TOP建設中・計画中TOP東京都新宿区


歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)


東急レクリエーションと東急は、東京都新宿区歌舞伎町1丁目にホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場などで構成する地上48階、地下5階、高さ225m、延べ面積87,208㎡の超高層ビルを新設します。 設計は久米設計・東急設計コンサルタントJV、施工は清水建設・東急建設JV。 ホテルの運営は東急ホテルズが担当します。 2023年1月に竣工する予定です。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

2021年9月5日撮影



完成イメージ

[以下3枚、国土交通省2019年5月31日付報道発表資料より引用]

高さ130.25mの「新宿東宝ビル」(ホテルグレイスリー新宿)を大幅に上回り、歌舞伎町地区では最も高いビルになります。

国土交通省は2019年5月31日、都市再生特別措置法の規定に基づき、同年5月8日付けで東急電鉄と東急レクリエーションから申請のあった民間都市再生事業計画(歌舞伎町一丁目地区開発計画)について認定しました。



断面イメージ

地下1階~地下4階に(株)TSTエンタテイメントが運営するライブホール、地上8階~11階には同じく(株)TSTエンタテイメントが運営する劇場、12階~15階に(株)東急レクリエーションが運営する映画館、17階~47階に(株)東急ホテルズが運営するホテルを配置しています。

なお、(株)TSTエンタテイメントは、「歌舞伎町一丁目地区開発計画」における、エンターテイメント施設の企画・運営を目的として、(株)東急レクリエーション、(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント、(株)東急の3社が設立した合弁会社です。



位置図

建設地は2014年末に閉館した映画館「新宿TOKYU MILANO」(新宿ミラノ座)や「グリーンプラザ新宿」の跡地などです。



概要

計画名(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)
所在地東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1ほか(地番)
東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番(住居表示)
最寄駅西武「西武新宿」駅 徒歩2分、JR「新宿」駅東口 徒歩7分
建築主東京急行電鉄株式会社、株式会社東急レクリエーション
設計・監理久米設計・東急設計コンサルタントJV(建物外装デザイナー:永山祐子氏)
施 工清水建設・東急建設JV
用 途ホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場など
敷地面積4,603.74㎡(事業区域面積:11,433.74㎡)
建築面積3,171.05㎡
延床面積87,208.30㎡
構 造鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法直接基礎
階 数地上48階、地下5階、塔屋1階
高 さ225m
着 工2019年8月
竣 工2023年1月11日予定
備 考 ◆東京急行電鉄2019年8月5日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆国土交通省2019年5月31日付報道発表資料は→こちら

最終更新日:2021年9月19日



地図

「新宿TOKYU MILANO」跡地に期間限定で2017年7月にオープンした娯楽施設「VR ZONE SHINJUKU」(VRゾーン新宿)は、2019年3月31日をもって営業を終了しています。



2021年9月撮影

歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

2021年9月5日撮影。JR新宿駅付近から見ています。かなり高くなっていました。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

もう少し高くなりそうです。左の建物は・・・




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

西武新宿駅(地上25階、高さ94m)です。 低層部にファッション専門店「西武新宿ペペ」、高層部に「新宿プリンスホテル」が入っています。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

西武新宿駅前から。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

拡大しました。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

南西側から。 地下1階~地下4階には最大約1,500人を収容するライブホールが誕生します。 運営は(株)TSTエンタテイメントが担当。 同社は、(株)東急レクリエーション、(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント、(株)東急の3社が設立しています。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

西側から。 低層部にはラウンジや店舗などが入ります。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

北西側から。 8~11階は、幅広い演目に対応可能なプロセニア形式の劇場(約850席)になります。 こちらも運営は(株)TSTエンタテイメントが担当します。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

その右手。建設地西側。西武新宿駅方面。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

左手。建設地北側の様子。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

北側から。 13~15階には(株)東急リクリエーションが運営する映画館(約8スクリーン)が入居します。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

北東側から。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

その左手。左は「アパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉」(地上28階、高さ90.5m)です。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

建設地東側の様子。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

東側から。 17~47階は(株)東急ホテルズが運営するホテルとなります。 アートや音楽といった街の文化を織り込んだ客室を計画しています。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

シネシティ広場を挟んだ東側には「新宿東宝ビル」(地上30階、高さ130.25m)が立っています。 同ビルは、1~2階が店舗、3~7階が「TOHOシネマズ新宿」、8~30階が「ホテルグレイスリー新宿」(客室970室)です。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

「新宿東宝ビル」前から。手前はシネシティ広場です。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

左から、

(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画・・・・・・・・・・・・地上48階
アパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉・・・・・・・・・・・地上28階
ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町・・・・・・・・地上_7階
新宿東宝ビル(ホテルグレイスリー新宿)・・・・・・地上30階




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

南東側から。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

南側から。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

少し離れて。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

JR線の西側に移動しました。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

離れた場所の方が高さを実感できますね。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

職安通りからです。北西側からになります。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)

北側から。2023年1月に竣工する予定です。




歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)の建築計画のお知らせ

「歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)」の建築計画のお知らせ。延べ面積が修正されていました。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る