TOP建設中・計画中TOP東京都千代田区


みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラス


2020年6月撮影

(仮称)丸の内1-3計画

2020年6月7日撮影。北西側から見たタワー棟。外観はほぼ完成していました。




(仮称)丸の内1-3計画

西側から。手前は「日比谷通り」です。




(仮称)丸の内1-3計画

南西側から。タワー棟西側は一部が突き出しています。




(仮称)丸の内1-3計画

突き出た部分です。




(仮称)丸の内1-3計画

少し離れました。「江戸城 和田倉門」付近からです。




(仮称)丸の内1-3計画

周囲はビルが林立しています。




(仮称)丸の内1-3計画

その右手。




(仮称)丸の内1-3計画

タワー棟南面の様子です。




(仮称)丸の内1-3計画

南側から。手前は「丸の内1st」という街路です。




(仮称)丸の内1-3計画

南東側から。




(仮称)丸の内1-3計画

その右手。「日本工業倶楽部会館・三菱UFJ信託銀行本店ビル」(地上30階・高さ148.4m)があります。




(仮称)丸の内1-3計画

両棟の間は「丸の内仲通り」です。




(仮称)丸の内1-3計画

タワー棟東面の様子。




(仮称)丸の内1-3計画

その北側にアネックス棟があります。




(仮称)丸の内1-3計画

タワー棟とアネックス棟の境目の様子です。両棟は低層部で接続しています。




(仮称)丸の内1-3計画

その左手。北東側から見たタワー棟。




(仮称)丸の内1-3計画

右手。南東側から見たアネックス棟。凝った外観ですね。




(仮称)丸の内1-3計画

北東側から見たアネックス棟。




(仮称)丸の内1-3計画

「永代通り」北側歩道から。




(仮称)丸の内1-3計画

北側から。




(仮称)丸の内1-3計画

アネックス棟は「丸の内永楽ビルディング」(地上27階・高さ150m)と「三井住友銀行本店東館」(地上29階・高さ150m)に挟まれています。




(仮称)丸の内1-3計画の建築計画のお知らせ

2020年9月末に竣工する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。







2019年7月撮影

(仮称)丸の内1-3計画

2019年7月21日撮影。行幸通り(南西側)から見ています。躯体がかなり建ち上がっていました。




(仮称)丸の内1-3計画

まもなく上棟するようです。右は「東京海上日動ビル新館」(地上16階)です。




(仮称)丸の内1-3計画

接近し見上げました。カーテンウォールの取り付けもかなり進んでいます。




(仮称)丸の内1-3計画

西側から。低層部の左4分の3ほどは手前に張り出す形状となります。このため鉄骨が剥き出しとなっています。




(仮称)丸の内1-3計画

タワー棟の左奥にアネックス棟も姿を見せていました。




(仮称)丸の内1-3計画

アネックス棟も上棟間近のようです。




(仮称)丸の内1-3計画

北西側から見たタワー棟。これから低層部の張り出し部分の鉄骨が組み上がることでしょう。




(仮称)丸の内1-3計画

その左手。「三井住友銀行本店東館」(地上29階・高さ150m)があります。




(仮称)丸の内1-3計画

接近しました。




(仮称)丸の内1-3計画

その右手。タワー棟西側。日比谷通りです。




(仮称)丸の内1-3計画

西側から。




(仮称)丸の内1-3計画

南西側から。




(仮称)丸の内1-3計画

南側から。




(仮称)丸の内1-3計画

その右手。タワー棟東側には「日本工業倶楽部会館・三菱UFJ信託銀行本店ビル」(地上30階・高さ148.4m)があります。




(仮称)丸の内1-3計画

南東側から見たタワー棟。




(仮称)丸の内1-3計画

その左手。日比谷通り方面。




(仮称)丸の内1-3計画

右手。丸の内仲通りです。こちらに進みます。




(仮称)丸の内1-3計画

東側から見たタワー棟とアネックス棟の境目部分です。




(仮称)丸の内1-3計画

その左手。タワー棟。ほぼ全てがオフィスとなります。




(仮称)丸の内1-3計画

右手。アネックス棟。低層部と高層部に店舗が入り、中層部はオフィスとなります。




(仮称)丸の内1-3計画

北東側から見たアネックス棟。こちら側は幅が狭いですね。




(仮称)丸の内1-3計画

北側から。手前は永代通りです。




(仮称)丸の内1-3計画

その左手に「丸の内永楽ビルディング」(地上27階・高さ150m)があります。




(仮称)丸の内1-3計画

右手は「三井住友銀行本店東館」です。




(仮称)丸の内1-3計画の建築計画のお知らせ

前回撮影時と内容は同じ。2020年9月末に完成する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。




2018年10月撮影

2018年10月7日撮影。南西側から見た建設地。手前は日比谷通りです。タワークレーンが設置されていました。躯体工事が始まったようです。




奥のビルは左から、

三井住友銀行本店東館:地上29階、高さ150m
大手町タワー:地上38階、高さ199.7m
丸の内永楽ビルディング:地上27階、高さ150m
日本工業倶楽部会館・三菱UFJ信託銀行本店ビル:地上30階・高さ148.4m




ほぼ同じ位置から見た完成イメージ。(仮称)タワー棟にも低層部があります。




南側から。




南東側から。




建設地東側は、丸の内仲通りです。




その左手上空。




建設地の北東側に移動しました。手前は永代通りです。




ほぼ同じ位置から見た完成イメージ。手前に(仮称)アネックス棟が建ちます。




北西側から見た(仮称)タワー棟建設地。




西側から。2020年9月末に竣工する予定です。




(仮称)丸の内1-3計画

前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




2018年4月撮影

2018年4月3日撮影。和田倉門付近から。手前は和田倉濠。中央が建設地です。




建設地にズームイン。建設地南側(写真右)のビルは「東京海上日動ビルディング新館」(地上16階)です。




接近しました。南西側からです。東京銀行協会ビル(地上19階・高さ88.2m)は姿を消し、周囲のビルが姿を現しました。左から、

三井住友銀行本店東館:地上29階、高さ150m
大手町タワー:地上38階、高さ199.7m
丸の内永楽ビルディング:地上27階、高さ150m
日本工業倶楽部会館・三菱UFJ信託銀行本店ビル:地上30階・高さ148.4m
日本生命丸の内ビル:地上28階、高さ158.05m




