TOP建設中・計画中TOP東京都多摩市


TELEHOUSE TOKYO TAMA 5


2019年8月撮影

多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

2019年8月4日撮影。小田急多摩センター駅&京王多摩センター駅。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

駅前の様子。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

その右手。ビルの間に建設中の「多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター」が見えました。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センターの建築計画のお知らせ

駅前にあった地図。右下の赤丸部分に建設地があります。地図にはまだ暫定商業施設が描かれています。写真クリックで拡大画像を表示。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

中央右は「朝日生命多摩本社ビル」(地上20階・高さ100.33m)です。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

遊歩道を進みます。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

その右手。斜面に注目です。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

ヤギの除草隊が除草活動をしているのでした。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

通称「ヤギレンジャー」です。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

遊歩道を進みます。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

その右手。「朝日生命多摩本社ビル」。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

その右手。多摩モノレール・多摩センター駅があります。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

さらに進みます。「朝日生命多摩本社ビル」付近です。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

その左手。中央左が「(仮称)多摩研修センター」、中央右が「多摩センタービル」です。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

その左手。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

建設地東側の遊歩道に到達しました。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

両ビルとも上棟しているようです。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

「(仮称)多摩研修センター」は地上7階、高さ35.0m(最高35.0m)、延べ面積25,000㎡。戸田建設が施工しています。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

「多摩センタービル」は地上14階、高さ86m(最高90m)、延べ67,700㎡。こちらは大林組の施工です。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

東側から見た「(仮称)多摩研修センター」。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

その右手。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

左手。こちらに進みます。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

南東側から見た「(仮称)多摩研修センター」。奥に「多摩センタービル」が見えます。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

その右手。右の緑に覆われた建物は「長谷工テクニカルセンター技術研究所」です。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

左手。「(仮称)多摩研修センター」南側の様子。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

南東側から見た「多摩センタービル」。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

その右手。「(仮称)多摩研修センター」。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

建設地南西側に移動しました。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

このあたりを「鶴牧坂」と呼ぶようです。坂道が多いのが多摩ニュータウンの特徴です。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

「多摩センタービル」は高層部分と低層部分で構成しているようです。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

西側から見た「多摩センタービル」。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

その右手。南方面。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

左手。北方面。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター

北西側から見た「多摩センタービル」。2020年6月末に完成する予定です。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センターの建築計画のお知らせ

左は東京都の条例による建築計画のお知らせ。右は多摩市の条例による大規模開発標識です。並べて掲示してありました。写真クリックで拡大画像を表示。







2018年8月撮影

2018年8月26日撮影。小田急多摩センター駅&京王多摩センター駅。




駅から南西方面に進みます。




右手に多摩モノレール・多摩センター駅が見えました。




8分ほど歩くと建設地東側の遊歩道に到達します。




前回撮影時(2017年9月)に工事中だったTISのオフィスビルが完成していました。




南に進みます。この遊歩道は南に向かって上り坂になっています。




その左手。やはり建設中だった長谷工テクニカルセンターも完成していました。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センターの建築計画のお知らせ

長谷工テクニカルセンターの案内板。




長谷工マンションミュージアム入口。




長谷工テクニカルセンター本館入口。




その左手。




右手。




長谷工テクニカルセンター技術研究所(多目的実験棟)。樹木に覆われています。




別角度から見た長谷工テクニカルセンター技術研究所(多目的実験棟)。




さて、KDDIの建設地に戻ります。建設地東側の様子です。




その左手。多摩センタービルと(仮称)多摩研修センターの仮囲いは一緒です。「作業予定案内板」の位置などから敷地東側に多摩センタービル、西側に(仮称)多摩研修センターが建つものと思われます。




