TOP建設中・計画中TOP東京都中央区


京橋三丁目東地区再開発


京橋三丁目東地区再開発準備組合は、東京都中央区京橋3丁目地内にオフィスやホテル、商業施設などで構成する地上35階、地下4階、高さ約180m、延べ面積164,000㎡の超高層ビルを計画しています。 事業協力者として東京建物が参画。 2025年度の着工、2029年度の竣工を目指しています。



概要

名 称京橋三丁目東地区再開発
所在地東京都中央区京橋3丁目地内
最寄駅東京メトロ銀座線「京橋」駅、都営浅草線「宝町」駅
建築主京橋三丁目東地区再開発準備組合(事業協力者:東京建物)
設 計
施 工
用 途オフィス、ホテル、商業施設など
敷地面積約0.9ヘクタール
建築面積
延床面積約164,000㎡
構 造
基礎工法
階 数地上35階、地下4階
高 さ約180m
着 工2025年度予定
竣 工2029年度予定
備 考 ◆日刊建設工業新聞2022年4月15日付記事は→こちら
◆建通新聞社2022年4月21日付記事は→こちら

最終更新日:2022年4月21日



地図

計画地は「東京建物京橋ビル」など中小のビルが密集している場所です。 オフィスを主体とし、上層階に国際水準のホテル(面積17,000㎡)を設けるほか、店舗や(仮称)京橋アートセンター(面積約600㎡)を整備します。 東京メトロ銀座線・京橋駅と地下で直結するほか、遊歩道化を検討中の東京高速道路(KK線)上部空間と接続する予定です。






ページの先頭へ戻る