ほぼ同じ場所から見た完成イメージです。「タワー棟」は地上29階、高さ139.945m(最高149.70m)なので、周りとほぼ同じ高さのビルが出現します。




西側から。手前は日比谷通りです。現地の工事工程表によれば、地下解体工事は2019年7月まで続きます。




北西側から。銀行会館(地上8階・高さ43.0m)があったあたりに現場事務所が設置されています。




北側に移動しました。ここには「みずほ銀行 前本店ビル」(地上15階・高さ69.0m)がありました。




このあたりに「アネックス棟」(地上8階・高さ約55m)が誕生します。




ほぼ同じ場所から見た完成イメージです。




接近しました。建設地北側の様子。永代通りです。




建設地東側の様子。丸の内仲通りです。




丸の内仲通りにて。




丸の内仲通りのモニュメントと建設地。




南東側から見た建設地。「三井住友銀行本店東館」が目立っています。




その右手。丸の内仲通り。




左手。建設地南側です。




南側から見た建設地。




その右手。




左手。左から、

パレスホテル東京:地上23階・高さ115m
日本生命 丸の内ガーデンタワー:地上22階・高さ115m
三井住友銀行本店ビルディング:地上23階、高さ117.1m




(仮称)丸の内1-3計画

前回撮影時に未定だった施工者が決定たほか、延べ面積が修正されています。完成予定は2020年9月末です。写真クリックで拡大画像を表示。




2017年3月撮影

(仮称)丸の内1-3計画

解体中の「みずほ銀行前本店ビル」(地上15階・高さ69.0m)。北側から見ています。




(仮称)丸の内1-3計画

「丸の内永楽ビルディング」(地上27階・高さ150m)と「三井住友銀行東館」(地上29階・高さ150m)に挟まれています。




(仮称)丸の内1-3計画

解体中の「みずほ銀行前本店ビル」の東側の様子。




(仮称)丸の内1-3計画

「みずほ銀行前本店ビル」は、3棟の中で最も早く2016年10月1日に解体工事が始まりました。工期は2017年11月30日までです。




(仮称)丸の内1-3計画

東側に立つ「丸の内永楽ビルディング」(地上27階・高さ150m)。




(仮称)丸の内1-3計画

南東側から見た解体中の「みずほ銀行前本店ビル」。左側は解体工事が始まった「東京銀行協会ビル」です。




(仮称)丸の内1-3計画

その東側に立つ「三菱UFJ信託銀行本店ビル」(地上30階・高さ148.4m)。




(仮称)丸の内1-3計画

南側から見た解体中の「みずほ銀行前本店ビル」。




(仮称)丸の内1-3計画

南西側から。




(仮称)丸の内1-3計画

2月1日から解体工事が始まった「東京銀行協会ビル」(地上19階・高さ88.2m)。南東側から見ています。




(仮称)丸の内1-3計画

「東京銀行協会ビルの解体工事の工期は2017年11月30日までです。




(仮称)丸の内1-3計画

南西側から。印象的だった低層部の「旧東京銀行集会所」のファサードはシートに覆われました。




(仮称)丸の内1-3計画

高さ88.2mのビルが築24年で姿を消そうとしています。




(仮称)丸の内1-3計画

「東京銀行協会ビル」の北側の「銀行会館」(地上8階・高さ43.0m)は2016年12月19日に解体工事が始まりました。




(仮称)丸の内1-3計画

