TOP建設中・計画中TOP愛知県名古屋市


名港ビルディング建替プロジェクト


2019年12月撮影

名港ビルディング建替プロジェクト

2019年12月28日撮影。現在の「名港ビルディング」です。規模はRC+SRC造、地上9階、地下1階、延べ面積6,157㎡。




名港ビルディング建替プロジェクト

1970年に竣工し、2004年にリニューアル工事を行っています。




名港ビルディング建替プロジェクト

その裏手に仮囲いが設置されていました。南東側から見ています。




名港ビルディング建替プロジェクト

東側から。大成建設が2019年11月18日~2020年1月31日の工期で「名港ビルディング建替計画に伴う改修・解体工事」を進めていました。




名港ビルディング建替プロジェクト

瓦屋根の建物が見えていますね。グーグルマップを見ると、ここには駐車場のほか、5階建ての建物や2階建ての建物数棟があったようです。




名港ビルディング建替プロジェクト

その左手。建設地東側の様子。




名港ビルディング建替プロジェクト

右手。建設地北側です。




名港ビルディング建替プロジェクト

北西側から見た建設地。18階建てビル新築後に既存の9階建てビルを解体します。




名港ビルディング建替プロジェクトの建築計画のお知らせ

「名港ビルディング建替プロジェクト」の建築計画の概要。高さは80.456mです。写真クリックで拡大画像を表示。




名港ビルディング建替プロジェクト

さて、名古屋港駅付近には斬新な意匠の「名古屋港ポートビル」(地上7階・高さ63m)が立っています。 高さ53mの位置に展望室があるほか、3~4階には名古屋港の特徴をわかりやすく展示する「名古屋海洋博物館」が入っています。




名港ビルディング建替プロジェクト

その西側にユニークな形をした歩行者専用の橋「ポートブリッジ」があります。




名港ビルディング建替プロジェクト

ポートブリッジは全長約180mです。




名港ビルディング建替プロジェクト

ポートブリッジから見た「名古屋港ポートビル」です。手前に水上バスが発着する「ガーデンふ頭」が見えます。ささしまライブやキャナル・リゾート、みなとアクルス、金城ふ頭などと結ばれています。




名港ビルディング建替プロジェクト

その右手。名古屋港。右奥に全長1,170mの名港中央大橋が見えます。




名港ビルディング建替プロジェクト

その右手。中央右は、ウミガメなどの研究施設「カメ類繁殖研究施設」です。「名古屋港水族館」に併設しています。




名港ビルディング建替プロジェクト

その右手。5百種5万点の生物を展示し、日本最大のプールでイルカショーが愉しめる「名古屋港水族館」があります。




名港ビルディング建替プロジェクト

その右手。16種類のアトラクションのある遊園地「名古屋港シートレインランド」の観覧車が見えます。




名港ビルディング建替プロジェクト

その右手。左に食事や買い物、アミューズメントなどの様々な店舗が集まる商業施設「JETTY」があります。中央には「名港ビルディング」が見えます。




名港ビルディング建替プロジェクト

拡大しました。この奥に「名古屋港ポートビル」を上回る18階建てビルが誕生します。




名港ビルディング建替プロジェクト

その右手。1965年から18年の間、南極観測のために活躍した砕氷船「南極観測船ふじ」が展示してあります。


《名港ビルディング建替プロジェクトのトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る