TOP建設中・計画中TOP北海道札幌市


(仮称)札幌ホテル計画新築工事


ベルーナ(埼玉県上尾市)は、札幌総合卸センター跡地(札幌市東区北6条東2丁目)に地上26階、地下2階、高さ99.79m、延べ面積37,577㎡、客室約330室の高層ホテルを新設します。 設計はプランテック、施工は鹿島建設。 2022年2月に着工し、2024年9月に竣工する予定です。




札幌卸センター北6東2街区

2021年6月27日撮影。JRタワーから見た建設地。札幌総合卸センター跡地には病院やツインタワーマンションも計画されています。



概要

名 称(仮称)札幌ホテル計画新築工事
所在地北海道札幌市東区北6条東2丁目1-1(地番)
最寄駅JR「札幌」駅、地下鉄「さっぽろ」駅
建築主株式会社ベルーナ
設計・監理株式会社プランテック
施 工鹿島建設株式会社
用 途ホテル(約330室)、飲食店、公衆浴場、駐車場(125台)
敷地面積5,700.16㎡
建築面積2,657.54㎡
延床面積37,577.45㎡
構 造鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
階 数地上26階、地下2階
高 さ99.79m(軒高:98.74m)
着 工2022年2月1日予定
竣 工2024年9月30日予定

最終更新日:2021年11月16日



地図

建設地までJR札幌駅から徒歩8分ほどです。



2021年6月撮影

(仮称)札幌ホテル計画新築工事

2021年6月27日撮影。ホテル建設予定地の北東角で鹿島建設が温泉掘削工事を進めていました。温泉付きのホテルとなりそうですね。




(仮称)札幌ホテル計画新築工事

その左手。 ホテル建設予定地です。 ベルーナの子会社グランベルホテルは、札幌では「札幌グランベルホテル」(2021年4月21日開業)、「定山渓ビューホテル」(2021年8月1日リブランド開業)、「すすきのグランベルホテル」(2021年9月1日開業)を展開しています。 札幌でのホテル開発に力を入れていますね。




(仮称)札幌ホテル計画新築工事

その左手。こちら側には大京、京阪電鉄不動産、ミサワホーム北海道の3社が地上30階、地下1階、高さ99.50m、総戸数394戸のツインタワーマンションを計画しています。




(仮称)札幌ホテル計画新築工事

JRタワーの展望室から東方面を見ています。中央をJR線が貫いています。




(仮称)札幌ホテル計画新築工事

建設地にズームイン。中央手前は札幌中央郵便局です。その奥に建設地があります。




(仮称)札幌ホテル計画新築工事

さらに拡大。協同組合札幌総合卸センターが再整備され、2019年12月、中央奥に見える「deAUNE(デ・アウネ)さっぽろ」(地上13階)にオフィスが集約されました。そのほかの跡地が再開発されます。




(仮称)札幌ホテル計画新築工事

ベルーナのホテルは2022年2月頃に着工し、2024年9月頃に竣工する予定で、「カレス医療センター札幌病院(仮称)」(地上13階)は2025年4月に開院する予定です。





ページの先頭へ戻る