TOP建設中・計画中TOP東京都葛飾区


東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業


東金町一丁目西地区市街地再開発組合は、金町駅近くに総延べ面積約171,250㎡の下記施設を整備します。

第Ⅰ期(商業棟) 地上_4階、地下2階、高さ_30m、店舗・自動車教習所・公共駐輪場等
第Ⅱ期(商業棟) 地上_4階、地下2階、高さ_30m、店舗・公益施設等
第Ⅱ期(住宅棟) 地上40階、地下2階、高さ150m、住宅(約860戸)・店舗等

参加組合員として三菱地所、三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャルが参画。 2022年3月の権利変換計画認可を経て、2022年度の第Ⅰ期着工、2025年度の第Ⅰ期竣工、2026年度の第Ⅱ期着工、2030年度の第Ⅱ期竣工を目指しています。



完成イメージ

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

[東京都HPより引用]

北東側から見ています。 2021年4月28日の東京都の認可を受け、同年5月14日の総会で再開発組合を設立しています。 基本設計と事業コンサルタントは佐藤総合計画が担当。 特定業務代行者はフジタです。



断面イメージ

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

南側から見ています。左がⅠ期、右がⅡ期です。 Ⅰ期工事で敷地西側に4階建ての店舗・自動車教習所・公共駐輪場などを建て、Ⅱ期工事で敷地東側に40階建てマンション(約860戸)や4階建て店舗・公益施設などを建設します。



配置図

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

店舗の屋上に自動車教習コースを設けます。マンションの総戸数は約860戸を想定。総事業費は約700億円を見込んでいます。



現地の様子

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

2021年2月28日撮影。 地上40階、高さ150mのタワーマンションはこのあたり(道路左側)に建ちます。



事業スケジュール

  • 再開発準備組合設立………2016月03月
  • 都市計画決定………………2019年11月
  • 再開発組合設立……………2021年05月
  • 権利変換計画認可…………2022年03月(予定)
  • 第Ⅰ期着工…………………2022年度(予定)
  • 第Ⅰ期竣工…………………2025年度(予定)
  • 第Ⅱ期着工…………………2026年度(予定)
  • 第Ⅱ期竣工…………………2030年度(予定)


概要

事業名東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都葛飾区東金町一丁目地内
最寄駅JR「金町」駅、京成「京成金町」駅
建築主東金町一丁目西地区市街地再開発組合
設 計基本設計:佐藤総合計画
施 工
地区面積約3.0ha
敷地面積
建築面積
延床面積約171,250㎡
区 分第Ⅰ期第Ⅱ期(商業棟・住宅棟)
商業・業務棟商業・公益施設棟住宅棟
用 途店舗、自動車教習所、公共駐輪場、施設駐車場店舗、公益施設、住宅(約860戸)、住宅棟店舗、施設駐車場
階 数地上4階、地下2階地上4階、地下2階地上40階、地下2階
高 さ30m30m150m
着 工2022年度予定2026年度予定
竣 工2025年度予定2030年度予定
備 考 ・参加組合員:三菱地所、三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル
・基本設計・事業コンサルタント:佐藤総合計画
・特定業務代行者:フジタ
・東京都HPは→こちら
・2021年5月17日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2021年5月18日



地図

建設地までJR金町駅から徒歩3分、京成金町駅から徒歩5分ほどです。



2021年2月撮影

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

2021年2月28日撮影。JR金町駅北口。駅ビルがない簡素な駅です。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

駅前の様子。東急ストアがあります。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

駅から西方面に進みます。東京理科大学が移転して以来、理科大学通りと呼ばれています。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

商店街名は「金町理科大商店会」です。奥の茶色い建物は・・・




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

葛飾区立金町地区センターです。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

その先が事業地になります。 道路左側に地上40階、高さ約150mのタワーマンションが建ちます。 低層部は商業施設になります。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

イトーヨーカドー金町店が入る現建物は、解体されることになります。 新しい商業施設は、大型スーパーのほか、大型店や複数の専門店が入るモールになりそうです。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

事業地付近の道路は幅員16mに拡幅され、さらに事業地内に4mの歩道状空地が整備されるので、かなり歩きやすくなりますね。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

その先の十字路から見た事業地です。 この角には広場を計画しています。 左が「金町駅」方面、右が「葛飾にいじゅくみらい公園」方面になります。 右に進みます。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

金町自動車教習所の教習車両出入口がありました。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

その左手。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

右手。こちらに進みます。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

その先は駐車場や駐輪場などに利用されています。 Ⅰ期でこの場所に商業施設や自動車教習所で構成する地上4階、地下2階の複合施設を建てます。 商業施設の屋上には自動車教習コースが出現します。 Ⅰ期完成後、イトーヨーカドーや自動車教習所が入る建物を解体し、タワーマンションや店舗・公益施設を建てることになります。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

西側から見た事業地。 こちら側は更地です。 中央右奥に、JR金町駅および京成金町駅付近に立つ「プラウドタワー金町」(地上21階、高さ86.1m)や「ヴィナシス金町タワーレジデンス」(地上38階、高さ135.1m(最高138.2m))が見えています。

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業は2022年度に着工し、2030年度に全体が完成する予定です。






ページの先頭へ戻る