TOP建設中・計画中TOP東京都新宿区


歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)


2021年4月撮影

(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

2021年4月11日撮影。北西側からJR新宿駅を見ています。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その反対方面。建設中の「歌舞伎町一丁目地区開発計画」のビルが確認できました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

新宿大ガード東交差点付近から。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

左は「新宿プリンスホテル」(地上25階、高さ94m)です。 地下2階~地上8階にはファッション専門店「西武新宿ペペ」が入り、2階には西武新宿駅もあります。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

JR新宿駅からは若干距離がありますが、西武新宿駅からはすぐです。南西側から見ています。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

西側から。24階くらいまで立ち上がっているでしょうか。48階まで成長します。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北西側から。 地下1階~地下4階には最大約1,500人を収容するライブホールを設けます。 運営する(株)TSTエンタテイメントは、(株)東急レクリエーション、(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント、(株)東急の3社が設立しています。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

地上部の低層部にはラウンジや店舗などを配置します。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北側から。こちら側はガラスの取り付けも進んでいます。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北東側から。8~11階には、(株)TSTエンタテイメントが運営する約850席の劇場を設けます。幅広い演目に対応可能なプロセニア形式とするそうです。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

「アパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉」(地上28階、高さ90.5m)は至近距離に立ちます。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

東側から。右上はアパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

建設地東側にはシネシティ広場があり、その向こうにゴジラが牙を剥く「新宿東宝ビル」(地上30階、高さ130.25m)がそびえています。 同ビルは、1~2階が店舗、3~7階が「TOHOシネマズ新宿」、8~30階が「ホテルグレイスリー新宿」(客室970室)です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北東側から。本題のビルにも(株)東急リクリエーションが運営する映画館を設けます。13~15階に約8スクリーンを設置する予定です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

南側から。 17~47階は(株)東急ホテルズが運営するホテルとなります。 地上100メートルを超える位置にルーフトップを設け、高層階にはアートや音楽といった街の文化を織り込んだ客室などを整備するそうです。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)の建築計画のお知らせ

「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」の建築計画のお知らせ。 前回撮影時に2022年8月31日だった完了予定が2023年1月11日に先延ばしされていました。 建築面積と延べ面積も修正されています。 写真クリックで拡大画像を表示。







2020年6月撮影

(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

2020年6月7日撮影。 ゴジラの絵が印象的な「新宿東宝ビル」。 東宝が「コマ劇場」跡地に新設した地上30階、高さ130.25mの超高層複合ビルです。 1~2階に店舗、3~7階に「TOHOシネマズ新宿」、8~30階に「ホテルグレイスリー新宿」(客室970室)を配置しています。 商業施設とシネコンは2015年4月17日に、ホテルは同4月24日に開業しました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

シネシティ広場を挟んだ向かい側が建設地です。東側から見ています。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

建設地東側の仮囲いには絵が描かれていました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その右手。2015年9月3日に開業した「アパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉」がそびえています。規模は地上28階、地下1階、高さ90.5m、客室620室です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北東側から見た建設地。現場事務所は敷地北東側に設置されていました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北側から。地下5階まであるので躯体が立ち上がるまで時間がかかりそうですね。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北西側から。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その左手。建設地北側。花道通りです。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

右側。西武駅前通り。こちらに進みます。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

西側から。ここにホテル、シネコン、劇場、店舗、ライブホールを備えた地上48階、高さ225mの超高層ビルが出現します。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

南西側から。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その左手。「東京都健康プラザハイジア」があります。規模は地上18階、地下4階、高さ81.5m。「大久保病院」を併設しています。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

建設地南側は路地です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

2022年8月末に竣工する予定です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)の建築計画のお知らせ

前回撮影時と比較すると建築面積と延べ面積が修正されたほか、東京急行電鉄が東急に変更されています。 「東京急行電鉄株式会社」は2019年9月2日に「東急株式会社」に社名変更しましたね。 写真クリックで拡大画像を表示。







2019年8月撮影

(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

2019年8月12日撮影。歌舞伎町のシネシティ広場から見た建設地。東側からです。前回撮影時にあった体験型エンターテインメント施設「VRゾーン新宿」は姿を消し、重機が稼働していました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

現地の作業予定によれば地中障害撤去や単杭打設工事が進めています。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その右手。 「アパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉」があります。 地上28階、地下1階、高さ90.5m、客室620室。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その右手。 ゴジラが描かれた新宿東宝ビルがそびえています。 地上30階、地下1階、高さ130.25m。 1~2階が店舗、3~7階がTOHOシネマズ新宿、8~30階がホテルグレイスリー新宿(客室970室)です。 歌舞伎町一丁目地区開発計画でもホテルが設置されるので、高層ホテルが並ぶことになりますね。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北東側から。こちら側にはかつて、ゲームセンターや飲食店が入っていた4階建ての「新宿TOKYU MILANO 新館」がありました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その左手。建設地東側。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

右手。建設地北側。花道通りです。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その右手。「東京都健康プラザハイジア」と「大久保病院」の複合ビルがあります。規模は地上18階、地下4階、高さ81.5m。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北側から見た建設地。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その左手。「アパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉」。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その左手。花道通り。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

右手。こちらに進みます。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

南東側から。こちら側にはかつて、カプセルホテル(593室)、スパ、サウナ、飲食店などを備えた10階建ての「グリーンプラザ新宿」がありました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その左手。花道通り。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

右手。西武駅前通りです。こちら側の1階に空港連絡バスの乗降場が整備されます。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

西側から見た建設地。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

南西側から。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

南側から。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

南東側から。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その右手。2022年8月に完成する予定です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)の建築計画のお知らせ

前回撮影時に未定だった施工者は、清水・東急建設共同企業体に決定していました。写真クリックで拡大画像を表示。




2018年12月撮影

(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

2018年12月9日撮影。久々の新宿・歌舞伎町。建設地東側は広場になっていました。「シネシティ広場」と呼ぶようです。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

「新宿TOKYU MILANO 本館」の跡地には体験型エンターテインメント施設「VRゾーン新宿」が建ち、賑わっていました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

振り返るとゴジラが牙を剥いていました。 2015年4月に開業した「新宿東宝ビル」は地上30階、地下1階、高さ130.25m。 1~2階が店舗、3~7階が「TOHOシネマズ新宿」、8~30階が「ホテルグレイスリー新宿」(客室970室)です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

南東側から見た「VRゾーン新宿」。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

数年だけの営業とはもったいないですね。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その右手。「新宿TOKYU MILANO 新館」の跡地は駐車場として使われていました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)の建築計画のお知らせ

一角に「建築計画のお知らせ」がありました。 地上48階、地下5階、高さ225mです。 写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北西側から見た建設地。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北側から。ここに「新宿TOKYU MILANO 新館」と「グリーンプラザ新宿」が左右に並んでいました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その左手。 「アパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉」があります。 同ホテルは地上28階、地下1階、高さ90.5m、客室620室。 2015年9月に開業しています。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

右手。花道通りです。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北西側から。こちら側に「グリーンプラザ新宿」がありました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)の建築計画のお知らせ

その一角に「解体工事のお知らせ」がありました。 工事の名称は「旧ホテルグリーンプラザ新宿地下解体工事」。 工期は2019年1月4日~2020年1月31日です。 駐車場は来年早々に閉鎖されるようです。 写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

建設地西側の様子。西武駅前通りです。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

駐車場の向こうに「アパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉」が全貌を現していました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

南東側から見た建設地。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

建設地南側の様子。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

これで一周しました。新ビルは2022年8月に完成する予定です。


《歌舞伎町一丁目地区開発計画のトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る