日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都千代田区


日本大学理工学部 タワー・スコラ


2017年11月撮影

日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

2017年11月12日撮影。南棟(仮称)は、三井住友海上駿河台ビル(左・地上25階・高さ103.5m)や三井住友海上ビル駿河台新館(中央・地上22階・高さ102.038m)の北側に建設されました。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

三井住友海上ビル駿河台新館と南棟。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

南棟の東側には5号館が建っています。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

5号館は南棟完成後に解体され公開空地になります。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

将来はこの角度からもよく見えるようになりそうです。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

接近。北東側から。外観はほぼ完成しています。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

北側の道路の様子。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

道路を挟んで向かい側には7号館が建っています。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

その西側に3号館、4号館が並んでいます。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

北から見た南棟。風穴?がアクセントになっています。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

全面ガラス張りなのでオフィスビルのようでもあります。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

現地の作業工程によれば「躯体工事B3F~18F」と表示されていました。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

南棟の西隣は中央大学駿河台記念館です。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

北西側から。2018年4月に供用を開始する予定です。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

最後はニコライ堂と南棟です。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

前回撮影時と内容は同じです。5号館が解体され全ての工事が終わるのが2019年3月です。写真クリックで拡大画像を表示。




2017年3月撮影

日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

2017年3月28日撮影




2016年10月撮影

日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

2016年10月26日撮影。 三井住友海上駿河台ビル(地上25階・高さ103.5m)。 三井住友海上火災の本社が入っています。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

その北側に建つ三井住友海上ビル駿河台新館(地上22階・高さ102.038m)。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

その北側で日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)が建設中です。エントランスホール、大教室、教室、研究エリアなどが整備されます。地下には駐車場も造られます。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

建設地を北側から見ています。現地の作業工程によれば、地下2階と地下3階の躯体工事を行なっています。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

その右手の様子。中央右は中央大学駿河台記念館です。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

左手の様子。日本大学理工学部駿河台校舎5号館があります。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

南棟は地上19階、地下3階、高さ82.40m(最高82.90m)。隣りの三井住友海上ビル駿河台新館(約102m)よりは20mほど低くなります。南側はほぼビルしか見えないでしょう。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

北西側から見た南棟(仮称)建設地。 その北側(写真左側)にも同規模の高層キャンパス(北棟)を建設する計画があるようです。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

本郷通りに面する5号館。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

5号館は南棟完成後に解体され、植栽を施された公開空地になります。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

高さは82.40m。最高部の高さは82.90mです。南棟は2018年に完成します。その後、5号館が解体され公開空地が造られます。全ての工事が完了するのが2019年3月です。写真クリックで拡大画像を表示。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る