TOP建設中・計画中TOP神奈川県川崎市


KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)


2020年11月撮影

KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

2020年11月12日撮影。 JR川崎駅西口前から南西方向を見ています。 左がJR東日本ホテル メッツ川崎、右がミューザ川崎です。中央にKAWASAKI DELTAが見えます。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

拡大しました。左手前がホテルメトロポリタン川崎、奥がJR川崎タワーオフィス棟(以下、オフィス棟)です。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

屋根付きの歩行者デッキを進みます。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

オフィス棟とミューザ川」。27階建てのミューザ川崎セントラルタワーは高さが128.34mあります。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

北東側から見たホテルメトロポリタン川崎。2020年5月18日に開業しています。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

そのわきを進むとオフィス棟と接続することになります。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

ミューザ川崎の通路を進みます。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

このあたりでJR川崎タワー商業棟(以下、商業棟)と接続することになりそうです。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

北西側から見た商業棟とオフィス棟。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

商業棟は、1階に駐車場、2階にカフェ&レストラン、3~5階にフィットネス&スパを配置します。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

西側から見たオフィス棟。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

その左手。商業棟。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

新しい歩行者デッキを建設中でした。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

KAWASAKI DELTAと直結します。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

その上空。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

南西側から見たオフィス棟。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

線路の東側に移動。南側から見たオフィス棟。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

南東側から見たオフィス棟。手前にJRの線路があります。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

その右手。ホテルメトロポリタン川崎です。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

オフィス棟とホテルメトロポリタン川崎。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

ホテルメトロポリタン川崎は、2020年4月24日に開業したホテルメトロポリタン鎌倉(138室)に次ぐ、神奈川県では2棟目の「メトロポリタンホテル」となります。




KAWASAKI DELTA(JR川崎タワー/ホテルメトロポリタン川崎)

KAWASAKI DELTAは2021年春に全面開業する予定です。







2019年11月撮影

川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

2019年11月17日撮影。JR川崎駅西口前。東芝グループが入る「ラゾーナ川崎東芝ビル」や大型商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」があります。旧東芝川崎事業所跡に誕生しています。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その左手に再開発事業で誕生した複合ビル「ミューザ川崎」があります。 オフィスが入る高層ビル「ミューザ川崎セントラルタワー」は地上27階、高さ128.34mです。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その左手。中央は「ミューザ川崎シンフォニーホール」です。1,997席の音楽ホールなどがあります。その左側にホテル棟(ホテルメトロポリタン川崎)が姿を現していました。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

「ミューザ川崎」に接近。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その反対側。仮囲いが設置されています。ホテル開業後はここからホテルに向かうことになるのでしょう。仮囲いに沿って右側に進みます。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

仮囲いが途切れると、工事現場が一望できました。奥で建設中のオフィス高層棟は3階まで鉄骨が組み上がっているのがわかります。29階まで成長します。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その手前では5階建てのオフィス低層棟が建設中です。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その左手。ホテル棟が少しだけ見えていました。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

南西側から見た「ミューザ川崎」。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その右手。手前がオフィス低層棟建設地。中央奥がホテル棟です。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その右手。オフィス高層棟です。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

ミューザ通りを南下するとホテル棟がきれいに見える場所がありました。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

南西側から見たオフィス低層棟建設地。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その右手。オフィス高層棟。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

さらに南下した地点から。JR線の東側に移動します。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

移動すると、地上19階、高さ130mの「NTT DoCoMo川崎ビル」があります。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その北側の広場から見た建設地。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その前を、臨時特急「踊り子109号」が伊豆急下田に向けて走り抜けていきました。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

同じ場所から見たホテル棟。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

東側から見たオフィス高層棟。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

その右手。 ホテル棟。 ホテル東側は駅や線路を見渡せますが、西側は「ミューザ川崎」に面しているため眺望が期待できません。 このため、東側のアーバンクイーンやアーバンツインに比べ西側のスタンダードクイーンやスタンダードツインは、料金を若干安く設定しているようです。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

オフィス棟は2021年春に開業する予定です。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)

「ホテルメトロポリタン川崎」は一足早く2020年5月18日に開業します。




川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)の建築計画のお知らせ

前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




2019年4月撮影

川崎駅西口開発計画

2019年4月13日撮影。JR川崎駅西口前の様子。左が「ミューザ川崎」、右が「ラゾーナ川崎東芝ビル」(地上15階・高さ71.88m)や「ラゾーナ川崎プラザ」です




川崎駅西口開発計画

「ミューザ川崎」方面に進みます。「ミューザ川崎」はオフィス、ショップ&レストラン、シンフォニーホールで構成。右の「ミューザ川崎セントラルタワー」は地上27階、高さ128.34mです。




