TOP建設中・計画中INDEX東京都千代田区


神田小川町三丁目西部南地区第一種市街地再開発事業


東京都千代田区は2021年4月6日付で、神田小川町三丁目西部南地区第一種市街地再開発事業を都市計画決定しました。 再開発準備組合は住宅(約110戸)、事務所、店舗等で構成する地上22階、高さ110m、延べ面積約30,300㎡の再開発施設の建設を目指しています。



位置図

神田小川町三丁目西部南地区第一種市街地再開発事業

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

事業地は三角形の形状をしています。 再開発施設は、1~3階に商業等、4~11階に事務所を配置し、構造・設備切替階の12階を挟み、13~22階に住宅約110戸を計画しています。 事業コンサルタントは松田平田設計が担当し、事業協力者として日鉄興和不動産、三菱地所、三菱地所レジデンスが参画しています。



概要

名 称神田小川町三丁目西部南地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都千代田区神田小川町3丁目地内
最寄駅都営三田線・都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町」駅、JR「御茶ノ水」駅、都営新宿線「小川町」駅、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅
建築主神田小川町三丁目西A地区市街地再開発準備組合
設 計
施 工
用 途住宅(約110戸)、事務所、店舗等
区域面積約0.6ha
敷地面積約2,400㎡
建築面積約1,500㎡
延床面積約30,300㎡
構 造
基礎工法
階 数地上22階
高 さ110m(建築物の高さの限度:120m)
着 工
竣 工
備 考 ◆千代田区HPは→こちら

最終更新日:2021年4月12日



地図

建設地まで、都営三田線・都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町駅」から徒歩約4分、JR「御茶ノ水駅」から徒歩約5分、都営新宿線「小川町駅」から徒歩約5分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅から徒歩約5分です。






ページの先頭へ戻る