TOP建設中・計画中TOP東京都千代田区


(仮称)内神田一丁目計画(内神田一丁目地区第一種市街地再開発事業)


三菱地所は地権者とともに、東京都千代田区内神田一丁目地内に地上26階、地下3階、高さ約130m、延べ面積約85,000㎡のオフィスビルを新設します。 設計は三菱地所設計。 2021年4月15日、大成建設の施工で既存施設の解体工事に着手しました。 権利変換計画の認可を経て2022年5月に着工する予定で、2025年12月の竣工を目指しています。

国土交通大臣は2021年6月18日、(仮称)内神田一丁目計画を優良な民間都市再生事業計画として認定しました。 これにより、金融支援や税制上の特例措置等の支援が受けられます。



完成イメージ

内神田一丁目地区第一種市街地再開発事業

[以下2枚、東京都HPより引用]

北側から見ています。 2~4階には、ビジネスサポート機能を有するオフィススペースやイベントやセミナーを実施する交流サロン及びアグリ・フード分野のビジネス・産業支援施設を整備する予定です。



断面イメージ

内神田一丁目地区第一種市街地再開発事業

=事務所、 =貢献施設、 =店舗、 =共用部、 =駐車場です。

東京都は2020年9月14日に都市計画決定し、2021年2月19日に第一種市街地再開発事業の施工を認可していました。



位置図

内神田一丁目地区第一種市街地再開発事業

[三菱地所2021年4月15日付ニュースリリース(PDF)より引用]

大手町川端緑道と事業地を結ぶ人道橋を架橋し、新設の交流広場(約1,000㎡)と接続します。 日本橋川には防災船着場を整備し、建物内の観光案内所と連携し舟運サービスを展開する予定です。



概要

計画名(仮称)内神田一丁目計画
事業名内神田一丁目地区第一種市街地再開発事業
都市再生特別地区((内神田一丁目地区)
所在地東京都千代田区内神田1丁目8-1ほか(地番)
最寄駅東京メトロ「大手町」駅、JR「神田」駅
建築主三菱地所株式会社
設計・監理株式会社三菱地所設計
施 工―(解体施工者:大成建設株式会社)
用 途事務所、店舗、ビジネス支援施設、駐車場ほか
敷地面積5,105.85㎡
建築面積3,303.13㎡
延床面積85,173.76㎡
構 造地上:鉄骨造、地下:鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎工法
階 数地上26階、地下3階
高 さ約130m
着 工2022年5月1日予定
竣 工2025年12月31日予定
備 考 ◆国土交通省2021年6月18日付報道発表資料は→こちら
◆三菱地所2021年4月15日付ニュースリリースは→こちら
◆東京都HPは→こちら

最終更新日:2021年6月21日



地図

建設地にはオフィスビルの「コープビル」や「日立鎌倉橋ビル」があります。

コープビル………SRC造、地上14階、地下3階、延べ面積36,018㎡、1973年2月竣工
日立鎌倉橋ビル…SRC造、地上09階、地下2階、延べ面積_8,357㎡、1958年4月竣工

解体工事の工期は2021年4月15日~2023年5月末ですが、2022年5月には新築工事に着手する予定です。 大手町の超高層ビル街を北に拡張する形になりますね。 建設地まで地下鉄5路線が乗り入れる「大手町駅」より徒歩2分ほどです。






ページの先頭へ戻る