TOP建設中・計画中INDEX東京都新宿区


(仮称)新宿駅西口地区開発事業


小田急電鉄と東京メトロは、新宿駅西口に商業施設やオフィスが入る地上48階、地下5階、高さ約260m、延べ面積281,700㎡の超高層ビルを新設します。 設計は日本設計。 2020年度内の都市計画決定を経て、2022年度の着工、2029年度の竣工を目指しています。




完成イメージ

(仮称)新宿駅西口地区開発事業

[以下2枚、小田急2020年9月9日付ニュースリリース(PDF)より引用]

西側から見ています。 高層部にオフィス機能、中低層部に商業機能を設け、その中間フロアにはビジネス創発機能を導入し、9~14階(高さ40~75m)部分には公共的空間「スカイコリドー(空中回廊)」を整備する予定です。




位置図

(仮称)新宿駅西口地区開発事業

左が北です。 小田急百貨店、モザイク通り、新宿ミロードの順に解体し、並行して新築工事を進めます。 小田急百貨店は2022年度までに別館を除き一時閉店する予定です。 駅機能については現状のまま維持します。




概要

名 称(仮称)新宿駅西口地区開発事業
所在地東京都新宿区新宿三丁目および西新宿一丁目各地内
最寄駅新宿駅
建築主小田急電鉄株式会社、東京地下鉄株式会社
設 計株式会社日本設計
施 工
用 途商業、業務、駅施設など
敷地面積約15,720㎡
建築面積
延床面積約281,700㎡
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
階 数地上48階、地下5階、塔屋1階
高 さ約260m
着 工2022年度予定
竣 工2029年度予定
供用開始2029年度予定
備 考 ◆小田急2020年9月9日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2020年9月18日




地図

東京都と新宿区が駅や駅前広場、駅ビルなどを一体化して再整備する「新宿グランドターミナル」の一環として、小田急百貨店や新宿ミロード、小田急・新宿駅が入るビルを超高層化します。






ページの先頭へ戻る