日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX神奈川県川崎市


川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)


JR東日本は川崎駅西口に総延べ面積136,468㎡の下記施設を新設します。 設計はジェイアール東日本建築設計事務所、施工は大成建設。

オフィス高層棟………地上29階、地下2階、高さ128.25m
オフィス低層棟………地上05階、地下1階、高さ約27m
ホテル棟………………地上16階、地下0階、高さ約59m

先行して「ホテルメトロポリタン川崎」が2020年5月18日に開業します。 2021年4月の全体完成を目指しています。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

2019年11月17日撮影。奥がオフィス高層棟建設地、手前がオフィス低層棟建設地です。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

ホテル棟(ホテルメトロポリタン川崎)。



完成イメージ

川崎駅西口開発計画

[JR東日本2018年5月18日付ニュースリリース(PDF)より引用]

北東側から見た外観イメージ。左がオフィス高層棟、右がホテル棟です。




川崎駅西口開発計画

[日本ホテル2019年5月15日付ニュースリリース(PDF)より引用]

日本ホテル(株)が運営する「メトロポリタンホテル川崎」は、1~2階にレストラン4店舗、3~16階に客室304室を配置します。 客室は全室バス・トイレ・洗面台が独立した造りとし、洗い場付きバスを採用します。

スイートルーム……………………  1室(60㎡)
ツイン……………………………… 97室(30~31㎡)
ダブル………………………………202室(23~31㎡)
ユニバーサルツインルーム………  4室(30~31㎡)

このほかランドリーラウンジ、ミーティングルーム、ジムを用意。 2020年5月18日に開業する予定です。 (宿泊プランはこちら)

メトロポリタンホテルは2019年11月29日現在、東日本において12ホテルを展開。 メトロポリタンホテル川崎は、2020年4月24日に開業予定のホテルメトロポリタン鎌倉(138室)に次ぐ神奈川県2番目のメトロポリタンホテルになります。



断面図

川崎駅西口開発計画

[JR東日本2018年5月18日付ニュースリリース(PDF)より引用]

オフィス低層棟は2階が商業フロア、3~5階がフィットネス&スパになります。



配置図

川崎駅西口開発計画

[JR東日本2018年5月18日付プレスリリース(PDF)より引用]

線路に面してオフィス高層棟とホテル棟が並びます。



概要

名 称
ホテル名ホテルメトロポリタン川崎
計画名川崎駅西口開発計画
所在地神奈川県川崎市幸区大宮町1-5ほか(地番)
最寄駅JR「川崎」駅
建築主東日本旅客鉄道株式会社
設計・監理株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所
・構造設計協力(オフィス棟):大成建設株式会社一級建築士事務所
・ホテルインテリアデザイン監修 :SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.
施 工大成建設株式会社
敷地面積12,429.60㎡
建築面積11,050.75㎡
延床面積136,468.85㎡
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
棟 別オフィス高層棟オフィス低層棟ホテル棟
用 途オフィス賃貸面積:約66,000㎡
保育施設:約400㎡
駐車場:約200台
商業:約2,500㎡
フィットネス:約4,000㎡
客室数:304室
店舗:約500㎡
階 数地上29階、地下2階地上5階、地下1階地上16階
高 さ128.25m(最高約135m)約27m約59m
着 工2018年6月14日(起工式:2018年5月18日)
竣 工2021年4月30日予定
開 業ホテル:2020年5月18日予定/全体:2021年春予定
備 考 [運営会社](予定)
・オフィス・商業……………(株)ジェイアール東日本ビルディング
・ホテル………………………日本ホテル(株)
・フィットネス&スパ………(株)ジェイアール東日本スポーツ

◆日本ホテル2019年8月29日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆JR東日本2018年5月18日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆国土交通省2018年8月7日付プレスリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2019年11月29日



地図

建設地は「ミューザ川崎」の南側です。



2019年11月撮影

川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

2019年11月17日撮影。JR川崎駅西口前。東芝グループが入る「ラゾーナ川崎東芝ビル」や大型商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」があります。旧東芝川崎事業所跡に誕生しています。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その左手に再開発事業で誕生した複合ビル「ミューザ川崎」があります。 オフィスが入る高層ビル「ミューザ川崎セントラルタワー」は地上27階、高さ128.34mです。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その左手。中央は「ミューザ川崎シンフォニーホール」です。1,997席の音楽ホールなどがあります。その左側にホテル棟(ホテルメトロポリタン川崎)が姿を現していました。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

「ミューザ川崎」に接近。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その反対側。仮囲いが設置されています。ホテル開業後はここからホテルに向かうことになるのでしょう。仮囲いに沿って右側に進みます。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

仮囲いが途切れると、工事現場が一望できました。奥で建設中のオフィス高層棟は3階まで鉄骨が組み上がっているのがわかります。29階まで成長します。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その手前では5階建てのオフィス低層棟が建設中です。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その左手。ホテル棟が少しだけ見えていました。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

南西側から見た「ミューザ川崎」。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その右手。手前がオフィス低層棟建設地。中央奥がホテル棟です。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その右手。オフィス高層棟です。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

ミューザ通りを南下するとホテル棟がきれいに見える場所がありました。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

南西側から見たオフィス低層棟建設地。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その右手。オフィス高層棟。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

さらに南下した地点から。JR線の東側に移動します。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

移動すると、地上19階、高さ130mの「NTT DoCoMo川崎ビル」があります。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その北側の広場から見た建設地。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その前を、臨時特急「踊り子109号」が伊豆急下田に向けて走り抜けていきました。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

同じ場所から見たホテル棟。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

東側から見たオフィス高層棟。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その右手。 ホテル棟。 ホテル東側は駅や線路を見渡せますが、西側は「ミューザ川崎」に面しているため眺望が期待できません。 このため、東側のアーバンクイーンやアーバンツインに比べ西側のスタンダードクイーンやスタンダードツインは、料金を若干安く設定しているようです。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

オフィス棟は2021年春に開業する予定です。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

「ホテルメトロポリタン川崎」は一足早く2020年5月18日に開業します。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)の建築計画のお知らせ

前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る