日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都渋谷区


(仮称)宮益坂ビルディング建替計画


2019年1月撮影

(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

2019年1月27日撮影。宮益坂下交差点付近から見た宮益坂(みやますざか)。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

渋谷駅から青山通りに向かって上り坂となっています。建設地は宮益坂に面しています。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

北西側から見た建設地。躯体が建ち上がり始めました。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

北側から。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

その右手。渋谷駅方面。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

左手。青山通り方面。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

北東側から。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画の建築計画のお知らせ

前回撮影時と内容は同じです。高さは58.15m。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

仮囲いにモニターが設置されていました。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

日本初の分譲マンションが建て替えられます。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

この週は4階躯体工事やM5階躯体工事が進められます。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

最高高さは62.35m、工期は2016年6月29日~2020年7月17日です。







2018年8月撮影

(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

2018年8月19日撮影。渋谷駅東口の宮益坂下交差点から宮益坂を上ると、ほどなく右手に建設地が現れます。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

日本初の分譲マンション「宮益坂ビルディング」は既に姿を消し、新築工事が始まっています。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

現地の作業予定によれば、1階躯体工事・外構工事が行われています。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

建て替えにより延べ面積は倍増し、「住宅70戸、事務所37、店舗7」から「住宅152戸、事務所28、店舗7」になります。 また、間取りと専有面積は「1DK・2DK、35.40㎡~46.77㎡」から「1K・1LDK・2LDK・3LDK・2LDK・3LDK、30.00㎡~78.28㎡」とバリエーション豊かになります。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

設計は日建ハウジングシステム、施工は戸田建設。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画の建築計画のお知らせ

建築計画のお知らせ。高さは58.15m、2020年7月に完成する予定です。画像クリックで拡大画像を表示。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

現地のモニター。何パターン化に切り替わっていました。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

1週間の作業予定です。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

概要には最高高さの記載もありました。最高高さは62.35mです。




2017年7月撮影

(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

2017年7月15日撮影。北西側から。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

北側から。現地の作業工程によると戸田建設が地中障害撤去を行っていました。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

北東側から。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画の建築計画のお知らせ

高さは58.15mです。画像クリックで拡大画像を表示。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る