TOP建設中・計画中INDEX東京都中央区


日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業


2020年12月撮影

日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

2020年12月6日撮影。 解体工事のお知らせ。 清水建設が2020年11月10日~2022年3月末の工期で既存建物等解体及び埋蔵文化財調査を進めます。 写真クリックで拡大画像を表示。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

右下が日本橋になります。 解体する建物は27棟です。 写真クリックで拡大画像を表示。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

中央通りから見た解体中の「日本橋西川ビル」(地上9階、地下3階、高さ46m、延べ面積25,205㎡)。 延べ面積は27棟中最大です。 なお、文中の解体建物の規模は「解体工事のお知らせ」の概要から抜粋しています。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

別角度から見た「日本橋西川ビル」。 このビルがある場所はC街区です。 完成イメージを見ると、ここには地上52階、地下5階、高さ約284mのビルの中層棟が建ちます。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その奥に地上20階、地下4階、高さ120.818mの「日本橋一丁目三井ビルディング」(コレド日本橋)があります。 中層棟の高さは同ビルとほぼ同じになりそうです。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その左手(北側)にユニークな形状の「日本橋御幸ビル」(地上13階、地下3階、高さ53m、延べ面積14,916㎡)があります。こちらは27棟中もっとも高いビルになります。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その左手に「野村証券本社旧館」(地上8階、地下2階、高さ34m、延べ面積8,063㎡)があります。 ここはA街区になります。 1930年(昭和5年)に竣工した歴史のある建物なので、改修および増築をして外観は保持します。 新ビルは地上4階、地下1階、高さ約32mを想定しています。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その左手。 日本橋です。 頭上を通る首都高速都心環状線の地下化事業も始まっています。 地下トンネルの完成が2035年で、高架橋を撤去し事業が完了するのが2040年の予定です。 20年後ですからまだまだ先の話ですね。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

日本橋の様子。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

日本橋川に架かっています。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その右手。新しい首都高速都心環状線はこのあたりを、シールド工法で掘られたトンネルで通過する予定です。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その右手。「野村証券本社旧館」です。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その右手。「日本橋御幸ビル」。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その右手。「日本橋西川ビル」と「日本橋一丁目三井ビルディング」(奥)です。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

「野村証券本社旧館」の前です。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その右手。C街区の様子。こちらに進みます。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

C街区の様子。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その右手。「日本橋御幸ビル」です。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その右手。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

昭和通り方面に進みます。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

C街区の様子。道路が閉鎖されていました。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その右手。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

左手。「第二江戸橋ビル」(地上11階、地下4階、高さ44m、延べ面積13,770㎡)です。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

「第二江戸橋ビル」側から見た「野村証券本社本館」(地上9階、地下5階、高さ38m、延べ面積19,145㎡)。 左奥に「野村証券本社旧館」が並んでいます。 本館は完全に解体され、西半分(写真左)がA街区、東半分(手前)がB街区になります。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その右手。「野村証券本社本館」の東端です。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その右手。 「野村証券本社別館」(地上9階、地下2階、高さ42m、延べ面積8,795㎡)があります。 B街区には店舗、住宅などからなる地上7階、地下2階、高さ約31mの建物が建つ予定です。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

東に進むと昭和通りに出ました。 中央は2014年に竣工した「日本橋ダイヤビルディング」(地上18階、地下1階、高さ89.9m、延べ面積30,029㎡)です。 右側の「日本橋郵便局」の前に歩道橋の一部が見えます。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

歩道橋から見た昭和通り。首都高速都心環状線の高架橋が見える場所(写真中央)に江戸橋があります。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その左手。 中央は「野村証券本社別館」です。 ここはB街区ですね。 ちなみに野村証券の本社事務所は、江東区豊洲に2020年3月に竣工した「豊洲ベイサイドクロスタワー」に一時的に移転しています。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その左手。C街区です。中央が「第二江戸橋ビル」、その左が「江戸橋ビル」(地上9階、地下5階、高さ47m、延べ面積19,203㎡)です。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

「第二江戸橋ビル」を東側から見ています。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その左手。「江戸橋ビル」です。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

C街区の様子。 左は「野村アセットマネジメント本社ビル」(地上10階、地下1階、高さ51m、延べ面積8,092㎡)、右は「第二江戸橋ビル」です。 前者は2002年竣工なので、築20年も経たずに消え去ることになりますね。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

その右手。「江戸橋ビル」(左)と「第二江戸橋ビル」。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

左手。 中央の「第二柳屋ビルディング」(地上8階、地下1階、高さ38m、延べ面積4,344㎡)までがC街区です。 その左側の「日鉄日本橋ビル」(地上18階、地下3階、高さ83.925m(最高91.66m)、延べ面積27,336㎡)は、2019年3月に竣工した最新のビルです。




日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

南東側から見たC街区。 2021年9月に着工し、2025年12月末に竣工する予定です。


《日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業のトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る