川崎駅西口開発計画

「ミューザ川崎」の左側にクレーンが見えています。




川崎駅西口開発計画

「ミューザ川崎」隣接地にホテル棟が建ち上がっていました。




川崎駅西口開発計画

ホテル棟は16階まで成長します。




川崎駅西口開発計画

北西側から。客室は約300室、店舗は約500㎡の予定です。




川崎駅西口開発計画

その右手。奥にオフィス棟が出現します。




川崎駅西口開発計画

少し西に進んだ場所から見たホテル棟。




川崎駅西口開発計画

さらに進みました。オフィス棟建設地です。手前に5階建てのオフィス低層棟、奥に29階建てのオフィス高層棟が誕生します。




川崎駅西口開発計画

その左手。ホテル棟が少しだけ見えています。




川崎駅西口開発計画

右手。オフィス低層棟には商業フロアとフィットネス&スパが設けられます。




川崎駅西口開発計画

西側から。中央がオフィス高層棟建設地です。左奥にホテル棟が見えています。




川崎駅西口開発計画

拡大しました。オフィス高層棟建設地。




川崎駅西口開発計画

その右手。




川崎駅西口開発計画

左手。ホテル棟はオフィス棟より1年早く2020年春に開業する予定です。




川崎駅西口開発計画

南西側から。




川崎駅西口開発計画

その左手。「ミューザ川崎」です。




川崎駅西口開発計画

建設地の東側に移動しました。ホテル棟です、手前にJRの線路があります。




川崎駅西口開発計画

その左手。オフィス棟建設地。オフィス棟は2021年春に開業する予定です。




川崎駅西口開発計画の建築計画のお知らせ

前回撮影時に「約131m」だった高さは「128.25m」になりました。 面積関係もより正確な数字に修正されました。 完了予定は2022年7月31日から2021年4月30日に繰り上げられ、未定だった施工者は大成建設に決まっています。 なお、2019年3月付「川崎駅西口開発計画に係る事後調査報告書(工事中)」によれば建物高さは約128m、塔屋等を含む最高高さは約135mです。 写真クリックで拡大画像を表示。




2018年4月撮影

川崎駅西口開発計画

2018年4月28日撮影。JR川崎駅西口の様子。手前が商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」(地上5階)、左奥が東芝グループが入るオフィスビル「ラゾーナ川崎東芝ビル」(地上15階・高さ71.88m)です。




川崎駅西口開発計画

その左手。地上27階、高さ128.34mの「ミューザ川崎」です。




川崎駅西口開発計画

その左手。この方向に進みます。




川崎駅西口開発計画

「ミューザ川崎」付近(北東側)から見た建設地。手前にホテル棟、奥にオフィス棟が建設されます。




川崎駅西口開発計画

拡大しました。左は「NTTドコモ川崎ビル」(地上19階・高さ130m)、中央右は「ブリリアタワー川崎」(地上34階・高さ117.5m)です。




川崎駅西口開発計画

移動しました。北側からです。ホテル棟建設地方面を見ています。




川崎駅西口開発計画

その右手。オフィス棟建設地方面。まだ仮囲いもきちんと設置されておらず、準備工事段階に見えました。




川崎駅西口開発計画

その右手。「アーベインビオ川崎3号棟」(地上35階・高さ124m)が聳えています。




川崎駅西口開発計画

西側から見た建設地。左奥にホテル棟、その手前にオフィス低層棟、右にオフィス高層棟が出現するものと思われます。




川崎駅西口開発計画

その左手。「ミューザ川崎」です。




川崎駅西口開発計画

右手。




川崎駅西口開発計画

前回撮影時と比べると階数が28階から29階に変更されたほか、延べ面積や工期が変更されています。完了予定は2022年4月30日から2022年7月31日になりました。写真クリックで拡大画像を表示。




2017年3月撮影

川崎駅西口開発計画

2017年3月22日撮影。川崎駅側(北東)から見た建設地。手前にホテル棟、奥にオフィス棟が建設されます。




川崎駅西口開発計画

同じ位置から川崎駅方面を見ました。




川崎駅西口開発計画

ミューザ川崎(北側)から見たオフィス棟建設地。駐車場として利用されています。




川崎駅西口開発計画

西側から見た建設地。




川崎駅西口開発計画

その左手の様子。「ミューザ川崎」は地上27階、地下2階、高さ128.34m。オフィス棟「セントラルタワー」と1997席を有する巨大円形ホール「シンフォニーホール」で構成する複合ビルです。その南側にほぼ同じ高さのビルが出現することになります。




川崎駅西口開発計画

右手の様子。ユニークなアンテナを持つ「NTTドコモ川崎ビル」(地上19階・高さ130m)が目立ちます。




川崎駅西口開発計画

南西側から。




川崎駅西口開発計画

2017年3月22日撮影。写真クリックで拡大画像を表示。


《JR川崎タワーのトップページに戻る》

《ホテルメトロポリタン川崎のトップページに戻る》







ページの先頭へ戻る