TOP建設中・計画中TOP東京都荒川区


三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業


三河島駅前北地区市街地再開発準備組合は、JR三河島駅前に商業・業務、住宅約760戸(一般住宅、シニア住宅)、体育館などで構成する複合施設を計画しています。 想定規模は地上43階、地下1階、高さ約160m、延べ面積約89,600㎡。 東京都荒川区は2021年6月21日に都市計画決定の告示をしました。 2022年度の本組合設立認可等を経て、2023年度の着工、2026年度の竣工を目指しています。



位置図

三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業

[三井不動産レジデンシャル2021年6月21日付ニュースリリース(PDF)より引用]

事業地はJR常磐線「三河島駅」の目の前です。 荒川区は事業区域内にある旧「真土小学校」跡地を所有し、広場として暫定利用しています。

高層棟は、低層階に商業・業務施設、中層階にシニア住宅、上層階に一般住宅を配置。 西側には低層の体育施設なども設けます。

事業協力者として三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンスが参画しています。



概要

名 称三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都荒川区西日暮里1丁目4番の一部、5番、6番の一部、7番(地名地番)
最寄駅JR常磐線「三河島」駅
事業主三河島駅前北地区市街地再開発組合(予定)
設 計
施 工
用 途商業・業務、住宅約760戸(一般住宅、シニア住宅)、体育館
区域面積約1.5ha
敷地面積約9,900㎡
建築面積
延床面積約89,600㎡
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
階 数地上43階、地下1階
高 さ約160m
着 工2023年度予定
竣 工2026年度予定
備 考 ◆事業協力者:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス
◆三井不動産レジデンシャル2021年6月21日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2021年6月22日



地図

日暮里駅と三河島駅はJR常磐線快速で一駅2分です。



2014年11月撮影

アトラスブランズタワー三河島

三河島駅前南地区には「アトラスブランズタワー三河島」が2014年7月に竣工しています。 規模は地上34階、地下1階、高さ113.41m(最高119.68m)、総戸数327戸です。 計画通りなら同マンションを上回る大規模マンションが誕生することになりますね。






ページの先頭へ戻る