TOP建設中・計画中INDEX東京都豊島区


(仮称)池袋西口プロジェクト


2022年8月撮影

(仮称)池袋西口プロジェクト

2022年8月14日撮影。池袋駅西口の駅ビル「東武百貨店 池袋店」です。建設地までは地下商店街も整備されています。




(仮称)池袋西口プロジェクト

南東側から見た建設地。既存建物の解体工事を進めていました。




(仮称)池袋西口プロジェクト

その右手。建設地東側。劇場通り。




(仮称)池袋西口プロジェクト

東側から見た建設地。解体工事のお知らせによると、解体工事の名称は「池袋西口共同ビル解体工事」です。規模はS造・SRC造・RC造、地上8階、地下3階でした。これには塔屋1階分を含むようです。




(仮称)池袋西口プロジェクト

北東側から。同ビルに入っていた「池袋マルイ」は1977年2月25日に開店し、2021年8月29日に閉店しています。営業期間は44年6か月ほどでした。




(仮称)池袋西口プロジェクト

その左手。建設地東側。劇場通り。




(仮称)池袋西口プロジェクト

右手。建設地北側。池袋谷原線。こちらに進みます。




(仮称)池袋西口プロジェクト

北側から見た建設地。清水建設が2021年10月1日~2022年9月30日の工期で解体工事を進めています。解体工事の事業主は三菱UFJ信託銀行でした。




(仮称)池袋西口プロジェクト

北西側から。現地の作業予定によると、1・2階躯体解体を進めています。地上部はまもなく完全に姿を消すようです。




(仮称)池袋西口プロジェクト

その左手。建設地北側、池袋駅方面。




(仮称)池袋西口プロジェクト

右手。建設地西側。




(仮称)池袋西口プロジェクト

建設地西側の様子です。




(仮称)池袋西口プロジェクト

南西側から見た建設地。ここに地上28階、地下4階、高さ140.124m、延べ面積41,816㎡の超高層ビルが出現します。低層部は店舗、中高層部はオフィスになるものと思われます。




(仮称)池袋西口プロジェクト

その左手。建設地西側。左の「ヴィクトリア池袋西口店」では完全閉店セール中でした。2022年8月31日をもって閉店するようです。




(仮称)池袋西口プロジェクト

右手。建設地南側の様子です。新ビルは2023年1月上旬に着工し、2025年12月下旬に竣工する予定です。




(仮称)池袋西口プロジェクトの建築計画のお知らせ

「(仮称)池袋西口プロジェクト」の建築計画のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。


《(仮称)池袋西口プロジェクトのトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る