TOP建設中・計画中TOP東京都中央区


KABUTO ONE(カブトワン)


2021年2月撮影

KABUTO ONE

2021年2月21日撮影。永代通りを日本橋方面から進むと、左手に姿を見せます。




KABUTO ONE

南西側から。外観はほぼ完成しています。




KABUTO ONE

南側から。現地の作業予定によると、地上躯体工事、鉄骨工事、内装工事、地下躯体工事、外装工事、外構工事を進めています。




KABUTO ONE

南東側から。地下2階に機械室、地下1階に駐車場と店舗、1階に3層吹き抜けのアトリウム(エントランス)と店舗、2階にオフィスエントランスとオフィス、3階にライブラリーラウンジ、4~5階にホールを配置します。




KABUTO ONE

東側から。5階と6階の間に中間免震層を設置し、6~15階にオフィスを設けます。




KABUTO ONE

その低層部。




KABUTO ONE

日本経済新聞社グループの金融情報サービス会社「(株)QUICK」は、2021年夏ごろをめどに本社を当ビルの2階及び12~15階に移転する予定です。




KABUTO ONE

コワーキングスペースを提供する「WeWork KABUTO ONE」は、2021年10月にオープンする予定です。 コワーキングスペースを設けるのが最近のはやりですね。




KABUTO ONE

北東側から。2021年8月に建物地上部分および駐車場が竣工する予定です。




KABUTO ONE

北側から。 2022年6月には東京メトロ「茅場町駅」との接続通路が開通するとともに、建物地下1階部分を含めた全体建物の仮使用を開始。




KABUTO ONE

北西側から。2023年2月に仮使用を終え、全体が完成する予定です。




KABUTO ONEの建築計画のお知らせ

「KABUTO ONE」の建築計画のお知らせ。 前回撮影時に2021年6月30日だった地上部の完了予定が2021年8月24日に変更されていました。 全体の完了予定に変更はありません。 写真クリックで拡大画像を表示。







2020年5月撮影

KABUTO ONE

2020年5月24日撮影。南西側から見た建設地。躯体が立ち上がり始めていました。




KABUTO ONE

南側から。手前は永代通りです。




KABUTO ONE

南東側から。手前は茅場町交差点です。この直下に東西線「茅場町駅」があります。




KABUTO ONE

その左手。永代通り、日本橋方面。




KABUTO ONE

右手。平成通り、東京証券取引所方面。こちらに進みます。




KABUTO ONE

東面の様子です。




KABUTO ONE

東側から。




KABUTO ONE

北東側から。地上部は2021年6月20日、全体は2023年2月28日に完成する予定です。




KABUTO ONEの建築計画のお知らせ

前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




2019年5月撮影

KABUTO ONE(カブトワン)

2019年5月26日撮影。南西側から見た建設地。




KABUTO ONE(カブトワン)

その右手。建設地南側は永代通りです。




KABUTO ONE(カブトワン)

南側から。地下1階と地上1階には飲食店舗などが整備されます。




KABUTO ONE(カブトワン)

南東側から。2階にオフィスエントランスやオフィスが設けられます。




KABUTO ONE(カブトワン)

その左手。東京駅方面。




KABUTO ONE(カブトワン)

右手。建設地東側。




KABUTO ONE(カブトワン)

現地の作業予定によれば解体工事や山留工事を進めています。




KABUTO ONE(カブトワン)

東側から。3階には投資家と企業との対話交流促進拠点となるライブラリー・ラウンジが入ります。




KABUTO ONE(カブトワン)

北東側から。4階には株主総会・IR 説明会などに対応するホール(約460㎡、天井高約8m、500人規模)やカンファレンスが整備されます。




KABUTO ONE(カブトワン)

その右手。建設地北側。




KABUTO ONE(カブトワン)

そこから北に60メートルほどの場所に東京証券取引所があります。




KABUTO ONE(カブトワン)

北側から。6~15階には茅場町駅エリア最大級となる約1,898㎡(約574坪)の基準階専有面積を持つオフィスが誕生します。




KABUTO ONE(カブトワン)

北西側から。5階と6階の間に免震装置を設置した中間層免震構造を採用。地震などの揺れを低減します。




KABUTO ONE(カブトワン)

建設地西側の様子。




KABUTO ONE(カブトワン)の建築計画のお知らせ

「区道廃止のお知らせ」がありました。写真クリックで拡大画像を表示。




KABUTO ONE(カブトワン)の建築計画のお知らせ

「日比谷線・東西線 茅場町駅 出入口閉鎖のお知らせ」。11番出入口が工事に伴い2018年6月11日から2020年6月30日まで閉鎖となります。写真クリックで拡大画像を表示。




KABUTO ONE(カブトワン)の建築計画のお知らせ

前回撮影時に「(仮称)日本橋兜町7地区開発計画」だった建築物の名称が「KABUTO ONE」に変更されていました。 名称部分が変更されるのは珍しいですね。 このほか、着工予定が「2019年3月1日」から「2019年5月1日」になり、完了予定は「2021年3月31日」から「地上部2021年6月30日、全体2023年2月28日」と細分化されています。 未定だった施工者は大林組に決定しました。 写真クリックで拡大画像を表示。




2018年9月撮影

(仮称)日本橋兜町7地区開発計画

2018年9月16日撮影。東京証券取引所。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画

そこから60メートルほど南に建設地があります。北東側から見ています。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画

北西側から。手前では大林組が「田中鉱業ビル他地下解体工事」を施工中です。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画の建築計画のお知らせ

解体工事のお知らせ。9棟の地下が解体されていることがわかります。工期は2018年6月1日~2018年12月31日。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画

建設地西側の様子。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画

敷地北側ではこちらも大林組が「山種ビル解体工事」を施工中です。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画の建築計画のお知らせ

解体工事のお知らせ。地上9階、地下3階の山種ビルは、2018年6月1日~2019年3月31日の工期で解体されます。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画

「田中鉱業ビル他地下解体工事」と「山種ビル解体工事」の間の道路。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画の建築計画のお知らせ

この道路は9月20日に廃道になります。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画

永代通り(南西側)から見た「山種ビル解体工事」の様子。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画

南東側から。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画

東側から見た廃道になる道路。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画

その右手。「田中鉱業ビル他地下解体工事」の様子。2019年3月に着工し、2021年3月に完成する予定です。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画の建築計画のお知らせ

施工者は未定ですが、大林組でしょうね。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)日本橋兜町7地区開発計画の建築計画のお知らせ

最後は、街角で見かけた「兜町歴史地図」です。建設地を赤で加筆しています。写真クリックで拡大画像を表示。


《KABUTO ONEのトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る