TOP建設中・計画中INDEX大阪府大阪市浪速区


(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画


南海電鉄、双日、日本政策都市銀行の3社が設立した「なんば開発特定目的会社」は、大阪市浪速区難波中2丁目にオフィスや店舗、駐車場からなる地上14階、高さ58.35m、延べ面積19,685㎡の複合ビルを新設します。 設計は大成建設、施工は大成・南海辰村JV。 2020年11月に着工しました。 2023年1月に竣工する予定です。




(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

2020年8月15日撮影。 ヤマダ電機側から見ています。 手前半分がB敷地です。 奥半分のC敷地には「(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ」(地上9階、客室249室)が建ちます。



完成イメージ

(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

[以下3枚、南海電鉄2020年11月17日付ニュースリリース(PDF)より引用]

ニッピが所有する土地を南海電鉄が賃借したうえで、なんば開発特定目的会社が開発します。 低層部に172台を収容する自走式駐車場を設け、高層部に基準階貸室面積約960㎡(約290坪)のオフィスを配置します。 また、なんばパークスに繋がるペデストリアンデッキに接続する2階部分には店舗区画を設置します。



配置図

(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

(仮称)難波中二丁目開発計画では下記3施設が建ちます。

A敷地:地上34階、センタラ・ホテル&リゾートによるハイエンドホテル(515室)→こちら
B敷地:地上14階、オフィス、店舗、駐車場
C敷地:地上09階、ホテル京阪による「(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ」(249室)



全体完成イメージ

(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

A敷地は2023年3月、B敷地とC敷地は2023年1月に完成する予定です。



概要

名 称(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画
所在地大阪府大阪市浪速区難波中2丁目20番2(地番)
大阪府大阪市浪速区難波中2丁目(住居表示)
最寄駅難波駅
建築主なんば開発特定目的会社
設 計大成建設株式会社一級建築士事務所
施 工大成・南海辰村特定建設工事共同企業体
用 途事務所、店舗、駐車場
敷地面積2,505.78㎡
建築面積2,179.47㎡
延床面積19,685.39㎡
構 造鉄骨造
基礎工法
階 数地上14階、地下0階、塔屋1階
高 さ58.35m
着 工2020年11月
竣 工2023年1月10日予定
備 考 ◆南海電鉄2020年11月17日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2020年11月17日




地図

建設地は南海・難波駅の南側にある大規模複合施設「なんばパークス」の南側です。



2020年8月撮影

(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

2020年8月15日撮影。南東側から見た建設地。仮囲いの左半分がB敷地、右半分がC敷地になります。




(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

南側から見たB敷地。




(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

その右手。C敷地方面。 大成建設、関電不動産開発、南海電気鉄道の3社は2020年10月30日、C敷地をニッピから賃貸し共同で「(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ」(地上9階、客室249室)を開発することを発表しました。




(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ

[2020年10月30日付ニュースリリース(PDF)より引用]

上図は「(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ」の完成イメージおよび位置図です。 敷地面積は2,004.84㎡、建築面積は1,131.44㎡、延べ面積は9,337.07㎡になります。 2021年7月に着工し、2023年1月に竣工する予定なので、当ビルと同時期に完成することになりますね。




(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

B敷地の西側隣接地には「ヤマダ電機 LABI1 なんば」があります。




(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

「ヤマダ電機 LABI1 なんば」側にデッキが設置されています。




(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

デッキから見た建設地。南西側からなります。手前半分がB敷地、奥がC敷地です。左奥のA敷地では「センタラグランドホテル大阪」(地上34階・高さ141.56m)の建設が始まっています。




(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

西側から。 撮影時は埋蔵文化財発掘調査を進めていました。 2020年11月に着工し、2023年1月に竣工する予定です。


《センタラグランドホテル大阪についてはこちら》





ページの先頭へ戻る