建設地南東側の高台から。




拡大。現地の作業予定によれば、大林組が施工する14階建て多摩センタービルについては、山留工事・土工事・擁壁工事が進行中です。




建設地の南端に移動しました。敷地はかなり広いです。




その南側ににはマンションが立っています。




今度は、建設地南西側に移動しました。




西側から。現地の作業予定によれば、戸田建設が施工する7階建て(仮称)多摩研修センターについては、掘削工事・コンクリート打設などが進行中です。




その右手。




左手。




北西側から。両施設とも2020年6月末に完成する予定です。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センターの建築計画のお知らせ

前回撮影時(2017年9月24日)に未定だった施工者が記載されていました。写真クリックで拡大画像を表示。




2017年9月撮影

2017年9月24日撮影。「多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター」の建設地。北東側から見ています。暫定商業施設の閉鎖から2年が過ぎました。既に建物は撤去され、草が生い茂っています。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センターの建築計画のお知らせ

東京都の条例による「多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター」の「建築計画のお知らせ」。「多摩センタービル」の法令上の高さは86.0m、最高部の高さは90.0mです。「(仮称)多摩研修センター」は法令上の高さ、最高部の高さ共に35.0mです。写真クリックで拡大画像を表示。




多摩センタービル・(仮称)多摩研修センターの建築計画のお知らせ

多摩市の条例による「多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター」の「大規模開発事業標識」。説明会が2017年8月に開催されたようです。




その東側では「(仮称)長谷工多摩センター事業所計画」の工事が進められていました。




(仮称)長谷工多摩センター事業所計画の建築計画のお知らせ

東京都及び多摩市の条例による「(仮称)長谷工多摩センター事業所計画」の「建築計画のお知らせ(開発事業計画標識)」。地上4階、高さ15.96m(最高16.35m)、延べ8,797㎡。用途は技術研究所、研修所、展示場。建築主・設計は長谷工コーポレーション、施工は長谷工コーポレーションと不二建設。工期は2017年1月31日~2018年3月31日です。写真クリックで拡大画像を表示。




建設地南側では「Project T」の工事が行われていました。




Project Tの建築計画のお知らせ

東京都の条例による「Project T」の「建築計画のお知らせ」。地上5階、高さ26.62m、延べ11,725㎡。用途は事務所。建築主はTIS、設計・施工は清水建設。工期は2016年12月25日~2017年12月29日です。写真クリックで拡大画像を表示。




Project Tの建築計画のお知らせ

多摩市の条例による「Project T」の「大規模開発事業標識」。こちらでは工期は2016年12月1日~2018年3月31日です。写真クリックで拡大画像を表示。




東側から見た「多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター」建設地。右奥は「多摩東京海上日動ビル本館」(地上16階・高さ72.74m)です。




その右手の様子。中央は「Project T」。




その右手の様子。建設地東側は広々とした遊歩道です。その東側で「(仮称)長谷工多摩センター事業所計画」が建設中。正式名称は「長谷工テクニカルセンター」です。長谷工コーポレーション2017年2月1日付ニュースリリース(PDF)は→こちら




その右手の様子。「長谷工テクニカルセンター」は管理棟(地上3階)、住宅実験棟(地上4階)、多目的実験棟(地上1階)で構成。ニュースリリースでは2017年2月1日に着工しています。




その右手の様子。管理棟には参加型コミュニテーションの場として「(仮称)長谷工ミュージアム」も設置されます。2018年6月に開館する予定です。




その右手の様子。坂の上にマンションが立っています。多摩ニュータウンは丘陵地に造成されたので坂が多いです。




南東側から見た「多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター」建設地。




南側から見た「多摩センタービル・(仮称)多摩研修センター」建設地。14階建ての通信局舎と、7階建ての宿泊施設を備えた研修所が建設されます。2018年4月上旬に着工し、2020年6月下旬に完成する予定です。




その左手の様子。




右手の様子。かなり広い敷地です。




「Project T」。




その右手の様子。




「長谷工テクニカルセンター」。




南東側から見た「長谷工テクニカルセンター」。


《TELEHOUSE TOKYO TAMA 5のトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る