TOP建設中・計画中TOP神奈川県横浜市


YOKOHAMA GRANGATE(横浜グランゲート)


2019年4月撮影

横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

2019年4月28日撮影。南西側から見ています。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

完成まで1年弱ありますが、すでに外観はほぼ完成しています。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

「SONY」のロゴが取り付けられていました。 ソニー子会社でカメラ開発のソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(SIPS)が本社を東京都港区からこのビルに移転します。 SIPSは全オフィスフロアを借り、東京都内2カ所と神奈川県厚木市の厚木テクノロジーセンターに分散している社員を集約。 3000~4000人が就労するようになります。 今後は「ソニービル」と呼ばれるかもしれませんね。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

建設地北西側にある歩行者デッキから。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

デッキが延長され、右奥に見えるグランモール方面とも結ばれます。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

北西側から。手前のデッキは横浜駅方面とも繋がっています。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

ソニーの横浜移転に伴う投資額は約113億円だそうです。神奈川県の企業誘致促進補助金(投資額の5%)を活用します。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

北側から。新高島駅付近は研究開発拠点も増えていますね。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

北東側から。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

その反対側。新しい「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」が姿を現していました。2019年7月7日に移転開業します。オフィスだけではなく観光施設も誕生しています。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)の建築計画のお知らせ

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」の建築計画のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

少し離れました。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

その右手。右は「富士ゼロックスR&Dスクエア」(地上20階・高さ99.9m)です。手前は新しい「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

南東側から。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

建設地西側の空き地には、大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハが共同で、オフィス・ホテル・店舗などで構成する2棟の大規模複合ビルを新設します。 1棟は地上28階、高さ153m、もう1棟は地上15階、高さ85.5mです(詳細はこちら)




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

南側から。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

「横浜ランドマークタワー」から。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

拡大しました。2020年2月末に完成する予定です。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)の建築計画のお知らせ

建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)の建築計画のお知らせ

開発事業のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。







2018年7月撮影

横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

2018年7月21日撮影。横浜ランドマークタワーから北西側を望んでいます。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

拡大しました。中央が「横浜グランゲート」建設地です。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

さらに拡大。躯体が建ち上がり始めています。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

南西側から見た建設地。左奥は「富士ゼロックスR&Dスクエア」(地上20階・高さ99.9m)です。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

その右手の様子。原っぱが広がっています。 手前2/3は開発事業者を公募中の「みなとみらい21中央地区53街区」です。 建物高さは最高限度300m、最低限度60m。 高さ300mのビルも建てられます。 登録受付が2018年7月23日~2018年11月30日、提案受付が登録~2018年12月14日、審査が2018年12月~2019年3月、事業予定者の決定は2019年3月の予定です。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

その右手。鉄塔付きの建物は「横浜メディアタワー」(地上22階・高さ約100m)です。鉄塔込みの高さは約253mに及びます。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

西側から見た建設地。現地の作業予定によれば「鉄骨工事・基礎工事・仮設工事・MF躯体工事」を行っています。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

とちのき通り西交差点に架かる歩行者デッキから。2階まで建ち上がっているようです。約100mの高さまで成長します。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

その右手。現場事務所などがあります。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

左手。中央は「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール移転プロジェクト」の事業地です。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

北西側から見た「横浜グランゲート」建設地。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

北東側から。2020年2月に完成する予定です。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

「横浜グランゲート」の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

「横浜グランゲート」の開発事業のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

さて、こちらは「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール移転プロジェクト」の様子です。現在の施設が暫定利用施設(10年間の定期借地)のため、同じ「みなとみらい21地区」内で移転します。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

仮囲いにはキャラクターが描かれています。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

2019年夏に移転開業する予定です。




横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール移転プロジェクト」の建築計画のお知らせ。地上4階、高さ17.835mです。写真クリックで拡大画像を表示。







2018年2月撮影

2018年2月6日撮影。西側から見た建設地。




北西側から。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

建築計画のお知らせ。地上19階、地下0階、高さは99.5m。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

開発事業のお知らせ。建築主、設計、施工、オール清水建設のこのオフィスビルは、2020年2月に完成する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。







2017年9月撮影

(仮称)MM21-54街区プロジェクト

2017年9月29日撮影。横浜ランドマークタワーからの眺め。方角は北北西です。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

拡大しました。中央が建設地です。ぎりぎり見えました。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

南西側から見た建設地。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

西側から。手前は「みなとみらい大通り」です。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

北西側のデッキから。工事は始まったばかりです。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

別角度で。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

建設地北側の様子。左は「とちのき通り」です。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

北東側から見た建設地。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

その左手の様子。まだ空き地があります。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

東側から見た建設地。中央奥は「富士ゼロックスR&Dスクエア」(地上20階・高さ99.9m)です。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

建設地にズームイン。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

その左手。ここにも大きな空き地があります。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

南側から見た建設地。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

建築計画のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

開発事業のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。







2017年3月撮影

(仮称)MM21-54街区プロジェクト

2017年3月22日撮影。とちのき通り西交差点付近の歩行者デッキから見ています。北西側からです。準備工事が始まっています。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

北側から見た建設地。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

その右手の様子。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

2017年3月22日撮影。土地利用計画図が変更されました。写真クリックで拡大画像を表示。







2017年2月撮影

(仮称)MM21-54街区プロジェクト

2017年2月16日撮影。建設地北西側にある歩行者デッキから見ています。奥にはマンションやビルが連なっています。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

その右手の様子。中央手前右は、みなとみらい線「新高島駅」の「臨港パーク口」です。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

北東側から。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

その右手の様子。建設地北側には「富士ゼロックスR&Dスクエア」(地上20階・高さ99.9m)が立っています。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

2017年2月16日撮影。当初発表では地上18階、高さ100.15m、延べ面積101,056㎡でしたが、地上19階、高さ99.5m、延べ面積109,000㎡に変更されています。写真クリックで拡大画像を表示。







2016年8月撮影

(仮称)MM21-54街区プロジェクト

2016年8月7日撮影。建設地北西側にある歩行者デッキから。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

東側から。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

南東側から。




(仮称)MM21-54街区プロジェクト

左は、新高島駅の臨港パーク口です。




ページの先頭へ戻る