日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX大阪府大阪市中央区


淀屋橋駅東地区/淀屋橋駅西地区


大阪市は2019年5月30日、淀屋橋西地区(約1.7ha)と淀屋橋東地区(約0.5ha)の大阪都市計画案を公表しました。 淀屋橋駅地区の御堂筋を挟んで東地区に高さ150m、西地区に高さ135mの超高層ビルを計画しています。 容積率の最高限度を1600%とし、総延べ面積は約13万㎡を想定。 施工期間は2021年度~2024年度としています。

◆大阪市2019年5月30日付報道発表資料は→こちら



位置図

淀屋橋駅東地区/淀屋橋駅西地区

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

淀屋橋駅東地区では日本土地建物と京阪電気鉄道が高さ150mの超高層ビルを建設します。

淀屋橋駅西地区は、大和ハウス工業、住友商事、住友生命、関電不動産開発、ミズノ、白洋舎などが再開発組合を設立し、淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業として施工します。 こちらには高さ135mのビルが出現することになります。 なお、施工区域には土佐堀川に面した大川町公園も含まれ、改修されることになります。



概要

計画名淀屋橋駅東地区/淀屋橋駅西地区
所在地東地区:大阪府大阪市中央区北浜三丁目
西地区:大阪府大阪市中央区北浜四丁目
最寄駅大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋」駅、京阪本線「淀屋橋」駅
建築主東地区:日本土地建物、京阪電気鉄道
西地区:大和ハウス工業、住友商事、住友生命、関電不動産開発、ミズノ、白洋舎など
設 計
施 工
用 途オフィス、店舗、創業支援施設、貸会議室、イベント広場、屋上庭園
敷地面積東地区:3,900㎡/西地区:7,200㎡
建築面積東地区:―/西地区:4,700㎡
延床面積東地区:―/西地区:130,000㎡(2棟合計:200,000㎡)
構 造
基礎工法
階 数東地区:地上28階/西地区:地上28階
高 さ東地区:150m/西地区:135m(高さの最高限度)
着 工2021年度予定
竣 工2024年度予定

最終更新日:2019年6月3日



地図

矢印は淀屋橋駅西地区を示しています。 建設地は大阪市役所の南側です。 大阪メトロ御堂筋線・淀屋橋駅や京阪本線・淀屋橋駅(地下駅)とは地下で接続します。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告

ページの先頭へ戻る