日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


(仮称)南青山三丁目計画


三菱地所は東京都港区南青山3丁目に地上13階、地下1階、高さ59.99m(最高59.99m)、延べ面積15,000㎡の店舗付きオフィスビルを新設します。 設計は三菱地所設計。 2020年3月に着工し、2022年9月に完成する予定です。



(仮称)南青山三丁目計画

2019年9月15日撮影。西側から見た建設地。既存建物を解体中でした。



概要

計画名(仮称)南青山三丁目計画
所在地東京都港区南青山3-2-1(地番)
最寄駅東京メトロ銀座線「外苑前」駅
建築主三菱地所株式会社
設 計株式会社三菱地所設計
施 工
用 途事務所、店舗
敷地面積2,405.82㎡
建築面積1,350㎡
延床面積15,000㎡
構 造鉄骨造、鉄筋コンクリート造
基礎工法杭基礎
階 数地上13階、地下1階
高 さ59.99m(最高59.99m)
着 工2020年3月2日予定
竣 工2022年9月30日予定

最終更新日:2019年9月17日



地図

建設地へは東京メトロ銀座線「外苑前駅」から徒歩4分、東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」から徒歩7分ほどです。



2019年9月撮影

(仮称)南青山三丁目計画

2019年9月15日撮影。 青山通りと外苑西通りがクロスする南青山三丁目交差点。 その北側の青山ベルコモンズ跡地では「(仮称)北青山二丁目計画」が進行中です。 三菱地所が全額出資する第6メック都市開発が事務所、ホテル、店舗で構成する複合ビルを整備します。 規模は地上20階、地下2階、高さ89.90m(最高84.60m)です。




(仮称)南青山三丁目計画

「(仮称)北青山二丁目計画」側から交差点の南面を見ています。 左は「SPLINE 青山東急ビル」です。




(仮称)南青山三丁目計画

その隣りに細長い「青山丸竹ビル」があり、その隣接地で「ピーコックストア青山店」が入っていた「五光ビル」の解体工事が始まっています。




(仮称)南青山三丁目計画

西側から見た建設地。現地の解体工事のお知らせによれば、三井住友建設が五光ビル(地上10階)、倉庫(地上3階)、機械式駐車場の3棟を解体しています。




(仮称)南青山三丁目計画

その左手。青山通り、外苑前駅方面。




(仮称)南青山三丁目計画

右手。表参道駅方面。




(仮称)南青山三丁目計画

南西側から見た建設地。解体工事の工期は2019年6月6日~2020年2月5日です。




(仮称)南青山三丁目計画

その右手。中央が「NBF南青山ビル」、その右が「エイベックスビル」です。




(仮称)南青山三丁目計画

エイベックスビル。地上18階、地下2階、高さ101.459m、2017年10月竣工。




(仮称)南青山三丁目計画

建設地前の様子。バス停「南青山三丁目交差点」があります。




(仮称)南青山三丁目計画の建築計画のお知らせ

高さは59.99m(最高59.99m)です。施工は三井住友建設でしょうか。2020年3月初めに着工し、2022年9月末に完成する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告

ページの先頭へ戻る