日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX愛知県名古屋市


(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業


2019年1月撮影

東桜一丁目1番地区

2019年1月3日撮影。南西側から見た建設地。清水建設が「住友商事名古屋ビル」(地上16階)を解体しています。




東桜一丁目1番地区

1974年竣工なので、築44年ほどで姿を消したことになります。奥の建物は「アーバンネット名古屋ビル」です。地上22階、地下3階、高さ92.03m(最高99.58m・軒高91.33m)。2005年9月に竣工しています。




東桜一丁目1番地区

目の前に地下街(地下鉄・久屋大通駅)の出入口があります。




東桜一丁目1番地区

建設地の北西側に桜通を跨ぐ歩行者用の橋があります。




東桜一丁目1番地区

橋の名称は「セントラルブリッジ」です。




東桜一丁目1番地区

「セントラルブリッジ」から南方面を見ています。久屋大通公園内に「名古屋テレビ塔」(高さ180m)が聳えています。




東桜一丁目1番地区

西方面。名古屋駅方面です。




東桜一丁目1番地区

北方面。




東桜一丁目1番地区

東方面。右側に建設地が見えます。




東桜一丁目1番地区

建設地です。




東桜一丁目1番地区

「セントラルブリッジ」を北に進むと「ロサンゼルス広場」があります。




東桜一丁目1番地区

「ロサンゼルス広場」付近から見た建設地。新ビルは地上20階、地下1階、高さ約96m。「アーバンネット名古屋ビル」とほぼ同じ高さのビルが並ぶことになります。




東桜一丁目1番地区

北側から。2019年10月に着工し、2022年初頭に完成する予定です。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告













ページの先頭へ戻る