TOP建設中・計画中TOP東京都千代田区


常盤橋タワー


2020年12月撮影

常盤橋タワー

2020年12月6日撮影。




2020年5月撮影

東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

2020年5月24日撮影。南西側から見ています。まもなく上棟するようです。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

その左手。 右側のテントがある場所で変電所棟(C棟)の工事を進めています。 変電所棟は地下4階。 地下変電所が主体となります。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

その左手。 地上63階、地下4階、高さ約390mのTorch Tower(B棟)建設地です。 まだ、朝日生命大手町ビル(地上29階・高さ119m)と日本ビル(地上14階・高さ51.4m)は健在です。 常盤橋タワー(A棟)竣工後に両ビルは解体されることになります。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

南側から見た常盤橋タワー。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

南西側から。手前は呉服橋交差点です。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

その左手。永代通り、大手町方面。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

右手。外堀通り、一石橋方面。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

少し離れて。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

東側から。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

北東側から。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

北側から。こちら側は角ばっています。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

北西側から。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

その右手。 「日本ビル」の北側の一部は解体済みで、その跡地に下水道局棟(D棟)を建設しています。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

その右手。 地上9階、地下3階、高さ約53mの下水道局棟は、まだ姿を見せていません。 地下が下水ポンプ場、地上部がオフィスとなります。




東京駅前常盤橋プロジェクトの建築計画のお知らせ

全体の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。常盤橋タワーは2021年6月末に竣工する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。







2020年2月撮影

東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

2020年2月1日撮影。南西側から見たA棟。22階前後まで到達しているようです




東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

南側から。




東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

低層部の様子。地下1階で地下鉄のコンコースと直結します。




東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

南東側から。1階にオフィスエントランス、2階にオフィスロビーやテラスが設けられるほか、地下1階~地上2階には店舗も入ります。




東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

少し離れて。




東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

接近し見上げました。




東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

東側から。 3階と8階はオフィスサポートフロアです。 3階にカフェテリア、8階にラウンジや会議室などが配置されます。4~7階は機械室です。 9~37階がオフィスフロアになり、38階には機械室が置かれます。




東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

北東側から。オフィスフロアの基準階面積は約2,580㎡(約780坪)、基準階天井高は2,850mmを確保します。




東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

北側から。2020年2月6日現在、古川電工の本社の入居が明らかになっています。2021年6~7月頃に移転する予定です。




東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

手前の首都高速都心環状線は地下化される予定です。




東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

北西側から。




東京駅前常盤橋プロジェクト/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

西側から。A棟は2021年4月に竣工する予定です。




2019年3月撮影

東京駅前常盤橋プロジェクト A棟/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟

2019年3月2日撮影。南西側から見たA棟建設地。重機が稼働しています。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟

その左手。 「朝日生命大手町ビル」(地上29階・高さ119m)と「日本ビル」(地上14階・高さ51.4m)は健在です。 この跡地に高さ390mのB棟が誕生します。 A棟竣工後に両ビルは解体されることになります。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟

南東側から見たA棟建設地。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟

東側から。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟

北東側から。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟の建築計画のお知らせ

全体の建築計画のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。




東京駅前常盤橋プロジェクト A棟/大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟の建築計画のお知らせ

各棟の詳細。A棟は2021年4月末に竣工する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。




2018年9月撮影

2018年9月16日撮影。 JR東京駅日本橋口前。 「朝日生命大手町ビル」(地上29階・高さ119m)と「日本ビル」(地上14階・高さ51.4m)。 「日本ビル」にはパソナグループが入り、パソナグループ本部ビル「Job-Hubスクエア」と呼ばれています。 「A棟」完成後にパソナグループは「A棟」に移転するものと思われます。 その後、2022年度に2棟のビルの解体工事が始まり、2027年度には地上61階、高さ390mの超高層ビル「B棟」が聳え立つことになります。




その右手。 手前がC棟、奥がA棟の建設地です。 C棟は地上1階、地下4階です。 用途は店舗、変電所、駐車場など。 ほとんどが地下の工事なので工事用テントで覆われています。




その間の通路は通り抜けできます。




仮囲いが「常盤橋ゴジラギャラリー」と化していました。




大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

その中の1枚。江戸時代の常盤橋地区です。写真クリックで拡大画像を表示。




「常盤橋ゴジラギャラリー」は続きます。




大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

その中の1枚。1960年代の常盤橋地区です。写真クリックで拡大画像を表示。




まだまだ続きます。




大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

終了地点付近の1枚。2027年度の常盤橋地区です。写真クリックで拡大画像を表示。




左がA棟(地上40階・高さ212m)、右がB棟(地上61階・高さ390m)です。高さ390mの巨大ビルと並ぶと、高さ200mを超す超高層ビルも子供みたいですね。




C棟地上部は大規模広場となります。




終了地点付近のもう1枚。




北から見たA棟・C棟建設地の様子。




その右手。D棟(地上9階・高さ65m)建設地。D棟は2017年4月に着工しています。




D棟は事務所、下水ポンプ場、駐車場などで構成。2021年12月末に完成する予定です。




その左手。「日本ビル」(パソナグループ本部ビル「Job-Hubスクエア」)。




その左手。A棟建設地。




その左手。常盤橋。その上空は首都高速都心環状線。




日本橋川と常盤橋(右)。




日本橋川とA棟建設地。




北東側から見たA棟建設地。




東側から見たA棟建設地。現地の作業予定によれば地中障害撤去工事を進めています。




南東側から見たA棟建設地。




南側から見たA棟建設地。A棟は2021年4月末に完成する予定です。




大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

全体の建築計画のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。




大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

各棟の詳細。写真クリックで拡大画像を表示。




2018年1月撮影

東京駅側(南)から見ています。「旧JXビル」(地上20階・高さ84m)と「大和呉服橋ビル」(地上9階・高さ38.5m)は姿を消していました。ここにA棟(地上40階・高さ212m)が建設されます。




南東側から見たA棟建設地。




北東側から見たA棟建設地。奥は東京駅付近の超高層ビル群です。




北側から見たA棟建設地。




A棟建設地とB棟建設地の間は通行できます。




大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

建築計画のお知らせ。事業全体の標識なので高さは地上61階、地下5階です。写真クリックで拡大画像を表示。




大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

各棟の詳細です。写真クリックで拡大画像を表示。


《常盤橋タワーのトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る