TOP建設中・計画中TOP東京都中央区


豊海地区第一種市街地再開発事業


豊海地区市街地再開発組合は、東京都中央区豊海町2丁目及び勝どき6丁目地内に地上53階、地下1階、総戸数2,077戸のツインタワーマンションを新設します。 参加組合員として三井不動産レジデンシャル、東急不動産、東京建物、野村不動産、三菱地所レジデンス、清水建設が参画。 特定業務代行者は清水建設。 東京都は2021年5月24日に権利変換計画を認可しました。 2021年9月に既存建物の解体に着手し、2023年1月に着工する予定で、2027年の竣工を目指しています。



断面イメージ図

豊海地区第一種市街地再開発事業

[以下3枚、2021年5月27日付ニュースリリース(PDF)より引用]

総戸数2,077戸の共同住宅のほか、店舗、区民館、診療所や保育所などを設けます。



配置図

豊海地区第一種市街地再開発事業

防潮堤を新設し防災性を向上させるほか、歩道状空地や広場も整備します。



位置図

豊海地区第一種市街地再開発事業

建設地は都営大江戸線「勝どき駅」から徒歩9分ほどの場所です。



概要

計画名豊海地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都中央区豊海町2丁目、勝どき6丁目
最寄駅都営大江戸線「勝どき」駅
建築主豊海地区市街地再開発組合
設 計基本設計:安井建築設計事務所
施 工
用 途住宅(2,077戸)、店舗、区民館、保育所
敷地面積約15,900㎡(区域面積:約2.0ha)
建築面積
延床面積約226,100㎡
構 造鉄筋コンクリート造、一部プレストレストコンクリート造
階 数地上53階、地下1階
高 さ最高189m
着 工2023年1月予定(解体工事着手:2021年9月予定)
竣 工2027年予定
備 考 [事業関係者]
事業コンサルタント…都市ぷろ計画事務所
参加組合員……………三井不動産レジデンシャル、東急不動産、東京建物
参加組合員……………野村不動産、三菱地所レジデンス、清水建設
特定業務代行者………清水建設

[これまでの経緯と事業スケジュール]
豊海地区再開発準備組合設立……2013年7月
都市計画決定告示…………………2017年8月
組合設立(事業計画)認可………2020年6月
権利変換計画認可…………………2021年5月
解体工事着工………………………2021年9月
建築工事着工………………………2023年1月(予定)
建物竣工……………………………2027年(予定)

◆東京都HPは→こちら
◆三井不動産レジデンシャル2021年5月27日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2021年5月28日



地図

勝どき駅周辺では巨大マンションの建設が活発ですね。



2016年12月撮影

豊海地区第一種市街地再開発事業

2016年12月31日撮影。電通本社ビルから建設地方面を見ています。




豊海地区第一種市街地再開発事業

印の場所に出現します。




豊海地区第一種市街地再開発事業

拡大しました。




豊海地区第一種市街地再開発事業

建設地には、豊海配送センター、東卸豊海住宅1~3号棟、警視庁勝どき庁舎、サンクタス東京セントラルベイなどがあります。





ページの先頭へ戻る