日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都江東区


シティタワーズ東京ベイ


2018年7月撮影

2018年7月1日撮影。ゆりかもめ・有明駅から見た建設中の「シティタワーズ東京ベイ」。3棟のタワーマンションが同時に建ち上がっています。3棟合わせて1539戸の巨大マンションです。




ウエストタワーが20階、セントラルタワーが19階、イーストタワーが23階くらいまで建ち上がっています。今後、ウエストタワーが32階、セントラルタワーとイーストタワーが33階まで成長します。




西側から見たウエストタワー。奥にセントラルタワーとイーストタワーが重なっています。




有明駅や国際展示場駅に最も近いのがウエストタワーです。




その左手。3-1-B街区及び3-1-C街区の一部も着工しています。マンションの入居が始まる頃にはホテル・サービスアパートメント、イベントホール、商業施設も誕生する予定です。




シティタワーズ東京ベイと3-1-B街区及び3-1-C街区の間には工事関係者専用の道路が造られています。この日は日曜日なので作業は休み。ゲートが閉じられていました。




北西側から見た建設中の「シティタワーズ東京ベイ」。手前は3-1-B街区です。




その右手。ゆりかもめの車両が走り抜けていきます。




北側から。左からイーストタワー、セントラルタワー、ウエストタワーです。




北東側から。手前は3-1-C街区です。




東側のゲート付近から。イーストタワーの手前では3階建ての駐車場棟が建設中です。




首都高速の高架橋とイーストタワー。




角乗り橋北交差点付近より。




その下の様子。完成時には植栽が施されます。




その右手。有明通り。上空は首都高速。




建設地南側は湾岸道路です。湾岸道路歩道から見たイーストタワー。




セントラルタワーとウエストタワー。「シティタワーズ東京ベイ」は、2019年7月下旬に竣工し、2020年4月下旬(一部は3月下旬)に入居が始まる予定です。




シティタワーズ東京ベイの建築計画のお知らせ

「シティタワーズ東京ベイ」の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




2018年2月撮影

2018年2月27日撮影。新交通システム「ゆりかもめ」有明駅。




有明駅(南側)から見た建設地。手前は首都高速湾岸線と湾岸道路です。




トリプルタワーマンションが建ち上がり始めています。




接近しました。有明中央橋北交差点付近(南西側)から。手前から奥にかけてウエストタワー、セントラルタワー、イーストタワーの順に並んでいます。




5階くらいまで建ち上がっているようです。




その左手。奥の「3-1-B街区」ではホテル・サービスアパートメント、イベントホール、商業施設の建設も始まっています。この方向に進みます。




「3-1-B・C街区」と「3-1-A街区」の境目の道路です。




その右手。「3-1-A街区」(シティタワーズ東京ベイ)。2019年7月下旬に竣工し、2020年4月下旬(一部は3月下旬)に入居が始まる予定です。




左手。「3-1-B・C街区」です。「3-1-B街区」と「3-1-C街区」の一部(駐車場)は、2020年3月に竣工する予定なので、マンション入居と同時期には開業することになりそうです。スーパーマーケットのほか各種店舗、16階建てホテル・サービスアパートメント、多目的イベントホール、自走式の立体駐車場ができます。




