年4月13日付ニュースリリース(PDF)より引用]

左側に新宿駅西口地区のビルも描かれています。 同地区では、小田急電鉄、東京地下鉄、東急不動産が地上48階、地下5階、高さ約260m、延べ面積約281,700㎡の超高層ビルを2029年度に完成させる予定です。(詳細はこちら)



完成イメージ(北西側から)

新宿駅西南口地区

北街区には現在、京王百貨店新宿店やルミネ新宿店ルミネ1があり、南街区にはJR新宿ビル、ヒューマックス南新宿ビル、東京南新宿ビルディング、ミヤコ新宿ビル、MSビルディング、新宿駅前サウスビル、新宿GSビル、新宿南口ビルなどが立地しています。

国家戦略特別区域会議のもとに設置された東京都都市再生分科会が2022年4月7日に開催され、本計画に関する都市計画手続きが開始されています。



位置図

新宿駅西南口地区

左が北です。 甲州街道を挟み北側が北街区、南側が南街区になります。 北街区は新宿区ですが、南街区は新宿区と渋谷区にまたがっています。 当サイトのリストでは新宿区に入れてあります。



概要

名 称新宿駅西南口地区
所在地東京都新宿区西新宿1丁目及び渋谷区代々木2丁目各地内
最寄駅新宿駅
建築主京王電鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社
設 計日建設計、JR東日本建築設計事務所
施 工
区域面積約1.9ha
用 途北街区南街区
用 途店舗、宿泊施設、駐車場等店舗、事務所、宿泊施設、駐車場等
敷地面積約16,300㎡約10,000㎡約6,300㎡
建築面積
延床面積約291,500㎡約141,500㎡約150,000㎡
容積対象面積約251,000㎡約125,000㎡約126,000㎡
構 造
階 数地上19階、地下3階地上37階、地上6階
高 さ110m225m
着工予定2023年度2023年度
竣工予定~2040年代~2040年代2028年度
備 考 ◆京王電鉄2022年4月13日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2022年4月15日



地図

矢印が示す東京南新宿ビルディングは南街区のほぼ中央に所在しています。



2022年4月撮影

新宿駅西南口地区

2022年4月9日撮影。 北街区に立地する京王百貨店新宿店です。 地下に京王線新宿駅があります。 2040年代には商業施設とホテルで構成する地上19階、地下3階、高さ110m、延べ面積約141,500㎡のビルに生まれ変わります。





ページの先頭へ戻る