TOP建設中・計画中TOP東京都新宿区


CO・MO・RE YOTSUYA(コモレ四谷)/YOTSUYA TOWER(四谷タワー)


2019年3月撮影

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

2019年3月24日撮影。四ツ谷駅側から見ています。南東側からです。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

かなり躯体が建ち上がっていました。カーテンウォールの取り付けも進んでいます。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

南側から。2019年3月11日に上棟式が執り行われています。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

その右手。7階建ての住宅棟も建ち上がっていました。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

北東側から。 再開発事業のHPを見ると、2019年3月25日に地区名称の募集結果について公表しています。 2018年8月27日から9月28日にかけて募集し、405件の応募があったとのこと。 2019年3月27日には地区名称が「CO・MO・RE YOTSUYA」(コモレ四谷)に決定したことがが発表されました。 「CO・MO・RE」(コモレ)は、「木漏れ日」+「COMMON(共同、共通)=つながり」による造語だそうです。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

振り返ると…桜がほころび始めていました。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地北側の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

北側から。 オフィス名は「YOTSUYA TOWER」に決定しました。 日本語表記は「四谷タワー」でしょうか。 住所は四谷、駅は四ツ谷です。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

敷地北西側の仮設店舗の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

北西側から。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

仮設店舗のある場所は完成時には「コモレビの広場」になります。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

2019年3月26日の時点では、理研ビタミン(株)が当ビルに本社を移転することを明らかにしています。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

オフィス棟の西側には4階建て公益施設や7階建て住宅施設・教育施設が整備されます。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

南西側から見たオフィス棟。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

手前は7階建て教育施設でしょうか。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

南側から。オフィス、住宅、教育棟の地下1階~地上2階に設けられる商業施設名は「CO・MO・RE Mall」です。日本語表記は「コモレモール」ですね。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

その左手。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

南東側から見上げました。手前には「出迎えの広場」ができます。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

振り返ると外堀通りの向こうにJR四ツ谷駅が見えます。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

少し離れました。右がJR四ツ谷駅です。四ツ谷駅に最も近い超高層ビルとなりますね。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

JR四ツ谷駅と。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

さらに離れ、東京メトロ丸の内線の四ツ谷駅前から。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

前回撮影時と内容は同じ。2020年1月下旬に完成する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。







2018年9月撮影

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

2018年9月23日撮影。JR四ツ谷駅。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

JR四ツ谷駅側から見た建設地。躯体が建ち上がり始めていました。31階まで成長します。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

外堀通りを進みます。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

東側から。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

北東側から。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地北側の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

街区の名称を募集していました。応募期間は2018年9月28日までです。写真クリックで拡大画像を表示。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地の北西側に仮設店舗があります。この場所は完成時には広場になります。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地西側の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

南西側から見た建設地。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

その右手。こちらに進みます。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地東側の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地東側の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

四ツ谷駅周辺ではもっとも高い、高さ144.68m(最高144.68m)の超高層ビルは2020年1月下旬に完成する予定です。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

用途に郵便局が加わりました。また、建築面積と延べ面積が修正されています。写真クリックで拡大画像を表示。







2017年10月撮影

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

2017年10月8日撮影。JR四ツ谷駅側(南東)から見た建設地。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

四ツ谷駅側に超高層オフィスビルが建設されます。(現地にあったイメージ図です)




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

ちょっと変わった仮囲い。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

仮囲いに仮設店舗案内図が貼ってありました。写真クリックで拡大画像を表示。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地東側の様子。外堀通りに面しています。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

仮囲いにモニターが取り付けられていて、作業予定や空撮写真を表示していますが、日が当たっていると見辛いですね。なお、別の場所には普通の手書きの作業予定もあります。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

作業予定によれば、掘削工事、山留工事、構台架設、既存杭解体、流動化処理土打設工事を行っています。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

北東側から。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

その左手の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地北側の道路の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

その右手の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

そのさらに右手の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地北側の道路を進んでいきます。道路拡幅のための用地が確保されていました。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

もう少し進むと左手に仮設店舗が現れます。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

北西側から見た仮設店舗。将来的にはここは広場の一部になります。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地西側の様子。こちらでも道路拡幅のための用地が確保されています。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

北西側から見た建設地。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

南西側から見た建設地。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

その左手の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

右手の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

前回撮影時(2016年9月25日)と比較すると、地名地番、用途、建築面積、延べ面積、着工予定、完了予定が修正されていました。着工予定は2016年8月初旬から2016年9月10日に、完了予定は2019年10月下旬から2020年1月下旬に変更されています。写真クリックで拡大画像を表示。







2016年9月撮影

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

2016年9月25日撮影。JR四ツ谷駅側(南東)から。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

拡大しました。2016年9月6日に起工式が執り行われ着工したばかりです。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

南側のフェンスの上から。現地の作業工程によれば、民間建物解体工事、埋蔵文化財調査、山留工事が並行して実施されています。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建築主はUR都市機構です。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

北東側から。手前は外堀通り。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

その右手の様子。住友生命四谷ビル(中央)などが連なっています。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地北側街路の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地北側街路の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地の北西側には仮設店舗が建てられていました。ここは最終的には広場になります。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

その左手の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

北西側から見た仮設店舗。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地の西側の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

南西側から。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

建設地西側の街路の様子。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

最初の地点に戻ってきました。建設地は四方を道路に囲まれています。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

同じ場所から見たJR四ツ谷駅。




四谷駅前地区第一種市街地再開発事業

前回撮影時(2015年11月7日)と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。







2015年11月撮影

2015年11月7日撮影。再開発事業地内にある「平山胃腸クリニック」はまだ診療を行っていました。2016年1月に解体されるようです。




「平山胃腸クリニック」前から見た再開発事業地の様子。この道路も無くなります。




このあたりには四谷第三小学校がありました。




現地の工程表を見ると、解体工事、基礎整備工事、埋蔵文化財発掘調査工事、仮設店舗工事などが平行して行われています。解体工事の工期は2015年2月2日から2016年1月31日まで。




国家公務員宿舎があった辺りに現場事務所が設置されていました。




設計・施工は大成建設です。




西側より再開発事業地中央の道路を見ています。




ほぼ同じ場所から見た旧四谷第三小学校跡地。




地上31階、地下3階、塔屋1階、高さ144.68m、最高144.68mです。







2014年4月撮影

再開発事業地中央の道路から北側の敷地を見ています。




撮影時は遺跡を調査中。




再開発事業地中央の道路を西側から見ています。この道路は無くなります。




再開発事業地西側の様子。




再開発事業地西側の様子。




ページの先頭へ戻る