「3-1-A街区」の南東側に移動しました。右は湾岸道路です。




角乗り橋北交差点付近(東側)から見た建設地。上空は首都高速の高架橋です。




手前がイーストタワー、その奥がセントラルタワーです。




「ゆりかもめ」(西側)から見た建設中の「シティタワーズ東京ベイ」。




その左手。「3-1-B・C街区」の様子。




シティタワーズ東京ベイの建築計画のお知らせ

「3-1-A街区」の建築計画のお知らせ。前回撮影時(2017年8月25日)と比較すると、建築面積と延べ面積が修正されています。写真クリックで拡大画像を表示。




2017年8月撮影

シティタワーズ東京ベイ

2017年8月25日撮影。新交通システム「ゆりかもめ」から見た「3-1-B・C街区」の様子です。敷地はかなり広いです。




シティタワーズ東京ベイ

「3-1-B・C街区」には商業施設、ホテル、サービスアパートメント、ホール、駐車場などが建設されます。撮影時は準備工事を行っていました。




シティタワーズ東京ベイ

「3-1-B・C街区」と「3-1-A街区」の間には新しい道路ができていました。




シティタワーズ東京ベイ

「3-1-A街区」です。ここに総戸数1539戸の大規模トリプルタワーマンション「シティタワーズ東京ベイ」が建設中です。




シティタワーズ東京ベイ

手前からウエストタワー、セントラルタワー、イーストタワーが建ちます。




シティタワーズ東京ベイ

「3-1-A街区」の南側は湾岸道路です。




シティタワーズ東京ベイ

中央左が首都高速湾岸線で、その両側が一般道路の湾岸道路(国道357線)です。




シティタワーズ東京ベイ

ゆりかもめ有明駅。ここから建設地に向かいます。




シティタワーズ東京ベイ

南西側から見た建設地。




シティタワーズ東京ベイ

ウエストタワー建設地にズームイン。




シティタワーズ東京ベイ

西側から見た建設地。




シティタワーズ東京ベイ

その右手の様子。右側は「ゆりかもめ」の高架橋です。




シティタワーズ東京ベイ

左手の様子。




シティタワーズ東京ベイ

新設された「3-1-B・C街区」(左)と「3-1-A街区」(右)の間の道路の様子。工事関係者以外立入禁止です。




シティタワーズ東京ベイ

その右手の様子。「シティタワーズ東京ベイ」が建設中の「3-1-A街区」です。




シティタワーズ東京ベイ

左手の様子。「3-1-B・C街区」です。




シティタワーズ東京ベイ

東側から見た「3-1-A街区」。上空は首都高速・東雲JCTの高架橋です。




シティタワーズ東京ベイ

拡大。




シティタワーズ東京ベイ

その右手の様子。有明通り。上空は首都高速。




シティタワーズ東京ベイ

左手の様子。湾岸道路。上空は首都高速。




シティタワーズ東京ベイ

建設地南側の様子。右は湾岸道路。




シティタワーズ東京ベイの建築計画のお知らせ

2017年8月25日撮影。前回撮影時に115m(最高120m)だった高さが113.87m(最高118.97m)に変更されていました。面積関係も修正されています。標識では地上33階、地下1階ですが、公式HPではウエストタワーが地上32階、地下1階、セントラルタワーとイーストタワーが地上33階、地下0階です。また、標識では完了予定は2019年10月中旬ですが、公式HP(2017年8月25日確認)では2019年7月下旬完成、2020年4月下旬(一部3月下旬)入居開始予定です。労災保険関係成立票の事業の期間は2020年4月30日までです。写真クリックで拡大画像を表示。




2016年6月撮影

(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

2016年6月18日撮影。東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場」駅




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

そのすぐ近くにある新交通システムゆりかもめ「有明」駅。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

そこから「有明中央橋」を渡ると建設地です。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

有明中央橋の下は首都高速湾岸線。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

有明中央橋のたもとから建設地を一望できます。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

南西側から見た敷地全景。敷地の南側(写真右)にトリプルマンションが建設されます。敷地北側には商業施設、ホテル、サービスアパートメント、ホールなどが建設されます。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

敷地西側。左は環二通り。道路上に「ゆりかもめ」の高架橋があります。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

敷地南側の様子。マンションの設計・施工は前田建設工業です。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

敷地南側の様子。右は湾岸道路。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

東側から見た敷地全景。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

上空は首都高速道路。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

右は有明通り。上空は首都高速道路。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

3-1-A街区の「建築計画のお知らせ」。高さは「120m」から「115m(最高120m)」に修正されました。工期は2016年10月中旬から2019年10月中旬までです。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

準備工事を行っています。労災保険関係成立票の「事業の期間」は2015年10月29日から2019年9月30日までです。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

3-1-B街区と3-1-C街区の「建築計画のお知らせ」。工期は2017年4月中旬から2026年3月中旬まで。完成は10年後です。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

「開発許可標識」の工期は2016年3月15日から2026年3月31日まで。




2016年3月撮影

(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

2016年3月16日撮影。開発区域全体を南西側から見ています。3街区に分けて整備されます。 おおまかに分類すると写真左側が「3-1-B街区」、写真中央が「3-1-C街区」、写真右側が「3-1-A街区」です。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

開発区域西側の様子。中央のタワーマンション「オリゾンマーレ」は地上27階、最高高さ98.65m。その手前が3-1-B街区になります。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

開発区域南側1/3(写真中央)が3-1-A街区です。手前からA棟、保育棟、B棟、C棟が建設されます。A・B・C棟はいずれも地上33階、地下1階、高さ120mです。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

「建築計画のお知らせ」にあったA棟とC棟の立面図。 上がA棟、下がC棟。ほぼ同じ意匠です。 最高の高さ115m、最高部の高さ120mと記載されています。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

「建築計画のお知らせ」にあったB棟と保育棟の立面図。 上がB棟、下が保育棟です。 B棟はA・C棟と違い東西に幅があります。高さはA・C棟と同じで最高の高さ115m、最高部の高さ120m。 保育棟は最高の高さ21.45m、最高部高さ24.75mです。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

「建築計画のお知らせ」。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画

「開発許可標識」。全体の工期は2016年3月7日から2026年3月31日まで。全体の開発区域面積は114,792.32㎡。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る