TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業


東京都は2020年5月21日、(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業の環境影響評価調査計画書を公開しました。 計画書によると、都市再生機構は港区北青山3丁目に地上38階、地下2階、高さ約180m、延べ面積185,000㎡の超高層ビルを整備します。 オフィスを主体とし、低層部に商業施設や宿泊施設を設けます。 2022年度に着工し、2026年度に竣工する予定で、2027年度の供用開始を目指しています。



位置図

(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

全体が「北青山三丁目地区」地区計画の区域です。 老朽化した「都営青山北町アパート」を中心とする区域を再開発しています。

既に、都営住宅建替事業区域には「都営北青山三丁目アパート」(地上20階、高さ70m)が建ち、民活事業区域には「ののあおやま」(地上25階、高さ89.90m(最高99.90m))が2020年5月28日に竣工する予定です。

その北側が本事業施工区域です。区域内には「都営青山北町アパート」のほか、「港区立青山児童館」、「共和五番館」、「ルネ青山ビル」、「第一青山ビル」、「東京建物青山ビル」などがあります。 青山通り沿いに超高層ビルを建て、その西側に広場を設ける計画です。




概要

名 称(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業
所在地東京都港区北青山3丁目の一部
最寄駅東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅、東京メトロ銀座線「外苑前」駅
建築主独立行政法人都市再生機構
設 計
施 工
用 途業務、商業、宿泊、駐車場等
敷地面積約2.2ha(再開発事業施工区域:約2.8ha)
建築面積約10,200㎡
延床面積約185,000㎡
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法
階 数地上38階、地下2階、塔屋2階
高 さ約180m
着 工2022年度予定
竣 工2026年度予定
供用開始2027年度予定
備 考 ◆駐車場:約380台
◆東京都HPは→こちら

最終更新日:2020年5月21日



地図

建設地へは表参道駅や外苑前駅から徒歩4~5分です。青山通りを挟んだ向かい側には「エイベックスビル」(地上18階、高さ101.459m)があります。

2020年度中の都市計画決定、2021年度の事業認可を目指しています。その後、解体工事を2022~2023年度に行い、新築工事を2023~2026年度に実施する予定です。






ページの先頭へ戻る