TOP建設中・計画中INDEX愛知県名古屋市


中日ビル


2022年8月撮影

中日ビル

2022年8月19日撮影。矢場町駅付近の久屋大通公園から見ています。ほぼ上棟しています。




中日ビル

撮影した4日後の8月23日に上棟式が開かれています。




中日ビル

栄地区ではもっとも高層のビルとなります。




中日ビル

地下5階に地域冷暖房施設(DHC)、地下4階~地下3階に駐車場を設けます。




中日ビル

地下1階~地上3階が商業施設になります。




中日ビル

4~5階が集客・文化関連施設、6階が多目的ホールや会議室となり、7階には屋上広場や飲食店舗を設けます。




中日ビル

その右手。久屋大通公園。




中日ビル

9~22階が38,911㎡のオフィスフロアとなります。




中日ビル

その右手。久屋大通。




中日ビル

少し離れました。 24~32階には三菱地所グループのロイヤルパークホテルズアンドリゾーツが展開する「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック」(約250室)が出店予定です。 アイコニックは同社の中で客室主体型ホテルの最上級ブランドと位置付けられ、同ブランドのホテルは2022年9月1日時点では「大阪御堂筋」「東京汐留」「京都」があります。




中日ビル

広小路久屋東交差点から。




中日ビル

その右手。久屋大通。




中日ビル

左手。広小路。




中日ビル

北側から見ています。2023年7月末に竣工し、2024年春に開業する予定です。







2022年3月撮影

中日ビル

2022年3月9日撮影。南西側から見ています。10階くらいまで立ち上がっているようです。




中日ビル

これから33階まで成長します。




中日ビル

久屋大通公園(西側)から。




中日ビル

南西側から。2023年夏に竣工し、2024年春に開業する予定です。







2022年1月撮影

中日ビル

2022年1月3日撮影。北東側から見た建設地。躯体が立ち上がり始めていました。




中日ビル

北側から。これから地上33階、高さ158.887mまで成長します。




中日ビル

現在、名古屋市内で建設中のビル・マンションの中でもっとも高層になりますね。




中日ビル

北西側から。手前は広小路久屋東交差点です。




中日ビル

その左手。広小路通。東方面。




中日ビル

右手。久屋大通、南方面。右側は久屋大通公園です。




中日ビル

中部日本ビルディングと中日新聞社は2021年7月7日、新ビルの名称を「中日ビル」に決定したと発表しました。 旧ビルは正式名称が「中部日本ビルディング」、愛称が「中日ビル」でした。 晴れて「中日ビル」が正式名称となります。




中日ビル

久屋大通公園から。地下1階~地上3階に商業施設を入れます。




中日ビル

南西側から。4~5階が集客・文化関連施設で、6階に多目的ホールや会議室を配置します。




中日ビル

その左手。久屋大通公園、北方面。




中日ビル

接近しました。7階に屋上広場や飲食店舗を設け、9~22階がオフィスフロアとなります。




中日ビル

24~32階には三菱地所グループのロイヤルパークホテルズアンドリゾーツが展開する「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック」(約250室)が出店予定です。




中日ビル

その左手。久屋大通、北方面。




中日ビル

建設地南側の街路の様子です。




中日ビル

南東側から見た建設地。




中日ビル

その上方。2023年夏に竣工する予定で、2024年春の開業を目指しています。







2021年1月撮影

(仮称)中日ビル建替計画

2021年1月3日撮影。北東側から見た建設地。中日ビル(中部日本ビルディング)は完全に姿を消していました。




(仮称)中日ビル建替計画

北側から。現地の作業予定によれば障害撤去を進めています。




(仮称)中日ビル建替計画

北西側から見た建設地。中日ビルが消え、中区役所も入る「栄サンシティビル」(地上18階、高さ77m)が全貌を現していました。




(仮称)中日ビル建替計画

[三菱地所2019年2月15日付ニュースリリース(PDF)より引用]

ほぼ同じ角度から見た完成イメージです。栄地区でもっとも高いビルが誕生しますね。




(仮称)中日ビル建替計画

その左手。広小路通。建設地北側です。




(仮称)中日ビル建替計画

右手。久屋大通。建設地西側になります。




(仮称)中日ビル建替計画

その右手。久屋大通公園です。




(仮称)中日ビル建替計画

久屋大通公園から見た建設地。商業施設は地下1階~地上3階に物販店舗、7階に飲食店舗を計画しています。




(仮称)中日ビル建替計画

その右手。久屋大通公園。




(仮称)中日ビル建替計画

南西側から見た建設地。オフィスは4~5階と6階の一部及び9~22階に予定しています。




(仮称)中日ビル建替計画

接近しました。6階には多目的ホールも計画しています。




(仮称)中日ビル建替計画

その左手。久屋大通。




(仮称)中日ビル建替計画

右手。建設地南側。




(仮称)中日ビル建替計画

南東側から見た建設地。ホテルは24~32階に入り、客室は約250室を想定しています。




(仮称)中日ビル建替計画の建築計画のお知らせ

名古屋市旅館等指導要綱による標識。 ホテルの営業者はロイヤルパークホテルズアンドリゾーツです。 ロイヤルパークホテルズの中部エリアにおける出店は「ザ ロイヤルパーク キャンバス 名古屋」に続き、2店舗目。 新ビルには中部エリアのフラッグシップホテルが進出することになりますね。 写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)中日ビル建替計画の建築計画の概要

建築計画の概要。 2021年2月に着工し、2023年7月に竣工する予定です。 開業は2024年春を見込んでいます。 写真クリックで拡大画像を表示。







2019年1月撮影

中部日本ビルディング(中日ビル)

2019年1月3日撮影。名古屋の中心を南北に貫く久屋大通公園から見ています。右の黒っぽい建物が中日ビルです。左奥に名古屋テレビ塔(高さ180m)が見えます。




中部日本ビルディング(中日ビル)

南西側から見た中日ビル。




中部日本ビルディング(中日ビル)

1966年4月竣工なので、築53年で解体されることになります。




中部日本ビルディング(中日ビル)

西側から。屋上には回転レストランがあります。 2000年頃まで営業していたとのこと。




中部日本ビルディング(中日ビル)

12階建てのビルから33階建てのビルへ変身します。




中部日本ビルディング(中日ビル)

北西側から。




中部日本ビルディング(中日ビル)

北側から。手前は広小路通です。




中部日本ビルディング(中日ビル)

閉館のお知らせです。




中部日本ビルディング(中日ビル)

中央部分を拡大しました。新しい中日ビルは2024年春に開業する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。




2017年6月撮影

中部日本ビルディング(中日ビル)

名古屋駅前に立つ「ミッドランド スクエア」(地上47階・高さ247m)から東方面を見ています。 中日ビルを確認できるでしょうか。




中部日本ビルディング(中日ビル)

拡大しました。 回転レストランがよく見えます。




2014年4月撮影

中部日本ビルディング(中日ビル)

名古屋テレビ塔の地上90mに位置するスカイデッキから南方面を見ています。 目印の位置に新ビルがそびえ立つことになります。




中部日本ビルディング(中日ビル)

拡大しました。


《中日ビルのトップページに戻る》







ページの先頭へ戻る