「銀行会館」の奥は「三井住友銀行東館」(地上29階・高さ150m)です。




(仮称)丸の内1-3計画

「銀行会館」の解体工事は3棟の中で最も早く2017年6月30日に終わります。




(仮称)丸の内1-3計画

解体工事中の「銀行会館」と「東京銀行協会ビル」。2017年11月末に解体工事が終わり、2017年12月から新築工事が始まる予定です。




(仮称)丸の内1-3計画

高さは139.945m、最高高さは149.70mです。写真クリックで拡大画像を表示。




2016年12月撮影

(仮称)丸の内1-3計画

2016年12月2日撮影。解体工事中の「みずほ銀行前本店ビル」。北側から。




(仮称)丸の内1-3計画

西側に2015年に竣工した「三井住友銀行本店東館」があります。




(仮称)丸の内1-3計画

「みずほ銀行前本店ビル」は地上15階、地下5階、高さ69.0m、延床面積75,781㎡、1973年竣工。大林組・大成建設・清水建設JVが2016年10月1日~2017年11月30日の工期で解体工事を行っています。




(仮称)丸の内1-3計画

東側から見た解体工事中の「みずほ銀行前本店ビル」。




(仮称)丸の内1-3計画

その右手の様子。




(仮称)丸の内1-3計画

左手の様子。




(仮称)丸の内1-3計画

「みずほ銀行前本店ビル」東側の歩道の様子。




(仮称)丸の内1-3計画

南東側から見た解体工事中の「みずほ銀行前本店ビル」。この付近には何度も来ていますが「みずほ銀行前本店ビル」の印象がありません。超高層ビルに取り囲まれていたからでしょうか。




(仮称)丸の内1-3計画

南西側から見た解体工事中の「みずほ銀行前本店ビル」。




(仮称)丸の内1-3計画

「三井住友銀行本店東館」を南西側から。その南側(写真右)に「銀行会館」があります。




(仮称)丸の内1-3計画

「銀行会館」は、超高層ビルが林立する現在の大手町では目立たないビルです。




(仮称)丸の内1-3計画

「銀行会館」。地上8階、地下4階、延床面積約18,052㎡、1965年竣工。




(仮称)丸の内1-3計画

大林組・大成建設・清水建設JVの施工により2016年12月19日から地上解体工事が始まったようです。工期は2017年6月まで。




(仮称)丸の内1-3計画

その南側に立つのが「東京銀行協会ビル」です。




(仮称)丸の内1-3計画

「東京銀行協会ビル」。地上19階、地下4階、延床面積:約32,575㎡、1993年竣工。




(仮称)丸の内1-3計画

三菱地所2014年11月27日付ニュースリリースでは地上19階建てですが、三菱地所オフィス情報では地上20階建てです。建築基準法上は19階、運用上は20階なのでしょうか。最高軒高82.0m、最高部88.2m(オフィス情報より)。




(仮称)丸の内1-3計画

築20数年で取り壊される運命です。




(仮称)丸の内1-3計画

低層部に「旧東京銀行集会所」のファサードが保存されています。




(仮称)丸の内1-3計画

新ビルの完成イメージを見るとファサードはなくなるようです。


《みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラスのトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る